2014.09.29

進路勉強会/高1

保護者と、支援部教育相談コーディネーターの先生と進路勉強会

まずは、最初、子ども達も一緒に「カフェごっご」 知的の学校なら、コーヒーを入れる練習とか製菓、製パン、お掃除などの授業もあるようだけど、肢体の学校にはあまり聞かない。
今日はそんな職業訓練というほどフォーマルでもなく、疑似カフェごっご。 お客さんは保護者。 クラスでカフェ、それぞれの役割分担を認識して、紅茶かコーヒーを入れてくれるheart02

Img_6655_2


正式には息子のクラスメイトが作ってくれて息子が運んで来てくれました♪
感激・・・!

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.11

A園/西宮

1985年設立の重度心身の方の施設。
61名の利用者さんがおられる。  
こちらの設立経緯は、全国でもとても有名で、(父母の会が子ども達の学校卒業後の施設が必要!とのことで、物心ともに寄せ合い設立)他府県から
見学がたえない施設で、実際に私も先日の全肢P連の近畿の中の会長さんに

「A園を見学に行ったことがあるよ」 と 言われました。

公式HPはこちら

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

S会作業所/西宮

父母の会ではいつもお世話になっている作業所さん。印刷 デザインなどを行っており
就労継続支援A 10名 B 30名 

印刷 版下作り デザイン 製本。 imacがずらりと並ぶA型のお部屋にはちょっと感動した。
バリバリと1日中働く人もいれば、マイペース リハビリ的に働く人も居る。

今は 来年のカレンダー作りが進んでいた。 
ダイレクトメール、試供品梱包・・・いろいろな仕事、分業があり。 
例えば、紙を1枚ずつ、縦、横・・・と置いて行く → 次に封筒に入れる人が仕事がし易い・・・そんな 分業をどんどん作って、たくさんの人が仕事に関わる。
また、納期の長いもの、短いもの・・・それによっても日々、仕事のメニューはどんどん変わって行く。

食堂もあり

公式HP

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.18

事業所合同説明会

勉強会というか、市の社会福祉協議会関係のイベントへ。

各作業所のプレゼン式紹介があったり、30程のブースが出ていて、直接お話をしたり、パンフレットをもらったり。 この3年ほど、毎年、足を運んでいます。 今年は、一番、人が多かった気がします。 たくさんの学校ママ、知的の学校ママにも会いました。

息子も、高等部になったので、夏から実習が始ります。どんなところに行けるかな・・・と思いつつ。

30ほどある事業所、車椅子でも行けそうなところは6カ所。
家の近所は事業所さんが無い状態。 遠くのところも送迎が無かったり・・・ 
車椅子で行けると思っていた事業所さんは、当面、肢体の方の受入れを見合わせるとも聞いたし・・・  ちょっと焦ったのでした。

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.04

福祉工場見学/枚方

Img_1911

こちらの職員さんとお知り合いということで 新商品の試食&福祉工場見学に伺いました。

→ リンク

新商品とは・・・

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.27

TOTO 北九州市小倉地区

20130227_84508

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.01

2013年 平成25年 巳年

Snake022

今年は息子は義務教育最後の年、中学部3年生となります。  
昨年は・・・

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.28

ウェルフェアトレード

「WelfareTrade(ウェルフェアトレード)」とは、

Welfare=社会福祉 と

Fair Trade=公正な取引

を掛け合わせた造語だそうです。 作業所の工賃なども もっと一般常識的な価格や値段で・・・

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.01

2012年 平成24年 壬辰年

Img_9230_2

昨年は、大変なことがありました。大災害の中で障がいを持つ恐怖、共生、助け合い、つながり いろいろと感じました。

我家も変化に富んだ1年でした。 息子は今年、中2に。

佳き年にと祈ります。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.15

S作業所

横浜から兵庫に引越ししてきて、こちらでは最初の作業所訪問です。

 


» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.22

特例子会社 見学会

今日、見学に行った 特例子会社 アイエスエフネット ハーモニーさんの
紹介動画です ↓



社長さんの渡辺さんが

 「どんどん 写真をとっていいよ。どんどん 個人のblogに載っけて! 親御さん、関係者、全員、許可もらってるから。」 とのこと。 

作業所とはまた 全く違う形の就労の現場!

↓ 帳票の作業を行っている現場。

Dsc03664

↓ SUICAなどの検証(?漢字がよくわからない)の現場

Dsc03668

特例子会社で働く障害者に、親会社から社員・・・緑のストラップの人・・・が来て 一緒に仕事をします。(1ヶ月に2回)

比較的 軽度の障害者・・・赤いストラップの人・・・がそれぞれの現場を統括、指示、管理

ということで、障害の種類を分けたりするわけではなく、その障害に合わせてどういう仕事をしてもらうか。その仕事が障害の特性にフィットしていれば尚 よし。

↓ 名刺作成の現場

Dsc03670

見える化でTo Do 整理 。仕事である以上 達成率も。

Dsc03661

 

こちらにもup しています → リンク 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.18

華工房 カモミールさん

http://hanakoubou-chamomile.org/

オーストラリアで見た、園芸関係の作業所というか トレーニングセンターに似ている

Dsc07760

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.23

障害者雇用のあれこれ

まだ行っていないんですが。twitterで目にした素晴らしい企画 

5

6

すごいメンバーの皆様方

ありがたいことにtwitterでフォローして頂いてる方も・・・ もったいのうございます。 しっかり勉強してきます! 夫が 笑 

7

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.20

木のZOO

社会福祉法人 草の実会  
草の実工房 もく 
さん → リンク
北海道札幌市 

うちの夫が札幌出身だということはもう有名ですが   妹ちゃんから こどもたちにかわいらしいストラップをもらいました。

「木のZOO」 
体長3cm程のワニさんです。 カワイイ! こういう木の色、大好き。
検索してみると、他にも積み木があるようです。→ リンク 

Dsc02045

こちらの製品は、札幌スタイルショップ の認定を頂いているようです。
っていうか、こちらの作品! 10月の「真心絶品 展示即売会」のイベントで見た! → リンク

札幌にはまるで外国のような町、円山という界隈に円山動物園があるのですが、そちらのオフィシャルグッズにもなっているようです。

Kinozoo

 

Dsc02051

札幌スタイルショップとは? → リンク

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.12

ママになにかあった時

手術、入院することになりました。 そんな時、この子の介護はどうなるんでしょう・・・と途方にくれましたが・・・

詳細は diary に詳しく記しました。 
→ 「ママになにかあった時」  リンクしています 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.01

2011年 平成23年 辛卯年

本年もどうぞよろしくお願い致します。

今年はどんな年になるでしょうか。

Img_5478


息子Kokiが3月に支援学校小学部を卒業し、中学部に進みます。高等部では進路のこと満載ですが、中学部では? 3年間で何を温めて行けばいい? 

iPad もさらに進化を遂げるという噂もあるし、もっと使ってみたい。
→障害児with iPad  リンク

自分たちの会社や仕事を 少しづつ、いかに障害の分野に寄せていけるかな?と思っています。 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.22

