« なかなかの森 | トップページ | 練習試合 »

2013.12.21

引き馬体験

カフェ(前投稿)の横に馬場がある。施設長さんが、乗馬セラピーを知り、すぐに英国で訓練の手配をし、スタッフを送り込み脳性麻痺の子ども達には、小さな馬がよかろうと、北海道の在来馬を2頭 買ってきた。

ニコルとベガ・・・だったかな?
ある時は 英国のアン王女も視察に来られたそうだ。
アン王女はRDA(英国乗馬セラピー協会)の会長だったと思う。

Dsc00051

ニコル。

馬に乗るのはオーストラリアの養護学校に行った時以来。小1だったと思う。

最初は緊張・・・でも 乗っているうちに 楽しい気分が勝って リラックス。
そして

「ニコル、進め!」
「停まれ!」

と自分で言って、それに従うニコルに対して信頼感が生まれてきた様子。
あまり喋れなかった小1の時とは そこが違った。

おとなしくて賢いニコル
カメラを向けるとカメラ目線。
ここの施設では 人も馬も本当にかわいらしい人ばかり。

Dsc00030

最後は本当にいい笑顔だったと思う。

なんだか嬉しかったな〜

スタッフの方もとても慣れておられる。

Dsc00020

ハンガリーの脳性麻痺の訓練法の椅子が ここにも。

木工展、カフェ、乗馬。
施設のフルコースを楽しませてもらえました。

|

« なかなかの森 | トップページ | 練習試合 »

・Comfortable Life」カテゴリの記事

・むすこ.ちょっとしたこと」カテゴリの記事

・旅・おでかけ」カテゴリの記事

・福祉 いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なかなかの森 | トップページ | 練習試合 »