« M療育OT④グリップ付鉛筆の巻 | トップページ | 練習試合 »

2013.04.26

M療育園PT③

15:30〜16:10  2単位

Dsc00533

春休みから一転
身体状態がとてもいいと言われました。 
背中を反らずに腰、骨盤を立てることが。 
もちろん、先生が押さえて下さっているからですが、背中を反らないクセがとても大切。

初回は、ずいぶん固かったり、身体のこわばりがあったようですが、この2回は殆ど感じられないとのこと。 学校が始まってコンスタントに身体を動かせているのも大きいと思うな。

今日はまず仰向けになって、足の交互運動 片足だけあげたり、おろしたり

はいはいの時に、わりと 交互性はあるのだけど歩行になると交互性が弱くなるのはなぜかしらん・・・とのこと

そして立位。(画像のような)

歩行は先生が脇の下から手を入れて、あくまでも「歩く」だけではなく、膝、腰を伸ばしてから足を出すということに集中

機能としてはよく動いているから、この動き辛さは、きっと体重の増加によるものでは・・・という話に。(1年で4kg増えました)

やはり、歩けていたお子さんも30歳、40歳を迎える頃に、急激に衰える
一方で筋肉は固くなっていく
今のイメージでは、脱臼などはないんじゃないかな〜とは思うけれど、
二次障害とまではいかなくても、年齢と共に身体は辛くなる

そんなネガティブなイメージの話はしたくないんだけど・・・と すまなさそうに先生。

心配ばっかりしててもしかたがないのでね

先生が

「ところでさ・・・あと、たった4年で、卒業だよ! 働くの?」 

という質問に

「ローゲンマイヤーでお仕事するよ!」 と 答えていました。

・・・電車が見えるパン屋さんです・・・苦笑

障害者雇用しているのかしらん・・・?

|

« M療育OT④グリップ付鉛筆の巻 | トップページ | 練習試合 »

・むすこ.PT・OT・自立活動など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« M療育OT④グリップ付鉛筆の巻 | トップページ | 練習試合 »