中学部 面接のお知らせ

早いもので、目の前に中学部進学の準備のためのお便りがきました。

高等部卒業、社会に出るまでついに折り返し地点にさしかかります。

Dsc02021_2

詳しくは diary のほうで → リンク

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.21

第27回 ココ・ファームワイナリー収穫祭

栃木県足利市にある ココファームは もともとは こころみ学園 という知的の方の作業所です。彼らの特性を生かし、本当に美味しいワインが誕生しました。
2005年から毎年、収穫祭に通っています・・・ 

車いすを押して、息子を抱いて急勾配の葡萄畑に登るのも年々大変ですが 何よりの楽しみ

Img_2101

昨年、詳しい記事を書きました→ リンク

今年の収穫祭の様子は → diary へリンク 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.05

NPO法人 もくもく

Kokiが(特別支援)学校から、1枚のちらしを持って帰ってきました。

家の近所にある作業所さんのバザールのちらしでした。 場所は古い商店街の中。作業所的なパン屋さんが1件あって時々お買い物はしていたのですがここは知らないなぁ・・・と 到着。メインロードから1本入ったところでした。
普通の日は いわゆる日中作業をしていますからね。

こじんまりしたとてもきれいな建物の地域活動センター、全員が知的の方で、お玄関先でカフェコーナー。 お手伝いなさっている方は親御さんたちかな? 年齢層は高かった。

建物の中では マドレーヌ クッキー 檜の木工品  さおり 手芸品の販売がありました。 
おもしろかったのは お花のフラワーアレンジメント。ひとカゴ1500円。なるほど、こういうものの販売も楽しいものですね。華やかだし、バザールにぴったり。
きっと親御さんたちが アレンジされたんだと思います。
お抹茶もたててましたよ〜。

なんとなく 商店街のお知り合いの流れ、おばあちゃま達、近所のおばちゃま達・・・のいいエネルギーが満ちてました。

「あら あなた このさおりのストール これから寒くなったらちょっと巻くのにいいわよ   (おばさまは 「ちょっと」という表現が好きよね 笑)

カフェコーナーでいただいた けんちん汁とたきこみごはん いずれも200円
フランクフルト サーターアンダギーもあり (この界隈 沖縄から来た方も多いのです)

けんちん汁は 豚汁に比べてお味噌がいらないぶん、材料費も ひと手間も省けるのはgoodだね〜 

57_3

センターの中では あまりカメラを向けられない雰囲気だったので 画像はなし。

1年の活動の様子が写真で紹介されていた中に 外食チェーンの「WATAMI」さんと絡んだ写真がいくつかありました。

株主総会?で 自主製品を販売されていたようです。スゴイなぁ! 社長はあの有名なイケメン渡辺さんですが(横浜市の教育委員会でも何かお仕事されてたみたいですが 辞めてしまわれました・・・残念・・・ そりゃあ 辞めるか・・・笑) 介護事業もなさっているし、そういう目線をお持ちなんでしょうね。ありがたいことです。

マドレーヌと パルミエを購入。 パルミエってご存知ですか?!

いわゆる 源氏パイのこと! 初めて知ったよ!

Dsc00666

このパルミエが美味しい! まさしく 源氏とか うなぎ とか そのものだった。笑 

いろいろ検索していたら こんな感じで販売もされていました

→ リンク 「美味しい社会貢献」

| コメント (3) | トラックバック (0)

2010.11.01

焼かりんとう

社会福祉法人 十日町福祉会 ワークセンター なごみさん 
新潟県十日町市

「焼かりんとう」 300円  60g入 

Img_5643

先日、秋葉原で行われた 「真心絶品」「至福のお届け」 → リンク の即売会で購入。 さいころ型の愛らしい箱に私好みの筆文字? かわいい絵にひかれました。 油で揚げていないかりんとう。 食感は少し ぼそっとしてますが(ゴメン) ヨガクッキーやマクロビクッキーなんかと共通した感じです。

成分:
小麦粉、魚沼産大豆、でんぷん、卵、砂糖、植物油脂、ごま、食塩、膨張剤。
・・・ということで オーガニック的ではないけれど 

ということを差し引いても素敵な製品。他にも味違いで違う色の箱がありました。この正方形の箱が4つ入る黒い箱もあるそうで、兵庫のワッフル、ルネラリックの箱みたいな感じね。(強引な説明でごめんなさい)

表参道ヒルズ近くの 「新潟館 ネスパス」 →リンク で 購入可能。


Iphoto

関連HPはこちら・・・→ リンク ちょっと探しにくいのが惜しいかも!
ヨガ友達なんかにはとってもウケそうな感じです♪

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.30

真心絶品 展示即売会

台風の影響で風雨でしたが 東京 秋葉原で行われた障害者施設製品の展示即売会へ。 ↓ 日本財団のHPより 詳細

※記事を画像保存しているだけなので リンク部分をクリックしてもとびませんのであしからず

 

1_2


Dsc00570

1Fでは展示即売会  2Fでは 「好事例」のパネルや製品、パンフレットの展示。神奈川からは横須賀の2つの福祉作業所だけが出展していました。

やはりパン、お菓子類、乾燥野菜 レトルトカレー、ジャム中にはビール・・・など、食品や加工品が製品の殆どを占めているのですが 時々 おもしろいものが・・・

↓高知県 「岩崎弥太郎貯金箱」
おもしろいんだけどね〜笑 

Dsc00578


↓ 島根県 お面
私はプロダクトが好きなもんでついついこういうのに反応しちゃうのよね 笑 

Dsc00586

こういうこと

Dsc00585

法人のプレゼンテーションや、料理研究家の服部先生の講演もあるとのことで、盛況でした。即売会も盛り上がっていました。

Dsc00593

昨日のKokiの学校のPTA バザーのもっと大規模版! という雰囲気で 

ちなみに とってもおもしろかったお仕事がありました。99%が物販関連という中で バリバリにITを使ったお仕事  

香川の NPO法人 「明日に架ける橋」さん → リンク  

Dsc00595

障害者が 子ども達、お年寄りの見守りサービスのお仕事をする・・・いつも 守られる側の障害者が 守る側へ・・・なんて 素晴らしいじゃないですか!

