« キャンドルナイト企画 朝ヨガ | トップページ | imovie Work Shop »

2013.06.23

自主訓練会

学校の自立活動集中勉強会 リンク で すごいな〜 と 思っていた先生が居た。 明るくてはきはきされてて、子どものやる気を引き出す感じ。 

隣に座って見てたママが

「あの先生の自主訓練会を私、企画してるねん!来る?」 と 言って下さって。

まあ たまたま そんなお話をいただき、行ってきました。 いつも父母の会の理事会で使う会館。2人ずつ、1時間、2人の先生と先生の卵、お1人。

Img_6078

先生の考えは 

間違った姿勢で 頑張れ〜 もうちょっと立て、伸ばせ

といったところで、身体は無理をしているだけ。 その前に もっと 大きな関節から、言えばもっと大きなパーツから 身体をゆるめて、ほぐして そして 頑張ってもらわないと。

ちょっとのコツで身体は全然 かわってくる 
→ やりやすくなることを知る 
→ こんな風に自分の身体ってやれるんだと気がついて
→前向きにやろうとする

ハンディキャップヨガに似てますね。

リリース&ストレッチ

弛緩

Kokiの足首は 痙直とか せん足の関係でいつも外側とか内側に入り込んでいるのですが

これも背骨や骨盤や股関節をゆっくりとゆるめた結果 こんなにも真っすぐ 足が伸びるのです。

もし 這う時もこのような形に持って行ってやれれば

腰の左右差はなくなるはず

面倒だけど、這う時、後ろから ほいほい って 足に手を添えたったらええよ!

ちょっとのことやけど、毎日のことやから。すると うまくいったら

バニーホッピング(両足で飛ぶように這う)のではなく、這い方に交互生が出て来る

=歩行の時に左右の足が出易くなる

もうこれは 1歳の時から 呪いのように私を縛り続けて来た言葉なのです
もう 思い出すと 今でもちょっと涙がにじみます

足の交互性  

それって 足だけのことじゃないんだよ

人の身体は全て つながっているからね

またまた 聞いた言葉ですが

今はそんなに自分を苦しめずに済みそうです。

また次回は9月。

素晴らしい企画をしてくれてるMちゃんママ! ありがとう!!

|

« キャンドルナイト企画 朝ヨガ | トップページ | imovie Work Shop »

・むすこ.PT・OT・自立活動など」カテゴリの記事

・むすこ.ちょっとしたこと」カテゴリの記事

・むすこ.装具・自助具・通院・診察など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キャンドルナイト企画 朝ヨガ | トップページ | imovie Work Shop »