« lady 検診 | トップページ | 宝塚歌劇「ロミオとジュリエット」観劇・星組編 »

2013.06.11

第5回市内事業所合同説明会 「わたしが選ぶ わたしの進路」

先週の土曜日のことです♪ 
市内の33の作業所・事業所が集まり 合同説明会がありました。 
主催は西宮市自立支援協議会 しごと部会。 部会は「こども部会」とかいろいろあるんですよ。 それはおいといて。

昔、仲良くしていた作業所さんの所長さんと ご挨拶したり・・・→ リンク 

珍しく、IT系の事業所がありました。

Dsc01379

ピアノを弾いてるみたいにキレイな手指・・・って友達がこの画像を見て言ってくれました。

「知的に遅れてるからこんなところでの仕事は無理だろーなー」 と 思いながら話をきいてみました。

その間、PCで遊んでいました。

所長さんのお話によると

「お仕事をしてもらう第1条件は、PCを触っていてもストレスにならない人である ってこと!」

ということでした。 

いろいろなお話をしたのですが、

「この子らの可能性はすごいねん! どんな可能性を持っているのか、それを探したらなあかん!」

ということで・・・

「もう中3、しっかりと卒業後について考えとかなあかんで!」

とも言われて。

でも今まで見聞きしてきたところと全く違ったのでかなりおもしろかったです。

養護学校の先輩も居られました。

彼は 知的には健常で、一般企業に勤められたそうですが、病気の進行の為に、フルタイムで働くことが厳しくなり、こちらの事業所さんにかわってこられたとのこと。
収入はガターンと減ったけど、今の生活ペースが大好き とのこと。 

知的に問題の無い方、どちらかと言うと 精神的に仕事に行くのがしんどい方・・・という 様々な方がおられました。重複障がいの方は居るのかな〜。

「また今度 遊びにおいで。パソコンいっぱいあるで」

とのこと。

今まで 仕事と言えば 「何かを作る」ことしか考えたことがなかった。
大好きなCoco Farmのワイナリーとかパンを作るとか 農作業をするとか さおり織でもできたら と 思ってばかりだった

その技術を覚えさせようかとか
私もパンを作るようになろうとか
あげくの果てには特訓するしかないのか とか 思った時もあった

幼い時と同じサイクルになってはいけないよね。(訓練漬けの毎日)

一方で、職業学校の見学に行き、障がい児達はもう 手作りのパンなどは作っていない現実を見た。
パンは冷凍生地を買って来て アレンジして焼くだけだ。

まあ、Kokiが入って仕事をできるかどうかは関係なく、この西宮市の近くにそんな事業所があった。出会った、お話を聞けた。
それは これだけですごいことだ。 そう思っている。

|

« lady 検診 | トップページ | 宝塚歌劇「ロミオとジュリエット」観劇・星組編 »

・PTA」カテゴリの記事

・むすこ.ちょっとしたこと」カテゴリの記事

・福祉 いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« lady 検診 | トップページ | 宝塚歌劇「ロミオとジュリエット」観劇・星組編 »