法人がどのようにからんで運営していくか・・・
また 肢体不自由の我が子たちがどのような活動ができるか
重心の方達に携わってもらえることがあるか・・・な〜んて いつも思っています。

心を動かされた商品や製品プロダクトに関しては、後日UP予定・・。
勉強になりました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.26

イーリス ハントヴェルク

スウェーデンの全盲の人の作業所で作られているブラシです。 二子玉川のセレクトショップ、BShopで見かけました。

Img_2063_2

関連記事 ネットより

8_3


あひるちゃん型のブラシは 横浜そごうの北欧雑貨を扱っているILLUMSで見かけたことがあります。また ネットショッピングでも 長いほうきやはけなど、たくさん取り扱いがありますよ。

Iris Hantverk(イーリスハントヴェルク)HP → リンク  

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.16

障害者雇用

今 名前は出せないのですが 大規模外食チェーンのIT関連部門の方とお話する機会がありました。

障害者雇用もしっかりとされていることを知り、嬉しく思いました。

他に、環境問題に話題が及んだ時も ふだんから ビジョンをお持ちなのだなぁと感じるお話っぷりで、そのあたりが 付け刃的ではないというか、障害者雇用も法定雇用を守るために・・・だけ取り組んでいるのではないものが伝わってきました。

で 障害者雇用の時に言われてた言葉が印象的でした。

「ん〜彼ら すごく頑張ってくれてる! でも、ちょっと 甘えてるかな? 笑」

ということでした。笑 

| コメント (0) | トラックバック (1)

2010.10.05

目の前に農業があった

Img_3793_2

daily blogのほうにも書いたのだけど 
夫の一族はみーんな 北海道。 両親は札幌。

親戚のおじさんが スキーで有名なニセコの近くで農家をやっている。 倶知安というところで大きな大きな畑を持っています。 The 北海道!って感じです。

いつもこの時期、とれたてのじゃがいもを送ってくれますが 今年で最後らしいのです・・・。

じゃがいもは 作るのが大変なんだそう。自分ところの畑をするのに 人を雇わなきゃならない。
若い人なら自分で車を運転してきてくれるけど ここには若い人なんて居ないから 年寄りが手伝ってくれるんだけど、送迎もしなきゃなんないから大変で・・・って言ってました・・・。 

あぁ 私に財力と 行動力と時間があったなら・・・!おじさん達に

「とうぶん 畑をかしてくれない?」 

ニセコ周辺の作業所の青年達や支援学校のこどもたちを引き連れて みんなで元気に耕すのに・・・!! 

肢体障害も知的障害もお年寄りも関係ないぞ〜。みんなでやるぞ〜。
財力があれば、休憩小屋くらい作ってね・・・

気のいいおばさんは きっと お味噌汁位作ってくれるだろう。
(いつも 卓からこぼれそうな位にふるまってくれるんだ〜)
話好きのおじさんだから ずっと 子ども達と喋ってるぞ。
札幌のおじいちゃんも呼んでこよう。笑 運動不足&暇してるから。

その様子をU stream中継! 余ってる畑はないですか〜?有機農業しませんか〜?

おじさんの畑を守るということではなくて 目の前にお仕事がある。残念 無念!
そういう気持ち・・・

まだ 私たち 担がせてもらえるほど成長できていない。実に残念。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.30

グループホーム等の設立

39

障害者のグループホーム設立についての勉強会に行きました@夫
ビデオ上映によるホームの紹介があったのが非常にわかり易かったとのこと。

今回 紹介された施設の殆どが 知的の方の施設だったようで、肢体はハードルがちょっと高いのかなぁ という感じもなきにしもあらず。 でも ビルを建てて、設置基準が高くて・・・そんなイメージがあったグループホーム、意外にも賃貸住宅を使ってというケースが約7割なんだとか。

面倒そうな公的な手続き・・・これも 小さい規模から始めるなら

「会社設立の時に事業計画書を提出させられたのと似てるよね!」

みたいなことがいくつかありました。 
意外にやってみればできるかもしれない!
お金があれば!! 笑 

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.05

Sell the challenge

港区 青山に クレヨンハウスという本屋さんがあります。
詳細 today's dialy →リンク

この本屋さんは 「クーヨン」という雑誌→ リンク を発行していて、大きな柱は

Cooyon_hyousi1010

地球 環境 自然 家族 子育て 

それに付随して

オーガニック食品 自然療法 食養生 ヨガ 里山 手作り アーユルベーダー モンテッソリー教育・・・的なおはなしがたくさん見れてまさに私の趣味全開!

ちなみに私はモンテッソリーの幼稚園で育ったのよ!笑  

その中に 1人の人物にスポットを当てる企画があり Sell the Challenge という団体を運営している男性が取り上げられていました。

経営コンサルタントをなさっていた男性が(現在8歳になる発達障害を持つお子さんを育てつつ、思う所あって立ち上げられた組織・・・昨年立ち上げられたばかりのようですが、ふだん 夫と私が 

「こんな風なことをやってみたいね」
「無理かな」
「自分たちがあきらめたら誰もやってくれないよ」

なんて漠然と言っていたこと・・・言いたいこと、やってみたいことを実行されていて・・・本当にステキ、素晴らしい先人。トライアスラ−でもあるようです・・・笑

Sell The Challenge → リンク

とても共感できたし、しかも横浜でも活動されているじゃないか・・・!

もっと記事が書けるようもう少し掘り下げてみます。 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.20

フェリシモ ecolor エコラ vol.7

フェリシモの定期便 1000万人で明日を変える! プロジェクト

エコな製品もたくさんの中にプロジェクト企画があって、製品を購入することによって珊瑚が守られたり、カンボジアのストリートチルドレンに募金されたり・・・
その中に作業所に関わることも毎号 あり。

武庫川 すずかけ作業所の利用者さんが描いた絵をお皿に描かれた木のお皿

Dsc00231

どんな絵?
この利用者さんはふだんは、お菓子作りのお仕事をしているそうです。月1回の絵画クラブで 絵をきれいに並べて描かれるそうです・・・

Dsc00230

まるで絵本のようだよねー
フェリシモさんのいい考えなところは、全てを作業所に託すと、ヒト、カネ、モノに限界があるから、企業とコラボして製品を作っているところ。

Dsc00228_3

すずかけ会さんは 兵庫県西宮市  通っていた療育園のすぐ近くのようだわ。

社会福祉法人 一羊会 → リンク

たくさんの製品がいろいろなリンク先で見れますよ。さをり織の美しいこと! 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.31

こころみ学園へ 

栃木県 足利市 こころみ学園のワイナリー  ふだんは収穫祭に訪れることばかりなのですが、今年は6年前に植樹した息子の葡萄の木からワインができる記念の年なのでぶどう畑を見に。

この急勾配のぶどう畑を学園の園生さんは毎日登って手作業をもくもくと


Img_2065

ありがたくワインをいただきました
葡萄畑のテラスレストラン

Img_2070

ランチプレート
平日なら 園生さんの焼くベーグルやパンもいただけます

Img_2068

ショップも併設
ワインや園生さんの手作りの木工やしいたけなどが販売されています。

Img_2083

手作業でかけられた葡萄保護のためのセロファン

Img_2100

施設棟 ↓ なんと園生さん同士でご結婚もされ、夫婦棟もあるそうです

Img_2095

11月の収穫祭が楽しみで・・・→ 昨年の様子
息子の木から初めて収穫された葡萄で作られたワインが送られてくるのも楽しみです・・・

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.22

障害者の起業コンテスト

産經新聞(無料アプリにて購読)より

Photo

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.11

緊急臨時号

内閣府の障がい者制度改革推進会議。
1月に こういうのが立ち上がったよ ということだけ備忘的に書き留めていただけなんだけど → リンク
どちらかというと「地域で・・・」という包まれ方に安心感を抱いていたんだけど・・・

今日は学校から 全国肢体不自由特別支援学校PTA連合会から緊急臨時号の会報誌をもらっていた。

Dsc08334_2

一部を抜粋すると

国際動向と障害者権利条約の制定についての内容に障害者権利条約の教育第24条は条約に批イするため国会審議の上 法改正になるようだとか
国際基準では日本の特別支援学校 支援学級などは分離と差別を禁止した条約に反しているとの見解であり、制度改革会議の席上では「廃止」との意見が多数。

・・・特別支援学校を廃止していくってことなのかな??

