« 重症児者の防災ハンドブック 3.11を生き抜いた重い障害のあるこどもたち | トップページ | 札幌1日目 »

2013.01.17

震災から18年

阪神大震災から18年。 改めて被災した方に想いを寄せたいです・・・
こちらの学校では防災の日のように過ごす学校が多いです。

こちらの本もご活用下さい → リンク 

市の肢体不自由児父母の会でも、大災害の時の地域病院との連携、津波の際の避難の在り方、もっと外に知ってもらう養護学校になるためには・・・という取り組みを始める予定です。

今日の息子の学校の防災訓練の様子は・・・
以下 連絡帳より

防災訓練では、常備している防災頭巾がみんなの注目の的でした。
しかし、(家からかぶってきた)茶色の帽子と防災頭巾をダブルでかぶると前方の確認ができず、地面をみがちでした。

防災訓練の行き先はT小学校を北にあがったマンションまで。
大人の足で学校から10分、車椅子では15分です。
道の様子、建物の様子を確認しながら行きました。3階建ては津波がきたらつかってしまうので5階建て以上の建物をチェックしつつ、道の様子も見ながら行きました。でこぼこ道は進みにくいので 避難する時、ここはやめようね などと言いながら。

現地では津波避難ビルのマークを確認、来た道の確認、帰り道ももう一度、確認しながら帰っていきました。

学校に帰り、アリーナで 「何か気付いたことがありますか?」の質問に

「高速道路!」と答えていましたが、Mくんに先に言われてしまい、少し淋しそうにしていました。
行く途中で、この阪神高速道路が、以前の地震で倒壊したことをみんなで話して、倒壊したら避難所には行けないね・・と話していたことを覚えていたようです。

・・・ でも もうそんな日が来ないで欲しいと祈るばかりです・・・

|

« 重症児者の防災ハンドブック 3.11を生き抜いた重い障害のあるこどもたち | トップページ | 札幌1日目 »

・Life with Ethical」カテゴリの記事

・PTA」カテゴリの記事

・むすこ.特別支援学校生活」カテゴリの記事

・福祉 いろいろ」カテゴリの記事

コメント

頑張ろう

投稿: ちーちゃん | 2013.01.18 08:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 重症児者の防災ハンドブック 3.11を生き抜いた重い障害のあるこどもたち | トップページ | 札幌1日目 »