« 参観 | トップページ | 学年PTA »

2015.10.28

医療的ケア

Img_0643_2

昨日からの続きで・・・ 咳がなかなか止まらないKoki.

結局、学校で、医療のケアを受けないと学校生活に支障が出る・・・という判断になった。 
とりあえず、3日間の薬液吸入。 薬を使う場合は、どんな時も、教諭はできなくて、医師の指示書のもと、ナースが行うことになっている。
だから養護学校にはナースが複数名、おられる。

で、昨日、保健の先生や担任の先生が小児科に一緒に来て下さり、話しを聞いてもらって、さらに書類をその場でいろいろ書いてもらっていた。 

その薬を今日から使う。

登校時にまず、吸入。
下校前にまた、吸入。

朝、うちあわせ。 

年度初めに、医療的ケアのある子の保護者が全員、集まって、会があるそうなのだが、まあ途中から対象児なので、今朝はナースさんと養護教諭の先生、薬の話しや、時間の話しや、書類にハンコを押したり、いろいろあった。

Img_2673


本校は医療的ケアのあるお子さんが全体の4割を占める。
今日からうちもそうなった。

それにしても、流れやルールとか、よくわからないうちに書類が、学校、小児科、私とまわり、なにがなんだかわからないうちに、始まって、よくわからない。

先輩ママが 「お守りみたいなものだよ」 「しんどくなったら、吸入してくれるってことは、何度も呼び出されずに済むってことよ」 なんて 前向きに教えて下さって。

確かに、ここ1週間で3回呼び出されたので、それもよい。

それにしても この薬剤の量。怖くなる。

Img_2672

見ていると怖くなる。

それと。 ある先生が

「今日、あまり咳しなかったね」 というと 「ケホケホ」 と 始めたそうなので・・・

うーん。
そのところ。ちょっと洞察する時間を持てたらよかったね と 話しました。

|

« 参観 | トップページ | 学年PTA »

・おぼえ」カテゴリの記事

・むすこ.ちょっとしたこと」カテゴリの記事

・むすこ.特別支援学校生活」カテゴリの記事

・福祉 いろいろ」カテゴリの記事

コメント

幸ちゃん、大丈夫ですか?
うちも学校で飲ませる薬に関してはいろいろ面倒な手続きがあって、今は半錠しか飲まない錠剤をあらかじめ薬局でパックしてもらわなくてはならず、それが1万円もかかりましたわ。
おまけに薬局がお馬鹿で大きなパックで1週間の朝、昼、晩、寝る前と4つとかに分かれてるののお昼だけのを恐ろしい数、作ってくれて、持て余してます。別に28個全部一度にパックすればいいものを。
そう言えば、咳が出た後に麻痺が残るウィルスが日本で見つかったとニュースで見ました。
ウィルスも進化してて、予防接種が追い付いてない気がします。
年々インフルエンザの予防接種の中身が多くなってると看護士が言ってましたけど、また、来年も変わるのかなと思いました。

投稿: さるる | 2015.10.30 06:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 参観 | トップページ | 学年PTA »