ちょっと検索をしてみると

障がい者制度改革推進会議:
特別支援学校、希望制に 所得保障など求める-1次意見書案

障害者政策全体を見直す政府の「障がい者制度改革推進会議」が24日開かれ、政府に対する1次意見書案を公表した。
障害の定義について、身体、知的、精神の個人の心身機能に注目した従来の「医学モデル」を転換し、社会参加を難しくしている社会の側の問題からとらえ直す障害者基本法改正案を来年の通常国会に提出するよう要請。

障害者自立支援法廃止後の「障害者総合福祉法」(仮称)案の12年内の国会提出や障害者差別禁止法制定に加え、教育、医療、雇用など各分野の制度改正も求めた。

 来月内に全閣僚で構成する「障がい者制度改革推進本部」(本部長・鳩山由紀夫首相)に提出、閣議決定を目指す。基本法改正については、関係閣僚に勧告権をもつ監視機関の設置も要請する。

意見書案では、障害にかかわらずすべての子供が原則、地域の小中学校に学籍を置き、親子が希望すれば特別支援学校にも就学できるようにする

▽政府が検討中の新年金制度で障害者の所得保障を検討
▽国土交通省が検討中の「交通基本法」(仮称)案で移動の権利を明文化
▽医師や看護師の配置が一般より少ない精神医療政策などの見直し--などを求めた。

 現行法制の大幅な改革を促す中身も多く、同会議の委員からは「財源と共に、地方分権との整合性も課題」との意見も出ている。東俊裕・同会議担当室長は「省庁にどこまで具体的に要請するかは今後詰める」とした。

毎日新聞 2010年5月25日 東京朝刊

ちょっと難しい言葉が多くて先輩のママに翻訳してもらわなきゃわからないんだけど・・・
ちょっとゆっくり考えてみます。


| コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.02

最近思ったこと

こちらの更新が滞っていました。あんまり活動していない月間だったし忙しくてね。
2月に始めたTwitter ではたくさんの障害関係のかたと知り合うことができ  いろんな発見の日々。
圧倒的に知的の関係の方が多いような気がする…
身体、就労…   の繋がりがまだあまりないのが残念…

一方、バリバリと活動されている社会起業家の方のつぶやきはとても刺激的。
自分がとてもそんな風にはなれないけれど、こういう目線があるのか…日々、そういうことを視野に入れてるのかと驚きながらTL を見る。

今日はフェリシモの社長さんをfollow   まだ Twitter   を始められたばかりだそうで呟きは少な目だけど、今後が楽しみ…

Koki の障害が見えない時、情報に飢えてたなぁ…
  今はホント、すごい!.  たった10年、すごい10 年となったなぁ…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.02

世界自閉症啓発デー

今日は 世界自閉症啓発デー だったそうなのです。 就労をテーマにしたシンポジウムがいろいろなところで行われていたそうです。 自閉症の特徴としていつも第1にあげられるのが
「強いこだわり」 

でも 逆にこれをモノ作りに生かせないかと取り組んでいる工場があるのです。 
やまびこ製作所 ⇒ リンク  作業所…かな?

釘をうつ位置が超正確に  シールペイントの均一さ…
そして 何よりも 手を抜かない愚直さ…

Dsc06902

我が家のお気に入りのワイナリー Cocofarm も 知的障害者が働くワイナリーです。

詳しくは⇒ リンク 

ここでも ワインボトルの中に入ったコルクのかけらを一瞬で見つける名人や、日々 ワインのボトルの決まった位置に正確にラベルを貼る名人、そして ブドウ畑で1日中、カラスを追う鳥追い名人、虫食いの葡萄をきちんと見分ける名人たちがおいしいワインを作っているのです。

少しづつ そういうところが増えてくれると励みになりますね。

さぁ 肢体も可能性を探していこう!


| コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.17

成年後見人制度の闇

昨年のことですが 「成年後見人制度」の勉強会に行きました⇒リンク

社会もそういう風になってくれていくんだな と 希望をつないでいた矢先
2010年3月17日の新聞より 

やっぱり…という気持ちになってしまいました。
非常に残念…。

この場合、親族らしいんだけどね…

Photo_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.10

トイレの自立:2

最終的にこんな感じで落ち着きました。

詳細は メインblog にリンク致しました。→ リンク

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.05

作業所 フェルト展 

2月24日のことだったんだけど、市内の作業所でフェルト展のご案内を頂いたので訪問… 記念すべき第1回目。

この瓶の中に入っているのが羊毛  

Dsc00301

このような ブラシでといて 専用のニードルでさしていって成形 (中略 笑)

Dsc00316

これは ↓ 画像は ネット上から頂いてきたんだけど、専用のニードル。 重度の障害をお持ちの利用者さん達、これを握ってゆっくり刺すという作業を繰り返し、フェルトに仕上げていく。

ちなみに 上の写真の赤いスティッチ。 手が動かない利用者さんが 口でこのニードルをくわえて 刺す…という作業を果てしなく繰り返されて フェルトを作られたのだそう。  素晴らしいよね…! 以前の作品と見比べると 上達されているのがわかりました。

Fnp

利用者さんが デザインから成形までお1人で作られたそう 「動物園」

まるで 絵本から元気に飛び出してきたみたい! 生き生きとしています。

Dsc00309

横浜のズーラシアだって! オカピ、上手だよ! 

Dsc00306

以下は職員さんとのコラボ作品  ヘアゴムだったり、マグネットになったりしています。

Dsc00304

カワイイっ!!!  とっても小さなマグネット  押しピン  

Dsc00305

お花のマグネットや飾り  私も いくつか頂いて お雛様の前にあしらえました

Dsc00303_3

実物はなかったのですが カワイ過ぎる! 

