« 第1回 扁平足を矯正の装具診察 | トップページ | 大老人と観光いろいろ »

2011.03.04

副学籍交流 最後の日

地域の小学校の 「卒業 進級を祝う会」
横浜には「副学籍」の制度があり、本学籍は特別支援学校、副学籍は障害がなければ通っていたであろう地域の学校にもあり、イベント的に参加する 「交流授業」があります。

数ヶ月ごとに地域の小学校を訪問して 一緒に活動してきたKoki 6年間いろいろなことがありました。楽しいイベント、福祉を考えるイベント、親付きでしたが、林間学校にも参加しました。

今日はこの学校の5、6年生合同で祝う会。

ちなみに これは支援学校の先生と一緒に作ったお礼状
自分で書いたんですって・・・

Dsc02683

それぞれ・・・

Dsc02685
Koki自身が言った思い出

Dsc02686
ふむふむ

Dsc02687
ふむふむ

Dsc02688
そっかー

Dsc02689
そんな思い出があったんだね・・・
さて 会のほうはと言うと・・・

5年生は6年生になるにあたっての決意表明を1人ずつ述べ、6年生にエールを送る。
(ちょうど Akiの親としても参観です)

6年生は 「感謝のことば」 
親御さんでも友達でも誰に対してもいいんです。1人ずつ段上に上がってスピーチ。

Koki も段上に上がって スポットライトを浴びながら 友達にマイクを持ってもらって 言うことができました。 一緒に過ごしてくれた友達に感謝。

Dsc02707

6年生は ソーラン節も踊り・・・
合奏もあり・・・
最後は 5年生に来年 学校を託すにあたってエールを送る。

ここにも6年間の思い出があるんだなぁと思った。

給食のメニューが嫌いだけど泣いたらいけないと かんしゃくを起こしてお盆を噛んだこともありました 笑

突如 プロレスの技をかけられたこともありました 笑

みんなの大きな声が怖くて泣いたこともありました 笑

遠足に行ってオタクくん男子と並んでずっとパソコンをやってたこともありました 笑

低学年の間は、放課後支援の会にも参加させてもらっていて、夏休みも毎日 地域の学校で過ごしました。

今日は 「最後にお部屋に来てね」 と 言ってもらって、たくさんのアシスタントさんに別れを惜しんでもらい・・・

本当にたくさんの人、先生、子どもたちが

「あっ こーちゃん!」

と 言ってくれるのがありがたくて。

送る会を見学に来ていた前任の校長先生と 今の校長先生にお礼を言い 小学校を後にし、地域の交流はこれで終わりです。
中学生になったら交流はしないつもりです。

感謝。貴重な体験でした。

家庭、特別支援学校とは違う 完全 Awayの環境でその年なりに頑張って来たと思います。 地域はもちろん いろいろな人の中で 生きていかなければならないような気がするから。

また 卒業が一歩近づいてきました。

|

« 第1回 扁平足を矯正の装具診察 | トップページ | 大老人と観光いろいろ »

・むすこ.特別支援学校生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540912/51030768

この記事へのトラックバック一覧です: 副学籍交流 最後の日:

« 第1回 扁平足を矯正の装具診察 | トップページ | 大老人と観光いろいろ »