« 足 不調 | トップページ | 発表の準備 »

2014.11.12

社会見学と進路勉強/高1

Img_7546_2

今日は社会見学と、進路のこととを交えた授業で 市の福祉センターの見学。
これは親のためではなくて、子ども達が主体です。

センター内を見学・・・そして障害者総合支援センターの所長さん 玉木幸則さんが、子ども達と座談会をかってでてくださったのだそうです。 見学はよいけど ママ達は見守るだけ・・・という感じで同席させていただきました。

まずは 自己紹介。1人1人の名前、好きなもの・・・  みんなすごいんだよね
クラシック音楽、 おはガール、古畑任三郎、嵐、そして小田急。(ピンポイント過ぎる)

そして 「さあ 今日はなんの話しをしたらいい?」 と 玉木サン

Mくんが
「僕たちの好きなことは言ったので、玉木サンの好きなものはなんですか」

Koki
「自己紹介は終わったので、みんなで小田急を見たいです」 と 脱線気味

生活の中でいろいろなお話を引き出されました。 

君たちは子どもなのか?大人なのか?
(「死んだら大人」という意見がありました。深い・・・)

大人って何?
(「あと4年したら大人!」という意見がありました)

大人になったら何がしたい?
(「1人で買物に行きたいけど1人で行ったら車に轢かれる」と言う意見がありました)

ママやパパ、学校の先生との関わり
高校を卒業したら、誰とどう関わっていけばいいの?

・・・そんな話しを生活の中の話しや体験を通じてして下さいました。
奇想天外な意見や、かわいらしい意見がいろいろあって、とってもよかった♡
(ママ達は静かに見守るだけの時間)

帰りに 支援センターにも案内されたら、インクルーシブ社会の提言で有名な北野誠一さんがおられました。 先生は自立支援法や障害者基本計画などで、内閣府の政策委員会などに出入りされている方なのです。 毎週水曜日は西宮で活動をされています。

市の規模感と こんな方々がおられるので、実は国のモデルケースとなる前の制度お試し運用などが ところどころで実施されていたりするのです。

たくさんの仲間がいて、心強い・・・。 
明るい未来 楽しい未来でありますように!

|

« 足 不調 | トップページ | 発表の準備 »

・むすこ.特別支援学校生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 足 不調 | トップページ | 発表の準備 »