Dsc00308

素晴らしい作品と、いろいろな可能性を感じさせて頂きました。 何かを作るって素晴らしいよね。  

ひとつ ひらめいたことがあって、 オーダーをお願いしちゃいました。 納品は1ヶ月と10日 先です…!!  作業所さんも 私も初めての体験なので どんな風に展開していくか 楽しみです。 

 

 

 



| コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.27

障害者があたりまえに働けるニッポンへ

「働きたい」あなたのシンポジウム :ランドマークホールにて 450名 入場無料

主催:横浜市健康福祉局  ATRIMAE プロジェクト
後援:神奈川県・横浜市 教育委員会

Dsc00321

タウン誌にあったので応募して行って来ました @夫 

第1部は 従業員の7割が知的障害者である日本理化学工業会長 大山泰弘氏の講演。 何で話題かというと…

いつもお仕事でお世話になっているライターさんが 昨年、ご一緒に本を書かれた…ということで、存じ上げた 藤沢久美さんが書かれたレポートが一番わかりやすいので⇒ リンク させて頂きました 

司会は ヤマト運輸元会長の故小倉昌男さん(ヤマト福祉財団元理事長)の意志を引き継いだ大塚由紀子さん   福祉ベンチャー…メルマガを購読させてもらってました

ゲストに…というかお話を聞きに来ていた中 = 1聴衆として、細川佳代子さん ( 細川元総理の奥様で スペシャルオリンピックス名誉会長 他…いろいろ) の姿 

クロストークの司会に ジャーナリスト 下村健一氏 … と なんとも この企画が無料だなんて…(450名 立ち見はない程度の満席)

夫から聞いて 語りきれないことばかりなのですが 夫が一番驚いたこと、細川さんも、最後に感想で驚きを述べられたこと…というのは、大山さんが

「重度の人たちだって働く場が必要なのです。」

という言葉… 自分達にも 

「うちの息子は働かなきゃ、そして重度の人をみんなで支えてあげなくては」

なんて線を引いていたところがありました。 いつ 誰が障害を持つかわからないのです。 働く権利というのは国民1人1人に憲法でちゃんと守られているのです… 重度も軽度も関係ないんです…と…

「経済の『済』という字は、救済の『済』と同じ字です。」

とも言われていたそうです。 福祉の世界は、人間全てを幸せにするというものではなく、また福祉と経済は切り離して考えられるものではなく、福祉と企業の役割分担が必要である。 

国が作業所にかける助成金よりも、障害者に最低賃金を保障するほうが安い…

… など目からうろこ的発想が… 

Dsc00322

最近 よく思うのです。 i mac 、 ホームベーカリー 、 i-phone 、イラストレーターなどのソフト…で 素人がそれなりにモノを作りあげていくことは、昔より敷居が低い世の中になってきたように思うのです。 だから 障害児・者にもチャンスがいっぱいあるはずなんだ。

どうやって 繋がっていくか 知恵と工夫… 考え続けよう~。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2010.02.24

トイレの自立:1

自立ということをよく考えます。 自分でお金を稼ぐとなるとハードルが高いのですが、ひとつ、自分で排泄をする…ということはある意味、自立に含まれると思います。
息子は オムツが取れたのが小学校3年生の時でした。
1歳位の時、脳性麻痺の体の具合で、股関節が固いのに、無理やりにおまるに座らせて、それ以来、トイレが大嫌いになってしまいました。
小学校で、時間排泄や、楽しく挑戦することを経て、オムツが取れました。先生方の手ほどきに本当に感謝でした。

今は自分で便器に座ることができないので、ズボンとパンツを下ろしてやって、抱っこして便座に座らせてあげています。 でも いつまでもそういうわけにもいきません。 最適な介助道具が必要です。

というわけで、訓練センターのPT OT 福祉機器の業者さん 市の福祉機器支援センター所属のPT の先生方と一緒に最適な機器を決めるのに我が家のトイレでいろいろな機器をお試し…

安寿フレーム S 跳ね上げ R  55000円

Dsc00253_4


跳ね上げというのは、手すりが跳ね上がるという意味です。息子は 手すりを持ってズボンの上げ下ろし、方向変換ができるので使いやすいようです。手すりの長さ 50センチ

ところが 前方に出ている「く」の字型のフレーム。 これは本来、もっと後方で便器にフィットするはずなのですが、ウオシュレットの形状の具合で左側にずれて本体が装着せざるをえないため、前方に出てしまっています。 これが 膝やももに当たって痛かったり、
結局、便器から体を遠ざけてしまうことに…

次に試したのが 同じく 

安寿 洋式トイレフレーム S45  45000円 

Dsc00300_2

このタイプだと、うまく便器の形状に前方のフレームがフィットできました。

ところが いかんせん、手すりが短い為… 30センチ、立ち上がる際や、ズボンの上げ下ろしの際に、つかまって立つことができません。 手すりというよりも、肘置き的存在

これでは役に立ちません。

みんなで途方にくれました どれも帯に短し、たすきに長し。

業者さんが言うには 最近 トイレの形状も毎年のように新しくなり、介助用品のほうでも対応が追いついていない…! とのこと…  高齢化社会になると たくさんの人が必要になるんでしょうに…。

ということで 続きます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.16

耳が聞こえない人

プロップステーション なみねえと 原口総務大臣との対談

⇒ リンク 

障害者はひとくくりなのにその中に知的障害 身体障害 聴覚障害 視覚障害 精神障害…と いろいろあって 他の障害を理解する努力はしているつもりだったりしても 全然想像もできていない現実がある

耳の聞こえない人がテレビを見る時 どうだろう? と 思ったことがあっただろうか
そういう人のために字幕テレビなんかがあると 当たり前に思っていた
そんなことに 壁があるだなんて 想像したことがなかった
法の壁なのか? 技術の壁なのか…?

もしかしたら聴覚障害の人は邦画よりも洋画のほうが楽しめるのかもしれないね
例えば映画館のシートをボディソニックにして、効果音と共に 椅子がシェイクする
飛び上がる、鼓動を発する…
そういうシートがあると さらに楽しめるよね

バリアフリーを目指して さらに そこに楽しみがあるともっといい




| コメント (0) | トラックバック (0)

フェリシモの製品

この前 記事にしたフェリシモのはなし。
エコラというエコやフェアトレード ユニバーサル社会をコンセプトにした冊子に掲載されています。

作業所が作った自主製品をアクセサリーの一部に使用

Dsc00197

さをり織を使ったサンダル 

Dsc00198

「チャレンジド」 というには きっと プロップステーションと関わりがあるんでしょうね。

同じ神戸の会社ですし… 何か買って支援してみようかな?


| コメント (1) | トラックバック (0)

2010.02.14

パンを焼こう

小学部から中学部、そして高等部までの12年間、そのうち5年が終わろうとしています。
なんとなく、息子の好きなこと、得意なことが見えてきたような気がします。
パソコン操作、音楽に加えてお料理が登場してきました。
ということで、いい機会だと思って ホームベーカリーを買いました。 家の中でKoki に1つでもお仕事をお願いしたいから、パン係ね

Dsc00180

自分で計量できなくたって順番が覚えられなくたって、スタート・ボタンを押すだけでいいや…と思っています。 

それにしても…本当にこれでできるのかな… 半信半疑。

4時間後…  本当にできた!!  その上 美味しいし…

Dsc00191

パンの作り方を練習して作業所を作るんだ!
というわけではなく、(笑) でも 将来、ずっと親子で一緒に何かをしていくわけだから今から何かを色々 試してみてもいいんじゃないかと思って 始めてみた

» 続きを読む

| コメント (6) | トラックバック (0)

