« ほたる | トップページ | 市の肢体不自由児父母の会 総会 »

2012.06.02

自立活動集中学習会

今日から2日間、息子の学校は「集中学習会」。 昨年は、参加しませんでした。

学習といっても、肢体不自由の学校なので「体」の勉強。
今年1年間の毎朝の自立活動で何をやっていくのか?を決める大切な2日間。

その子の状態によって、臨床動作法とFBM(ファシリテーションボールメソッド)のチームに分かれ、それぞれの専門家の先生が来てくださって教師が個々の子供に合った指導法を学びます・・・ ひとつ先輩のTさんの説明を拝借いたしました。

そこまでのものとは思っていなかった。 でも 生徒数61名の学校に10名位の先生が来られて1日中 自立活動。

Dsc03396

すごい企画。

こちらの学校では毎日、身体の自立活動があります。
学年の先生が日々、交代で行います。これは、先生方全員でそれぞれの子どもの身体の理解を深め、アイデアを全員で出し合おうという考えのもと。

Dsc03377

以前、この学校にお勤めで、定年後、動作法の勉強会等をあちこちでなさっているK先生が、担任の先生方にたくさんのアドバイスを下さいます。

Kokiに関しては

・高等部を卒業する頃には 杖で歩けるかもしれない。それも今からの訓練の積み重ね。とても地道なことだけど、ばかにしない。

・一見、すごく出来そうに見えるが、今はできる姿勢で、強引に次の姿勢へ移っている。
今はよくても、これからどんどん筋肉がついていく中で、身体に負担のかかる筋肉の付き方となってしまう

具体的には

・骨盤の左右の分離。腸腰筋の使い方。

・座位での腹筋の使い方と、骨盤の前傾のクセ付け。
総じて円背(えんぱいと呼ぶ) ↓ の改善
これは 肩甲骨を開くこととも関係がある (道子先生のヨガに通じる)

円背→骨盤の後傾→ 肩甲骨の引き込み と 全てはつながっている。

Rosit2

・肩甲骨の動かし方
自分では動かせないパターンを 動かすようにリードしてやる

Dsc03382

総じて・・・

・自分の意識を自分の身体に向けさせなければダメ。 
ただ、あやつり人形のようにさせるのではなく、自分で自分の身体を動かしているという意識を持たせなければ意味がない。

この子は考えて、わかる子だよ・・・と言って下さいました。 嬉  

すごくいいご意見・・・。最近 自立の時は あくびばっかりして 適当に手を伸ばしたり、適当に抜きながら座位をとっていたりしますからね。笑)

お子さんはファシリテーションボールを使った訓練などをされているお子さんもおられて、 あ、これ、先日のハンディキャップヨガ 神戸でのイベントの時、重心のお子さんにこの方法を行ったなぁ! 

いろいろなこと、 目からウロコでした。 

この集中学習会。隣の市では、夏休みに行ったり という形もあるそうです。

足の怪我の痛みがまだ残っているので、残念ながら、歩行などはできなかったのだけど・・・ すばらしい時間でした。

明日も続きます。

|

« ほたる | トップページ | 市の肢体不自由児父母の会 総会 »

・むすこ.PT・OT・自立活動など」カテゴリの記事

・むすこ.特別支援学校生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ほたる | トップページ | 市の肢体不自由児父母の会 総会 »