« PT | トップページ | さんぱつ »

2014.08.29

施設見学 神戸 Mしるべさん

神戸 石屋川界隈の施設さん 就労支援B型へ、父母の会のメンバーで見学。

もともとは 知的の支援学校に講演に来られたのを、父母の会でも・・・という流れで理事、三役のみでとりあえず 見学。

1つの本部事務所と5つの施設(うち4つは就労継続B型)  一見、知的の方がお仕事をされているのにはかわりはないが、 今まで見て来たところとは全然違う。

というのは、神戸で有名なチョコレートの会社さんの工場の一室と、機材もお借りして、作業をしている。

今までは自分たちで、作業所を作って、仕事を作って・・・というのが 私の解釈だったのだけど、 場所はあるし、仕事もある・・・というのが現状のようだ。

企業さんとしても、品物を作業所に運んで、できたものを取りに行って・・・という手間が省ける。 
そして、目が行き届く という利点もある。

残念ながら、 「普通のパートさんを雇うよりも・・・(安価)」というのも否めないけれども。

ただ、コチラ側の人間としては、「お仕事させてもらえるなら」「少しでもお給料をいただけたら嬉しい」  と なる。

例えば。 アフガニスタンとかの児童を安価で働かせている企業の衣料購入ボイコット運動などが日本でも言われているけれども。 遠い国のそういう現実、日本でのそういう現実、考えたら、腹が立つ・・・とかではなく、 人権とか 権利というのは おもしろい。

そりゃあ 私だって、お給料は安くても息子が働けるのは嬉しいから、まずは よいと思う。

この6年間 いろいろな作業所、施設を見て来て感じ方が変わって来た。
障害者の就労、雇用というのは 人材派遣の分野ではないかと感じている。

つながるかどうかはわからないけれども チーフの方は お子さん 親向けに

「仕事とはなんだろう? お金とはなんだろう?」

「社会人のマナーとは?」

なんていう講演を独自のテキストを作成して、研修している。

ああ〜 人材派遣、人材ビジネス、マッチング。 そういう視線なんだろうな。

目からウロコとは こういうこと。
とても 晴れ晴れとした気持ちの帰路だった。 

|

« PT | トップページ | さんぱつ »

・PTA」カテゴリの記事

・むすこ.ちょっとしたこと」カテゴリの記事

・福祉 いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PT | トップページ | さんぱつ »