« 第51回 近畿地区肢・父母の会福祉大会 | トップページ | 模様替え »

2016.10.22

近肢分科会:特別支援教育と就労

Img_5634

分科会が 大変に良かったので、備忘録に記しておこうと思う。

息子が 今、学生を終えて、社会人を目前にして、ようやく頭でも心でも理解が及んできたきがする、 こういう「なんちゃらモデル」。  自分の人生の主人公 ってはなし。
エリクソンの 社会発達理論を基盤としている...ってことは 昨今の自習から分かってきた。

 

講師は 現在、社会福祉法人 多機能型児童発達支援事業所の理事長 
子供発達支援センターのセンター長
大学の幼児教育保育学科 非常勤講師。
職歴は、市立教育研究所(昭和49〜53)
市教委 教育長 (平成11〜14)
市立養護学校校長先生(H14〜17)
市教育長
現職

Img_5635

実は、第1、第2分科会が聞いたことのある先生の講演だったので、 「特別支援教育」はもう 終わりにさしかかっているけど、 この分科会で良いか...と思ったくらい、 のんびりと参加したところ、 ものすごい ツボだった。
それもそのはず、後で立ち話してみれば、私たちの 障害児の親として 大カルチャーショックを受けたM先生と、今日のこの先生は 仲良しだそうだ。  繋がりって凄すぎる。

Img_5636

ちょうど、卒業後の話しも出てきて 私の頭の中で 整理できていなかったことが まとめられた気がする。 今、気付けて良かったと思っている。
で、卒業までの、あと、11月〜2月までの4ヶ月。(卒業式は3月の始めなので)取り組むべきことも少し見えてきてた ソーシャルスキル。 それが最後の目標。

Img_5655

あとは、このあたりの社会的な課題も、次世代の課題やね〜。

|

« 第51回 近畿地区肢・父母の会福祉大会 | トップページ | 模様替え »

・Education」カテゴリの記事

・PTA」カテゴリの記事

・むすこ.ちょっとしたこと」カテゴリの記事

・むすこ.特別支援学校生活」カテゴリの記事

・福祉 いろいろ」カテゴリの記事

・雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第51回 近畿地区肢・父母の会福祉大会 | トップページ | 模様替え »