« M療育園OT⑦ | トップページ | キャンプより帰宅 »

2013.06.14

単独入院が決まりました

Dsc01708

大阪のM療育園で、息子の単独入院が決まりました。
期間は6〜8週間
オペ入院ではなく、 第二次成長期を迎えるにあたって、身体パフォーマンスをupしておこうという取り組みです。

今回は2009年 小学校4年生の時に比べると、

・オペはしない
・院内学校が無いので、転校もしない
・受給者証を使うようないわゆる措置のような扱いではなく、普通の入院という扱い 

なので、非常に手続きが少なくてラクなのです。 転校したり、家から離れるという扱いになると、障害児の手当や、様々な扱いが変わり、膨大な手続きが必要なんです。

学校が無いというのは 日がな1日 暇だろうな という思いもあります。
前年度までは、院内学校があったのですが、すぐ近くに養護学校ができたので、そちらと統合されたようなんです。

ただ、ずっとベッド上で過ごすのではなく、プレイルームという広いお部屋があって、そこで学習指導員さん達が、学力が低下しない程度に、お付合い下さるようです。

前回、入院した病院で心の底から大変だった 「洗濯問題」。洗濯は親がやっていました。 精神的なことで、わざとおしっこをちびったりしていたのと→ リンク 、膨大な量の包帯の洗濯が 毎日 毎日・・・

シャーレというギブスのような、通称、スケキヨといって、このblogでも大人気だったんですが、

Img_4330

(笑 引越の時、捨てました) これを足に固定する為に、膨大な包帯を使うんです。

毎日、洗濯・・・洗って・・・伸ばして干して・・・ 巻いて巻いて・・・

Img_3413_1

毎日、面会〜洗濯ものを持って帰って、新しいのを持って行って。

意外に大変でしたね。

今回の病院では、病棟でお洗濯をしてくれるのです!! なので、少し安心。

「全員のものを一気に洗って、大きな乾燥機でまわしますが、いいですか?」

喜んでheart04

・外泊は、土曜日の朝、連れて帰る

・病棟に帰るのは日曜日の夜、夕食も食べ終わってから。

・お風呂は火曜日と木曜日の2回だけなので、週末は原則、家に帰って家で衛生的にして下さいとのこと。

・iPodは Kokiはもう中学生で、約束が守れるのなら、ナースさんと約束を作って、寝る前、30分だけ使う、それ以外の時間はナースステーションに預ける 等の形で使用可能。

ただしSNSで以前、入院中に問題があったので、入院中のSNSは禁止

携帯電話もOK
毎晩、9時にお母さんに電話をかける というのも可。使わない時以外は預ける

・・・という イマドキ、小学生の時とは違ったものもありました。

病棟の見学に行きました。まだ小さなお子さんから、中学生まで。 

明るくてカワイイ病棟でした。手術室も同じ所にあって。オープンスペースのナースステーションや、プレイルームが明るくて。

でも 本人はちょっと緊張してて、一通りまわったら

「はい ありがとございましたー では 帰ります さようなら」

と 出口に向かっていました。

やっぱりちょっと入院はイヤなようですね。 オペはしないって言ってても、やっぱりちょっとイヤみたい。

そりゃそうだよね。

なかなかこの年齢で訓練入院は無いそうなので、与えられた機会に感謝して、過ごして行きたいです。

|

« M療育園OT⑦ | トップページ | キャンプより帰宅 »

・むすこ.PT・OT・自立活動など」カテゴリの記事

・むすこ.ちょっとしたこと」カテゴリの記事

・むすこ.装具・自助具・通院・診察など」カテゴリの記事

コメント

親元離れて過ごすって言うのは大事よね。
何時までも親はいてられないし。
うちもな~~グループハウスの案内とか来るけどやっぱまだまだ手放せない。
過保護でもいいもーん( ̄m ̄*)プッ
身辺自立出来ても次の日の服の用意とかシャワーの温度調節とか自分でちゃんと出来ないもの。
奴に任せたら夏に冬服着るくらい朝飯前(笑)

幸ちゃん、成長して帰ってくるかな?(´∀`*)ウフフ

投稿: ふぢ | 2013.06.15 23:04

@おふぢさま

すぐに親元を離す必要はないけど、その心の準備はしてあげたほうがいいよね。 けっきょく、急に大変な思いをしちゃうのは子どもやもん。
息子も前回の入院でかなり世渡り上手になってたわ 笑)毎日 別のナースさんに 「大好き♡」とか言ったりして。苦笑
そーやな、夏服→冬、着替えみたいにルーティンでこなしていることって、応用難しいよな。わかるわかる。

投稿: keikei | 2013.06.16 07:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« M療育園OT⑦ | トップページ | キャンプより帰宅 »