« 膝受診 | トップページ | apple watch »

2014.09.11

進路見学会

今日は1年生のママ、学校の進路担当の先生(とは言え、担任の中の1人)と 進路見学会へ。 
いよいよ始った進路について。 クラスメイトはどちらかというと割と似たようなタイプのお子さん。 なので、意見交換が活発だ。

今日は2つの施設へ。
1つの施設は進路のイメージとして合致。 imacがずらりと並んだ就労継続Aのお部屋にはちょっと感動した。



こちらは1つ目の作業所でいただいた、紙のおもちゃ。 絵は障害のある方が描かれたもの。 最近、アートが私の中で渦巻いているので ちょっとワクワクニヤニヤ。

Future blogのほうに詳細をアップしました。

もう1つの施設は最重度の障害の方の施設なので進路では無いだろうが、こちらは父母の会として、非常に強いつながりを持っている。 

日本の中でも先駆的な施設で、息子がまだ横浜の特別支援学校に居た頃、とてもやり手で優しいPTA会長さんに、 ここのことを すごく説明された記憶がある。 

これから どんなところと出会いがあるのだろう。
息子のどんな可能性が見れるのだろう。

楽しみたいと思っている。本当に。

進路を考えるのは 嫌だったり 希望を失いがちだけど、(今までもそうした瞬間は多かった)でも そうしたくない。 学校が一番だった・・・のは きっとそうだろう、私だって、学生時代が人生で一番楽しかったかもしれない。
もちろん 今の楽しいこと とは また 楽しいの質が全然違う。

時代を経てサービスや制度はあきらかに変わって来ているし、措置の時代から契約の時代へ、自由、豊かになってきていると実感しているから。

小中学部で身につけて来たものを 高等部で何か、見つけたい。

|

« 膝受診 | トップページ | apple watch »

・むすこ.特別支援学校生活」カテゴリの記事

・福祉 いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 膝受診 | トップページ | apple watch »