« | トップページ | フライングディスク »

2016.01.12

実習/4 Aさん

Dsc08428_1

施設Aさんへ。10:00-15:00  まだみなさん登園していなくて みなさんがそろって朝の会を始めたのは10:45… 学校と違ってものすごいスロースタートだ。

自己紹介では、生徒会の副会長をしていること、電車が好きでiPodで見ていること、などなど、言っていた。

午前 「ピカソの時間」という活動の時間で、創作 製作活動… 職員さんが「ふだん できないことを是非やってみて!」 と言ってくださり…

1時間かけて、阪急電車8000系をかいた。
この シューっと走ってるような雰囲気は たぶん偶然にこんな形になったんだろう。

学校の美術の時間と少し違って、 携帯画像などを見ながら、 「ここはこう」 みたいに描いたりした。 わたしは写実はとてもいい訓練だと思うので、やってみれてよかった。

絵具をまぜて色を作ったり、乾いた上にまた、画を重ねるということが 本当に初めてのこころみだったと思う。 今まで、輪郭に色を使い分ける手法はやっていたものの。

1時間と少し、取り組んでから給食。

Dsc08429


給食は 煮込みハンバーグ、 サラダ、 フライドポテト、 いろいろ野菜。
昨日は 成人式にちなんで、ヤングメニューだったそう。 650円。
とても美味しかった。

それから、遅れて登園してきた方もいたので、午後の活動まで1時間ぐらいかかる…ということで、 園内を探検したり、そこからさらに出た福祉会館内をお散歩。

会館になじみがあるせいか、 自分でスイスイと車椅子をこいで、
よくお世話になっている カリスマ障害者 Tさんの事務所の前で

「Tさーん、  僕、今日、実習に来てるねん」 と 声をかけていた。

その後、フライングディスク練習募集の案内を見つけて、受付に尋ねてみるも、もう応募期限が切れているので一旦は断られたのだが…ここで また おもしろいご縁がつながって…
それはまた 別記事で。

そうこうしているうちに2時前。 紙すきの作業へ。

Dsc08432_2

牛乳パック〜ミキサーにかけて〜 しなくてもよいのだけどペットボトルで100回振り、かくはんして、ハガキ大のキットの中へ〜 薄紙のデコパージュで好きな柄を置いていく〜水を切る。

Img_8435

なかなか かわいいセンスのハガキができました。

来年度から、別の施設でカフェ(まだ未稼働)  これから作業面を増やしていきたいとのことでアクレーヌ(羊毛フェルトみたいな感じのマスコット) セメント材質で 作成が容易な陶器で、園芸とからませての作業 など、紹介いただいた。

この施設は、ペースがゆっくりだから どうかな と思っていたのだが、案外、ゆっくりでもいいんじゃないのかな? と感じた。

雰囲気が学校の延長のような感じで、Kokiも今まで行った実習先の中では一番、リラックスして、自分らしく過ごせているような感じだった。やはり、作業は大変なのか? 一方で

「今まで どんなところに実習に行った? 」 と尋ねられ、好きな施設でのお仕事内容などを答えていた…

この施設…というより、この施設も入っている福祉センター含めて、もし、これから 運動などでも利用することが出て来れば、ホーム的に受け止めてくれる感じになるのかなぁと 広義として、イメージし易かった。

|

« | トップページ | フライングディスク »

・むすこ.と介護事業所さん」カテゴリの記事

・むすこ.特別支援学校生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | フライングディスク »