« 実習3/Wさん | トップページ | 養護学校交流授業 »

2015.10.21

PTAバス旅行

Img_2572

恒例 娘の学校から、PTAバス旅行。中学部から高等部まで希望者で観光バス2台で向かいます♪ 昨年は京都、貴船でした。リンク

バスガイドさんがとても一生懸命な若い娘さんで。まだ高校を卒業したばかりで地方から出て来た娘さんです。 スケッチブックに、かわいらしい地図やらイラストを書いて、説明してくれます。 私達、地元で知っていることも多かったのですが、 ママ達は

「うん! うん!!!」 と ちゃんと聞きましたよ。

まずは淡路島の 「パルフェの館」 パルフェ〜パルファム〜香りの館 ですね。

→ リンク

Img_2563

淡路島はお線香の産地です。 お香作り

Img_2566

ラベンダーの香りをつけた 板状のお香。 
このまま3日間、乾かせて、 このままの状態で2ヶ月位は楽しめるそうです。

Img_2570

アロマガーデンは本当にいい香り。

Img_2568

たくさんのハーブ類が素敵。
アロマテラピーは本当に楽しくて、不思議な魅力がいっぱいありますね 器具も美しいし。

その後は、徳島へ。
夏に、Kokiの学校ママとお泊まりしたホテルでおひるごはん。

Img_2575

懐石&鯛のあら煮
昼間から飲むメンバー。しかも1人1本の中瓶を飲んでいる・・・

Img_2589

その後、大塚国際美術館へ。 驚異のスケール。

全てレプリカなのですが、触れる、撮影できる・・・というのは何よりの魅力。

そして、実物大なので、その世界観にもひたれる。  ナポレオンとジョセフィーヌの「戴冠式」を見れたのは何よりも嬉しかったです! 

ナポレオン1世の首席画家ジャック=ルイ・ダヴィッドにより描かれた油彩画で、1807年に完成され、ベルサイユ宮殿やら、ルーブルやらに身を点々とした絵画。

ものすごく大きくて大迫力でした。そして、この絵のある部屋の壁は深紅!

ソファがあって、じっくり拝見できる。

Img_2594

宝塚100周年の時、「眠らない男 ナポレオン」という演目があり、そのシーンの中でこの戴冠式の場面がありました。 大道具さんが この絵に忠実に再現したシーンと言われています。
衣装のかんじ、人の配置・・・ そうだったな〜 と思いつつ。 本当はナポレオンの実母はここには来なかったそうですが(嫁のジョセフィーヌを認めていなかったので) 絵画には描かせたのです。
・・・という細かいところは 宝塚から学びました。 今回もヅカママと、もりあがりました。

(太陽王 ルイ14世はちょっと、イメージが違って残念でした・・・)

56238c70

素晴らしい〜

ベラスケスの「ラスメニーナス」 フリップ4世の娘、マルガリータを描いた作品

No19620lasmeninasa5888


この絵は有名だけど、右端に 小人症の女性が描かれている・・・のですね。
お顔も醜い。

これはハプスブルグ家に限らず、昔は王家の血を絶やさぬように、近親結婚を繰り返すがために、染色体異常のこどもが生まれることが珍しくなかった とのこと。
でも このような子どもは 「絶えない血筋」のあらわれとして、宝石のように大切に扱われたのだそう・・・!

オペラになったり、童話になったり(そちらのほうは悲しい話のようだけど) そんな分野にも波及している。

美術館では みんなで盛上がったりしてしまうので、また一度、1人でゆっくりと行ってみたい気がします。

神戸に帰ったら17:30 いろんな意味で、間に合わないので、母に来てもらってお願いしていました。 楽しい1日でした。

|

« 実習3/Wさん | トップページ | 養護学校交流授業 »

・むすめ.ちょっとしたこと」カテゴリの記事

・わたし.あれこれ」カテゴリの記事

・旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実習3/Wさん | トップページ | 養護学校交流授業 »