2010.02.11

NPO法人 たんまち福祉活動ホーム交流会

第16回 ふれあい地域交流会 

主催は たんまち福祉活動ホーム
地域作業所 ワークスみなと 、キッチンみなと
協力 わかば工芸/麦の会
後援 反町第一町内会

こちらはできてから15年になるのだそうです。同じ区内だということで学校からお便りをもらってきたので行ってみました。
1階では喫茶や、おもち 豚汁 甘酒 焼きそばなどの販売がありましたが 2階にあがって自主製品を見に・・・
さおり織のきれいな糸が迎えてくれました。

Dsc00124

体験してみませんか? と お声が・・・ 左右に糸を渡して足を1つ踏んで、手前にとん。
織物です。ホントに。
両隣のお子さんは毎年楽しみにしているということで手慣れたもの。糸のパターンも換えて素敵なさおりを作っていました。

Dsc00131

けっこう 集中しないと間違えそうです。
これは息子にも究極のOTになりそう! 機械自体は10年も使っていらっしゃるそうです。ちなみに真ん中で指導されている奥様のお洋服(パーカーでした)は布地は さをりで、パーカーに仕立てたそうで、色合いといい風合いといいすごくステキでした。

先日、記事にしたフェリシモも、さをり織を使ってプロが何かに仕立ててくれる・・・(ケリーバッグ風の鞄だったと思う) すると もっと輝いて見えるのかも 

Dsc00136

喫茶コーナーでは美味しいシフォンケーキ 150円とコーヒー 100円
とてもすばらしい出来上がりのケーキです。

Dsc00143

パンもいろいろ買ってみて

Dsc00151

ビーズやレザー商品に混じって、初めて見ました 草木染で染めた木工を画鋲の背にはりつけた
ナチュラル画鋲 4つ 100円 

いい体験をさせて頂きました。

 

» 続きを読む

| コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.04

本・ みんなの共同作業所

Dsc00011

ぶどう社 定価 1700円

アマゾンの中古で 140円  新品同様でした

少しずつ 本でも読んで勉強を始めよう・・・ 

勉強というか、引き出しの中身を増やしていく作業をし続けたい。

銀行に提出する事業計画書 みたいなものを描いていけばいいのかも。

どこに何年後にどういうものを作りたいか 何を売るのか 作るのか どうやって仕入れるのか 原価はいくらか 障害者はどうかかわるのか

社会とかけ離れて考えなくてもいいのだと思う

限定はされるんだろうけど 

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.02

社会福祉法人 なないろ・河口湖

6月頃のことですが記載しておきます。
富士山のふもとの河口湖の近くに PICAビレッジというコテージの宿泊施設があるのです。
それはそれはお洒落なコテージで・・・ 

↓ ハンモックカフェ 

58a858f7sjpg

ここの売店にはオーガニックの食材や調味料、コットンの洋服や雑貨が販売されています。 とてもいい雰囲気。その中に
こういうのがあったのね。
町田って・・・横浜の隣じゃないか。

367227fdsjpg

バゲットバッグ
フランスパンを入れるバッグなのね〜 お洒落です。

98c422dbsjpg

母体の法人のHP見てみたけど・・・
ごめんなさい よくわからない・・・
もったいないなぁと 思っちゃって・・・

 

| コメント (3) | トラックバック (0)

2010.01.23

地域作業所 ほわほわ

以前、商品だけアップしたことが…⇒ 「支援学校のバザーにて」リンク

横浜市旭区鶴ヶ峰本町2-46-22 
045-951-6080

土曜日だけオープンしている cafe 。
静かな住宅地の中の一軒家の1階が、作業所となっています。今日も利用者さん=ほとんどがKoki の学校の先輩です… が続々と 登園。

支援学校の高等部を卒業後、なかなか行き場がない肢体不自由児たち…
ということでここは、卒業生のお母様方と訓練会とで立ち上げられた施設なのです。すごいことですね。

Dsc00131

平日は、羊毛フェルトや織物、ステンシルなどの日中作業をされているようです。今日は余暇活動のようでした。

ハート型のワッフル、りんごのプリザーブ、バニラアイスと飲み物のセット 450円。
お世辞ではなく美味しかった! 他のmenu は 今、思考中とのことです

Dsc00132

↓ 日当たりがよく 気持ちのいいcafe

広いので車椅子に乗った先輩が、職員さんと一緒にオーダーを取りに来て下さったりしました。

「何年生?」 なんて聞かれたりして 「5年生」

「ぼくは21歳」 なんてやりとりがありました。

私は学校の委員会とかバザーでこちらを知ったのですが、後輩ということで 施設内のご案内もしてくださいました。

Dsc00133

↓ 動物ちゃんは未だ、商品ではないみたいですが フェルト小物 カワイイ!

Dsc00143

↓ キャワイイ~~

Dsc00145

↓ こちらは商品です。

商品の注文は電話でもできるそうですよ。

Dsc00176

職員さんのほかに…

 


 

 

» 続きを読む

| コメント (2) | トラックバック (0)

2010.01.12

障害者:政府が定義見直し

 「社会の制約」考慮 ニュース記事より… 

概論としてよくわかります

政府は、身体障害など「障害者」の定義について、抜本的な見直しに乗り出す。従来は個人の問題として心身の機能に注目する「医学モデル」だった が、社会参加を難しくしている社会の側の問題を重視し、必要な支援を把握する「社会モデル」への転換が狙い。「障がい者制度改革推進本部」(本部長・鳩山 由紀夫首相)内に設置され、12日に初会合を開く「推進会議」で議論に入る。

 障害者については、障害者基本法で

「身体障害、知的障害、精神障害があるため、日常生活または社会生活に制限を受ける者」と定める。

さらに、身体 障害者福祉法など障害ごとに福祉法令があり、それに基づき障害者自立支援法や障害者雇用促進法などが運用されてきた。例えば身体障害では、視覚や聴覚、肢体のほか、腎臓や心臓の障害、HIVは対象だが、他の多くの内臓や免疫系などの障害は対象外だ。

 

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.17

フェリシモ

Felissimo は 神戸発の通信販売会社です。
今、500色の色えんぴつ の企画でよく注目されているのでご存知かもしれません

単にものを売るだけじゃなく、ユーザーの「こんなのあったらいいな!」 というものユーザーとタイアップして企画~商品化していたり 企画や購入が、明るい未来につながっていく流れを作っている… そんな モノとココロで カタログは溢れています。

