« 百二期生 もうすぐ初舞台 | トップページ | ミナミで夜遊び »

2016.02.20

教育研究会 講演会

Img_9031

備忘録

母校で教諭向けの研修会。職場からお声掛けもらって、先生方と一緒に行ってきた。

午前は、大豆生田先生という保育のプロフェッショナルの先生で、内閣府にも委員会として出入りされていたり、テレビの子育て番組でもよく見かける...の研修。

今、幼児教育は保育園が足りないから、待機児童問題とか、幼保一体型...とか色々言われているのだけど、実は支援制度、新制度が打ち出されて、
社会保障制度、医療、介護、年金。。。という三本柱に、史上初めて、「子育て」という分野が入った、画期的な取り組みが始まった。 ただ、万歳万歳とは言えない内容...
新制度の話、保育の質、人権 、21世紀型学力...に話は及び。

とくに人権の部分、「自己肯定、自尊感情、」他、やり抜く力、社会性、後伸び学力、コミュニケーショん能力」は面白かった。
貧困家庭でのこどもの人権について述べられていたが、障害を持つお子さんのきょうだい児も、人権に関わってくるところ。 なんとか伝えたかったが、質疑などがなかったので言えず。

午後。
発達や自閉症の研究で超有名な竹田契一先生の講演会。
特別支援教育は10年目を迎え、今年の4月から障害者差別解消法が施行されることになり、「合理的配慮」の元に保育、教育業界はどんな変化が起きるか?
ということ。前半は、障害児の親である私が聞いても、聞き応えのある内容だったので、一般の教諭の先生方には難しかっただろうなぁ。と思ったがみなさん頑張って聞いておられた。

臨床の発達障害、自閉傾向の話を聞いていても、 うちのKokiに まるまる当てはまるような生活行動が出てきて、 「バッチリやん」 と 今更ながら、納得したりして....
もし私がこんな話や勉強を早くにしていれば、よりベターな対処法をより早く、取り入れることができただろうし なんとも 残念だ....
本当に療育園の保育者にも学んで欲しい....gawk
途中、コンサートもあったり、同級生や後輩の姿も見えて、懐かしく話したり。

キャンパスって、母校に限らず、とっても好きな場所。
それにしても 同期生も、後輩も 「この業界は一生勉強やね!」と言っていた。みんな偉いな〜
こうして学ぶのもとても楽しいし、何しろKokiの子育てに生かされる。
これからの人生、仕事とスクーリングっていうのも一興かな。

|

« 百二期生 もうすぐ初舞台 | トップページ | ミナミで夜遊び »

・job diary」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 百二期生 もうすぐ初舞台 | トップページ | ミナミで夜遊び »