« Yoga smile 2013 | トップページ | 5月ハンディキャップヨガサークル »

2013.05.19

保育園でハンディキャップヨガ

10年前にお世話になった保育園です。
今ほど、障がい児に優しくなかった時代でした。 

「おむつがとれていないと、幼稚園には入れませんよ?」

「保育園に入りたいって、お母さんは働いているの?保育園は共働きの家庭じゃないと。」

母子通園の毎日で、どうやって私が働けるのでしょう? 
息子を抱いて、年子の娘をおぶってある時は双子用バギーを押しながら 泣いて歩いていました。
その時に、唯一、息子を引き受けてくれた保育園がありました。療育園だけでは経験できないようなことを たくさん体験させてもらいました・・・。  
そちらからハンディキャップヨガのお話をいただきまして・・・嬉しかったです。


ちなみに10年前。 

「『お宅のお子さんが、障がいがあっても日常生活はできる!』って言うなら、お子さん、この椅子を持って2階まであがってみ!」 とまで言われた人も居たと聞きました。

昨日、乙武さんのレストランでのあれこれがtwitterに流れていましたが、もし、障がいが無ければ、普通なことなんです。
幼稚園に行くのも、レストランに行くのも、電車に乗るのも 普通にできて当たり前、

たまたま 障がいがあるから・・・ 

さて、さて、この会は障がいのあるお子さん、在園児から卒園児(成人も)で構成されています。 だから 私も会のメンバーなのだ♪ 

今日は初めての先生方 2名に来ていただきました。 
先週、お顔あわせ、打合せもして、なぜかとても優しさと安心感があり、個性も感じる先生方でした。

Dsc01124

日がさんさんと入る、木々の緑濃い 気持ちのよいサンルーム

2名のパパ様も来られ、始めは陰ヨガでじっくり・・・と自分の身体と向き合いました。

ところどころ お子さんも参加されていました。 あっちに行きたくなったら私と遊びに出て・・・ 発達のお子さんとの距離感というものを 教えてもらえました。

中盤でペアヨガへ

Dsc01131

ヨガ後は、質疑応答。

「ストレッチとヨガはどう違うの?」

「ふだんの生活に呼吸ってどうやって意識したらいいの?」

「こういう時間って絶対に必要だよね」

「頭の中が 真っ白!!! っていう瞬間があったよ〜。スッゴイ

ご参加下さったのは1歳〜26歳のお子さんの親御さんでした。

小さい時の訓練の話、出産の時の後遺症で今も痛みをひきづっているママさん・・・
学校のこと、就職のこと、障がいのこと・・・ いろいろな話をしました。 

4

身体にいい食材やお米、大豆、作業所さんが作ったパウンドケーキやクッキーも並びます。

Dsc01127

太陽光発電といい、ヨガといい、まるで アウトドアヨガフェスティバルのノリだね〜笑)

あの時、本当に私達を救って下さった保育園・・・
今日は体験イベントだったけど、 少しはご恩返し、できたかな・・・ 

ハンディキャップヨガサークルのページへ リンク

|

« Yoga smile 2013 | トップページ | 5月ハンディキャップヨガサークル »

・Life with Yoga」カテゴリの記事

コメント

うちの地元でもそんな感じやったわー。母子通園で昼までで月2万、それが嫌なら家で子供見てろと。
即隣の街引っ越した(笑)
普通に入れてくれたわ。
養護だって学校へ行く用事多いのにどうやって働けと?と生活保護申請でも行ったけど却下。
貰える人は虚偽でも貰えるのにね~

乙武さんのは店のHPにも「車椅子の方は事前に言ってください」と書いてて店もエレベーターなしの狭い所で店員2人で忙しいのに「下まで降りてきて抱えて上って」と言ったのを断ったのよね。
事前に伝えてれば起こらなかったのだけど。
今は和解してるらしいね。

投稿: ふぢ | 2013.05.20 10:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Yoga smile 2013 | トップページ | 5月ハンディキャップヨガサークル »