「明るい未来」の 説明が大雑把過ぎかもしれませんが たとえば

エコ、平和、反テロ、子供たちの未来、絶滅しそうな動物、フェアトレード 支援。

そんな中、とても嬉しいのは、ここに障害者の場もあるということなのです。もう何年も前に 神戸の社会福祉法人 プロップ・ステーションも賛同していました。

フェリシモでは主に阪神間の作業所の作業で出来上がってくる品々を ちゃんとした商品に仕上げて販売しているのです。

作業所の作業で完成度の高いものを作るのは 正直、なかなか難しい。

だから 作業で作られたモノを 形にしてくれる人が居る。 例えば、

作業所の日中作業で作った

ガラス玉をプロがうまくデザインして ⇒ アクセサリーに

さをり折り ↓ を デザイナーや 職人が手をかけて ⇒ ケリーバッグ調に

P03_2

雑貨を作るための布に ⇒ 障害者が 自由に のびのびと絵を描く

色々な取り組みが なるほどとあふれています。

1人で背負わなきゃいけないことはないはず

分業だっていいんだよね

詳しくはフェリシモのHPで・・・ 以下 参考までに

» 続きを読む

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009.12.04

障害者と障がい者

Dsc09968

ココログのニュースの中にありました

障害児・者 の字が なんだか イヤだ という話を聞いたことがあります。
もう 何年も前ですが

障碍 という字を使おうよ! という運動もありました。いや

難しいから 障がい で いいじゃない という話もありました。

私は 正直、どっちでもいいです。

そんなことよりも… 建物のエレベーターの場所とか… 駅にエレベーターがない問題とか…障害者用駐車場の意味とか…

そのあたりの認識を もっと 考えてもらいたい と 思っています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.30

横浜市在宅心身障害者手当廃止

Dsc09969

手当てが1つ 廃止となりました。 

在宅 というのは施設などに入所していない障害児・者をさします。
家で生活している人のことです。

だから 病院に入院している間はこの手当てがありませんでした。

年間 3万円? 位だったかな? あとで確認します

全員に手当てを支給するのをやめて、より重度障害の方たちが利用できる施設を作るという話です。 
施設も大切だし、ナースや医師も必要になってきます。
少しでも早く できることを祈ります。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.29

成年後見制度ってなに?

重症心身障がい者に必要な成年後見について考えよう!

横浜市港北区ラポールにて

Dsc09909

息子が成人すると、障害者年金などを頂いて生活したりします。でも、そのお金の管理だったり、手続きだったりは誰がするのでしょう。
もちろん 親が元気な間は親がするでしょう。

でも 社会的に判断力のないこの子達の親が亡くなったらどうするのでしょう?

その時は 「法定後見人」 に 業務を委託することができます。

 
最初は 親や親族が後見人になっていてもいいし、親亡き後のため、信頼できる人に依頼して家庭裁判所に申し立てをしておくのです。

解せないのは、家庭裁判所に申し立てるので、 「申し立て事件」とか 「事件番号○○番」と扱われるということ…

もう少し フレンドリーな言い方はないのでしょうか

そして、後見人が認められた後、

障害者本人の選挙権がなくなるのだそうです
判断力が皆無 と みなされるためで…。 なんだかな~~~

» 続きを読む

| コメント (4)

2009.11.28

「かいごのみかた」 休刊 

Dsc09891

確か 2年ほど前の 国際福祉機器展で 「かいごの味方」 という季刊誌の登録をした。 

主に老人介護の話題なのだけど、参考にできるお話や 考え方もいっぱいあって、届くのが楽しみで…。

でも 休刊になっちゃった。

昨今の経済環境の悪化、当初想定していた形で継続するのが難しい…んだとか…

Dsc09892

ちょっと 残念~

| コメント (0)

2009.11.24

きらっと生きる

またまた NHKの番組 きらっと生きる →リンクNHK大阪放送局より

脳性まひの大羽さん 46歳 
養護学校を卒業後 授産施設に就職 月 5000円の工賃にショックを受け、一般の印刷会社に転職。

Dsc09888

しかし、4年後 自律神経の病から退職、HP製作の作業所を立ち上げるも 3回ほど たたんでは 立ち上げを繰り返す。

大羽さんが体を悪くしたのは がんばりすぎたのだろう
脳性まひの人は 喋るだけでも 少し動くだけでも 健常者の何倍もエネルギーを使うから。

障害者年金と、お給料を合わせて自立できるだけの稼ぎを!が理想ながら 利用者さんの給与は 月に10000円を下回る。

現在の作業所は、パソコンのHPの更新や、アンケート入力が中心だったが、4月にいくつかの作業所が合併して、販売などの業種の選択肢が広がったという。

障害者がみんな PC入力が得意とは限らない現実、とてもありがたかったと。。。

同じく脳性まひのレギュラーの玉木さんとのトーク

Dsc09892

なんで 稼がなあかんの? と 素朴な質問

そんなに稼がんでもええやん 

Dsc09911_2

それぞれが 社会の中で役割をもってやっていくことは大切なこと

Dsc09904

自分が社会のために役に立っている と 実感できるのは とてもうれしい
それが 対価としてお給料に反映されるのは一番わかりやすいこと

人の役にたつことに喜びを感じる…

これも 人間の本能じゃないかな…と思うことがある。

息子は加湿器のタンクが空になったら 必ず洗面所まで運んでくれるのです

Dsc09982

えいっ!と 洗面台にタンクをのっけて できるお仕事はここまでですが、

「ありがとう!」 と 言われると とても喜ぶ

ついつい 空になっても後回しにしがちで忘れがちなので すぐにきてくれるのってありがたい 

Dsc09986

動ける人は 働こう
働く場所がなければ みんなでがんばって 環境を作っていこう 

1人で 1家族で抱え込まないで みんなで 働ける世の中にしよう

フルタイムではなくても ワークシェアリングでもいいから 働ける世の中になっていけばいいのに と 思っている。

| コメント (2)

2009.11.21

特別支援学校の文化祭にて

今日は学校の文化祭。高等部からお便りを頂いてました
湯のみ お皿もあるそうで

Dsc09917_2

Dsc09922_3

学校内に古いけど釜があって焼くことができるのです。

小学部のお子さんは、図工の時間に花瓶を作ったりしますが こちらは
「職業」の授業を履修している生徒さんが作っています。

↓ 湯のみ  200円 

一部、お茶を飲んだら 横からこぼれてしまうのもありますよ  笑

そういうのは一輪挿 や ブチ花瓶にするのはどうかな? 

Dsc09924

↓ 売れ行き好調です

Dsc09923

卒業記念に 陶器に文字盤をはめこんで 時計を作成しているそうです。
それが とても素敵で販売してくれればいいのに~! という声がありました。

私が購入したお皿

オードブルの小さめのお皿がほしかったので ビンゴです 
なんとも美しい海の色  300円

Img_7230

↓ 作家さん 顔負けの作品

湯のみ 200円
たぶん 用途は他にすると思います。

Img_7223_2

食器に限らず、水盤なんかもイイかも

息子も いつか やるのかな…

自信を持ってね!

