« 理科 授業参観/中2 | トップページ | キネステティックス ミニ勉強会 »

2013.02.01

創立記念日/中3

息子の学校が53回目創立記念日でお休みでした。

昭和34年 H小学校の仮校舎に全国で11番目の肢体不自由児養護学校として誕生・・・

当時の児童数は50名、学級数は4クラス、教職員は8名でした。(創立20周年記念誌より)
昭和35年1月24日に現在地に校舎感性、移転、同年2月1日に校章制定。

昭和34年にはスクールバス1号による通学開始

開校時には日常的に介助を要する子は保護者介助が原則でしたが、昭和44年には2名の介助員が配置されました。

昭和54年養護学校義務化に先駆けること8年、昭和46年には希望者全員入学を果たしました。
昭和48年には週1回の保護者による「お母さん介助」も試みられましたが、昭和50年には母親による校内介助全廃、じょじょに現在の介助耐性が整備されてきました。

現在の通学援助態勢も昭和51年には確立し、平成5年には看護士態勢が配置。
手話47年には近所の小学校との交流が始まりました。(50周年記念誌より)

平成19年度には学校教育法の改正により肢体不自由児を主障害とする児童生徒の特別支援学校、センター的機能を二夏特別支援学校として歩みを進めることになりました。

|

« 理科 授業参観/中2 | トップページ | キネステティックス ミニ勉強会 »

・むすこ.特別支援学校生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 理科 授業参観/中2 | トップページ | キネステティックス ミニ勉強会 »