« 実習「N」/高2 | トップページ | ひとつ実習を終えて »

2015.07.02

阪神間のPTA連合会 理事会

近隣5校が集まっての理事会&交流会。

以前、住んでいたところとあって、たくさんの知り合いが居て、大きくなったお子さん達を見て、懐かしかった〜〜

はい
また ふだん 考えていないことに関してはうまく話せず。
体験したこと、心に落ちていることは、構えなくてもうまく説明できたり。

ふだんから常に、問題意識を持って 自分なりの意見をまとめておくことが非常に大切です!

意見交換 

・進路部会について。。。進路部がない学校があった
〜学校の取組み(学校単体の進路→進路担当の先生は 営業さんのようになってきている)
〜PTAとしての取組み
交流会(学校行事にのっかったり) 施設見学、OBや保護者を招いての近況報告会

・父母の会について
学校に入ってしまうと 必要な情報は全て学校から入るので父母の会の必要性を感じなくなるが、それぞれの市ではどうなのか?
父母の会が、療育園や養護学校、卒業後の施設を立ち上げて来た市もある。
また別の市では、市長と父母の会がかならず毎年、会って話をするというところも。
PTAだけでは得難い連携がとれることもある。

・PT OT ST配置について
どのように 配置が可能になったのか?
配置とは言葉のアヤで、常駐であったり、必要に応じて、派遣されたり。

・看護師配置について
学校と直接契約するところ
市立病院との契約で看護師派遣という形をとっているところ→看護師が矢面に立たされることが少ない→身分が確立、保障される安心感がある

が、やはり学校の看護師というところは特別。手技と、人となりの両面が求められる・・・そのためには・・・ みんなの課題

・教師が手技を行わないのは 阪神間の地域柄・・・(内輪話ですみません)


Img_0344

屋内プール♪

|

« 実習「N」/高2 | トップページ | ひとつ実習を終えて »

・PTA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実習「N」/高2 | トップページ | ひとつ実習を終えて »