↓以前 西宮市の作業所祭りで私が体験・絵付けさせてもらったもの。
療育センターのお向かいだったので、先生と子供たちとママとみんなで行ったよね。

甲申 は きのえ さる という意味で 西暦だと2004年
まだ字が下手で失礼します 笑 

Img_7233

さて さらに今後はチャイナ・ペインティングなんてどうかしら

さらに趣味は広がりそう 笑 





 

| コメント (2)

2009.11.19

プロフェッショナル 仕事の流儀より

NHK 「プロフェッショナル 仕事の流儀」 File 130  → リンク

作業療法士  藤原 茂さん 61歳

Dsc09879

山口県にある リハビリ施設の施設長
主に脳卒中の後遺症の患者にリハビリを行う。

遊びこそ 最大の訓練と言い

「不自由だからこそ 人生は 輝く」 

Dsc09876

施設の中には 上から飾りや、標語がぶらさがっていたり 廊下にはあえて 手すりがなくて 段違いの棚が並べてあったり 掲示物はめくらなければならなかったり 体を動かすための 楽しい しかけが一杯 

利用者の笑顔や歓声があふれている施設

↓  ふと息子の小さい頃を思い出した

Dsc09878

1歳の息子に 1日でも早く立ち上がってほしくて、1日でも早く歩いてほしくて 

嫌がって泣き叫ぶ息子を押さえつけて、厳しいボイタ法の訓練を1日に4回
脳性麻痺には効くと言うけれど 地獄の特訓 憂鬱だった

実家の親は 自分達の前では やらないでくれ と 言ってきたほど

まるで 訓練をこなすために生きていたような日々
ボイタ法は悪くはなくて、確かに効果はあったんだけど

4回のうち 1回でも 訓練が抜ければ 自分を責めてしまう

時計を見るのがイヤ  もう訓練の時間…

何年もそんな日々が続いていた

結局は障害児だったじゃないか! あんなに頑張ってたのに!

私だけがわかってなかっただけなんだけど…

 

ある年から 好奇心旺盛になった息子は、CDデッキから流れる音楽を見るかのように
膝立ちを始め、姿勢をキープし始めた

「幸ちゃんって音楽とか音符が見えているんじゃないの??」 

と みんなが笑うほど

ハイハイをし、つかまり立ちをし…

好きなものを見つけてから 変っていったんだよね
やっぱり まずは音楽だったのね

自分の世界が生まれたんだよね

番組見ながら、最初から最後まで 泣けました。

息子だって きゅうりが食べたい一心で こんなことがあったわけだし 笑
→ リンク

↓ かたくなだった 利用者さんのこの笑顔

Dsc09880

よし! 

もっと バリアを一杯作ってみるか! ( ̄ー ̄)ニヤリ

NHK オンデマンド で配信もされています 
有料ですが よろしければ ごらん下さい。

| コメント (3)

2009.11.15

社会福祉法人 こころみ学園・ Coco farm

栃木県 足利市  

こころみ学園は知的障害者が働くワイナリーです。 

我が家の息子に障害があり、将来どうしよう…と 思っていた時、(今も思っているのですが) こういう形の作業所があるのだと知りました。 

それが2005年、息子が小学1年生の秋でした。以来 毎年、収穫祭に参加させてもらっています。

50年前 知的障害児たちが 鉛筆を鋤やくわに持ち替えて 山を開墾しました。

1980年 葡萄畑ができました。カリフォルニアから ブルースさんという醸造士に来てもらい、素晴らしいワインができるようになり、2000年には沖縄サミットで 2008年 洞爺湖サミットでも使われました。

その時のワインは 「Novo」 という銘柄で、ラベルは 日本語・英語・点字で書かれています。

「日はのぼる 美しき 泡 たちのぼる」

「いろいろな人達が、ともに生きていく新しい時代へのささやかなメッセージ」・・・との事。

「1950年代 少年たちは山を切り開き、土地を耕し 葡萄を育て始めました。

1980年代 ワインの香り漂うこの山の麓で 幸いに満ちた新しい世紀を夢見ながら 1990年代 シャンパーニュの伝統に敬意を表し 泡立つ酒作りが始まりました。

人間ができるささやかなことの全てを行う人間の手。 自然と膨大な年月と はかりしれない寡黙な手仕事から NOVOは生まれました。

たとえ 逆境の日々にあっても 陽がのぼる明日を信じ  人生を愛し 慈しむために。」

2_3

急斜面の葡萄畑を歩いて毎日 手作業でお仕事します。

ある人は1日中 完璧にカラスを追い払うのがお仕事

ある人は どんな小さな傷みの葡萄も肉眼で見つける技をもつ

ある人は完璧に同じ位置にワインのラベルを1日中貼り続けることができる

そんな人たちが作ったワインは 本当に美味しい

私達も感銘を受け、1本の葡萄の木のオーナーになっています。

毎年 「ボジョレヌーボー解禁」のニュースが聞こえるその週末 ここでも収穫祭が行われます。 

収穫祭の詳しい様子はこちら → 日記へ リンク 

Img_6893_2

↓ 木工の作業班の作る 急斜面用 テーブル 
テーブルの足が伸縮して テーブル面を水平に保つことができる アイデア商品 笑

Img_6889

↓ ワイナリーグッズも販売 バッグやエプロンなど 
センスがいいのです。ちょっと遠慮気味に撮影してたので 画像がなくてごめんなさい。

Img_6888











 

↓ 園生さんの作業で作ったクリスマスリース などの販売も盛況

Img_6890

↓ 私はこれを購入しました。

Img_6913













園生さんが ワインのコルクで作ったクリスマスオーナメント

1つ 200円 温かみがあります。
他にも シュシュなどがありました。

収穫祭の日 以外にも1年 350日 ワイナリーはOPENしています。

レストランや 醸造所の見学もできます。
ひたむきに働く農夫を見ることができるでしょう。

» 続きを読む

| コメント (3)

2009.10.23

特別支援学校のバザーにて

Kokiの学校でバザーがありました。
市内の作業所も10軒ほど出店されます。 お天気にも恵まれ盛況

Dsc00307_2

作業所さんのお品物 

旭区 ほわほわさん 
卒業生のお母様方で立ち上げられた若い作業所です。利用者さんがひとつひとつ丁寧に作られたというフェルト小物が 超・カワイイ!

ハートのサシェは中に匂い袋を入れられるようになっています。
フェルトのピンどめは 冬にピッタリ

毎週 土曜日にはカフェをオープンしているそうです。

Dsc09840_2


中区 本牧の本牧ダックさん

ビーズアクセサリー
こんな小さい作業もできるなんて ビックリ!
指輪や ピンどめです。 
小さい頃、こんなのがとっても欲しかったのを覚えています。

Dsc00310_3

旭区 珈琲工場 & 百屋さん → HP リンク

チキンカレーを買ってみました。
とっても 美味しい!

Dsc00352_2

こちらでは ジャムやコーヒー 紅茶、香辛料を取り扱っておられます。






» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.06

ワンコイン・コーヒー

Dsc08320

100グラム 100円です。  ↑ これが ひいたコーヒー100グラム。

販売期限を過ぎたけれど賞味期限は半年以上もあるコーヒー豆を作業所さんに安くおろしてくれるコーヒー屋さんがあります。

葉山珈琲。神奈川の葉山ではありません。 大阪の会社で、阪急オアシスなどで買うことができる 品質のよい珈琲です。

珈琲をミルで挽いたり計量したり 真空パックにしたり、荷造り、発送・・・を兵庫県 西宮市の新生会作業所で 作業として行って販売をしています。

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)