« 娘 17歳 | トップページ | うちあわせ »

2017.02.10

宝塚観劇 「王妃の館」宙組

Img_7276

13時公演。
浅田次郎さん(「鉄道員 ぽっぽや」が有名) 原作 「王妃の館」  浅田さんとは同じ誕生日♪ 親近感。
ということで、原作、しっかりしてる。演出は田淵大輔先生は雪組「ローマの休日」のミュージカル化された先生。 
テンポよく物語が進み、通してみたあと、 「よう笑った〜 吉本みたい、ええ話しやった〜」
と思ったけど、良かったです。 小説としてしっかりしたストーリーがあったのと、仕込みが面白い。

お正月の月組に続いてのホテルが舞台の演出でありました。(お正月はベルリンのグランドホテル。今回はパリの シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ) 真風涼帆さん演じるルイ14世は太陽王と呼ばれた人物で、ここで以前の「太陽王」星組 を観ていればまた、歴史的解釈が深まっていたのだろうけど、残念。 やはりなんでも観ておくべきなのである。

で、トップ男役の朝夏まなとさんが演じる 小説家 北白川さんは 映画では水谷豊さんが演じていた。 まあ様は、手足がながーく、 小説家がインスピレーションを感じた時に踊ったりする怪しい踊りが もう おかしすぎて。
蒼羽りくくんの、オネエ役、愛月ひかるくんのミナミの帝王っぷり、純矢ちとせさんのオールドミスの秘書っぷりも好演。 宙組、お芝居上手いね。
ショーは

Img_7273

ビバ ビバ でしたが (笑)
客席下りがものすごくて  

花組に続き?? 和物注入「ソーラン節」

真風くんの 力強い 「ソーラン宙組♪」が響きます。 これはこれは圧巻でした!

今回で 娘トップの 実咲凛音さんが今回でご卒業ですが、あまり卒業感はなかったかな〜。
たまにはこういうのも良いです。
歌劇団HPに浅田次郎さんと演出家の田淵大輔先生の対談があるのでそれも合わせて読むとおもしろいです。

Img_7275

|

« 娘 17歳 | トップページ | うちあわせ »

・Life with Takarazuka」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 娘 17歳 | トップページ | うちあわせ »