« しごとはじめ | トップページ | 究極の3曲を選ぶ »

2017.01.06

OT/かなづちトントン Part.2

Img_6911

初OTでした。今、PTとOTは同時に受けることができなくなっていて、その代わり、OTの中でPTのような粗大運動も取り入れてもらいつつ、微細な使い方も行う。

この2年くらい、指先の動きと、言語、その延長に感情というものが関係しているという仮説を聞いて、OTはそれに利用してみようと思っている。

12月末に始めてがっつり取り組んだ ドイツ HABA社のzap たまたま職場で知って、購入してみた。

色々な図形をコルクボードに小さな釘で打ち付けていく遊びだが、メインは、お手本にあるような形を見て、作ったり、次段階では自分で形作って遊ぶ創造性に発展する。

Kokiの場合、前回、 お手本を見て、同じものを作る。 という段階ですでに難しかった。 
今回は、図形ピースと同じくらいの大きさにお手本をコピーしてもらい、数あるピースの数を少し減らして、お手本の上に置く作業から行ったところ、以下のことがわかってきた。

Photo_3

同じ図形でも 正中線で非対称のものは認識できていない。

見え方なのか? 見え方からの認知なのか? 慣れなのか?

絡まったイヤホンがほどくことはできるようになっているので、きっと慣れて来るとわかるのだと思う。 

問題は、このような 「見えのねじれ」が 実生活に何か不便を生じているのかどうか? ということ。 引き続き、考える...

あとは、親指の使い方、動かし方に疑問があるのでまた考える。

|

« しごとはじめ | トップページ | 究極の3曲を選ぶ »

・むすこ.PT・OT・自立活動など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しごとはじめ | トップページ | 究極の3曲を選ぶ »