« 母校で | トップページ | PT »

2016.07.05

計画相談アセスメント

20160706_105426

厚生労働省が平成27年3月末までに 全員に作るように定めた、その人の暮らしたい生活を実現していくためのプランのようなもの。
平成27年度は、当市作成の「代替プラン」を経ての対応が認められていたが、28年度の誕生月以降は「障害福祉サービス、障害児通所支援を利用している人、全員が計画案作成となる」 

? 計画案を作成するのは...

sun指定特定、障害児相談支援事業所sunと呼ばれる計画案作成専門の事業所、総合相談支援センターNと 本人で相談して作る。
⑵自分で作る
? 計画案がないと障害福祉サービスは受けられないの?
原則、必須。
?計画案ができるとどうなるの?
作成することで 相談支援を定期的に利用する機会が生まれる
・本人の困りごとを一緒に考えていく仕組み
・本人の夢や希望を具体化するためのお手伝いをする仕組み
?計画案を作るメリットとは?
・本人の事を知っている、理解者、一緒に考える人が増える
・自分の思いをまとめる、伝える ことを手伝ってもらえる
・自分の思いをかなえていく力がつく
・暮らしの状況により、支援の中身を変えていくことができる。
市内に moon3基幹相談センターmoon3が1箇所(ここでは 直接 計画案の書類作成はしない)
26の指定特定、障害児相談支援事業所があり、計画案の作成をしてくれる。
... イメージとして、巨大な申し送りとフォロー団 作成 みたいなところだろうか。
国としては 昨年の年度末には 全障害児者の計画作成を見込んでいたみたいだけども実際、現場はパンク状態と聞く...
市の重心の相談を手がけている方は、以降、予約が取れない と聞くし、療育園では200人待ちと聞くし、本来は高等部3年生はかなり優先度が高いと聞くのだけども...
ということで、仕事が忙しいこともあって、放置していたら、いよいよ、4月の終わりに市から連絡が来て、
「支援計画が提出されていないので、⑵の 自分で作成して提出するように」 と 用紙が送られてきた...そんなもの作れない。
ということで、
 進路先として考えているところが ⑴のsun でもあるので、 事情を話し、予約。
→ 待ち状態
もう1箇所、外出で利用している事業所も 同様に 予約→ 待ち状態
いずれも 自分のところの通所利用者さんから 行っているので いつになるかわからない ということでした。 
が、養護学校では卒業の頃までにまとまればいいね みたいな 話しも聞くので 
「じゃあ 卒業の時の相談と兼ねても良いでしょうかね?? 」
という考えが、  そうじゃない方が望ましい  という感じだったのか? とにかく 進んだのでした。
//////////////////////////////
で、本題。  学校で 計画相談作成アセスメント。
担任2名
Koki  私。
社会福祉協議会の A園  地域共生センター 相談支援専門員お2人。
moon3前出のmoon1 同じく社協の 障害者総合相談支援センターの相談支援専門員お1人。Mさん。
このお1人は、多分 我が市で最強の相談専門員さん。実は ちょうど1年前に 産みの苦しみがあり、この時、息子はお世話になり、もうすぐ 無事 生まれる...ということでお世話に成っている。 
お世話になった...というのは、決してMさんが 直接、口利きをしてくださったとかいうものではなく、 道を示してくださったということ。 
幾つかの方法を自分で考えて、ひとつひとつ、塗り替えていくようなことを 実行した。 
ちょっと 壁もあったけど、工夫と 周囲の方々の ご協力で もう実現できそうになっている。
少し話しはずれたけど、 今日の会議では
⑴・本人についてヒアリング
Kokiってどんな子?
自分で思うKoki
学校の先生が知るKoki〜性格、学校生活での取り組み、進路実習の内容
母からのKoki
好きなこと、得意なこと、強み
得意なこと、強み
社交的。人と何かをすることが好き。 
気持ちが弱くなってきても、注意喚起ではなく、自分で「ピンチ」と言えるようになってきた。
⑵・ 高校卒業後の希望
⑴を加味して。
本人にも結構 聞いていた→本人は 知ってか知らずか、進路希望先でもあり、この支援専門員さん達が関係が深い園の名前を何回も言っていた...笑) 行きたいアピール
→作業中心のところにも行きました。N, W,S
やって できなくはないが、あまりに一生懸命。
他の人と交流があまり無い〜 が 知的のお母様方と意見交換した時に 「作業所は仕事に行くところだから交流は 別のところで育むもの」 と 言われ、少し解釈を変更。
→ 生活介護へ。A
学校と似たペースなので本人はリラックスして本人らしかった。
→生活介護と作業所の要素が混在する所 希望 
Fが理想
見えてきたのは
自分のできる作業 というよりも 社会の中、人、集団の中で 自分の役割を担うことができる、 その位置で生きがいや喜びを見出せることができる。
そんな話し。
⑶お金と暮らし
お金を稼ぐ、自分のお金、という感覚はわかりますか?
お金という概念、100円で80円のもの を買えるという感覚はわかっている
稼ぐ は...?????
夏祭りで得た利益を 給与としてもらった  という経験しかない
→ 残りの学校生活で 何か学ぶか?
お父さん、お母さんと一緒に暮らし続けますか?
「はい」 
そりゃ そうだろう。
⑷福祉サービス利用状況
放課後デイ
移動支援
次はまたいつかあるのかな〜〜〜  本日は約2時間。
個別教育支援計画があったので、それを専門員さんにお渡しして見ながら 話せたし、とても役立ちました。

|

« 母校で | トップページ | PT »

・おぼえ」カテゴリの記事

・むすこ.ちょっとしたこと」カテゴリの記事

・むすこ.と介護事業所さん」カテゴリの記事

・むすこ.特別支援学校生活」カテゴリの記事

・福祉 いろいろ」カテゴリの記事

コメント

うちは11月頃にお声がかかるようになってるみたいです・・・お願いしたのはいつだったのか忘れたcoldsweats01

投稿: マダム・エビス | 2016.07.09 01:08

@マダムさま
そうでしょう〜? すごい待ちみたいだし、聞くところによると優先順位の基準もバラバラで。私のように いい加減にしておく方が気楽だと思います。必要なら慌てて 向こうからアレンジしてきますから...笑

投稿: keikei | 2016.07.09 07:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母校で | トップページ | PT »