« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010.08.31

itunesで心ゆくまでお買い物

※いろいろコメントありがとう!ちょっと忙しくしてるので、また必ずお返事します。ごめんね〜! 

さてさて 今日で8月も終わり。まだ残暑は続きますが、蝉のなきがら、すずむしの声、月の美しさ・・・秋の気配を感じるひとときも・・・しかし 日中は暑いよ!

itunesの請求に・・・

太鼓の達人 +プラスバージョン 600円
太鼓の達人 2  600円 
計1200円 という請求がありました。

えっ!? 

太鼓の達人は最初にバージョン1を購入してそれっきりのはず・・・

もしや・・・ と Kokiの iPod touchの画面を見る。一応、お仕事用なんですけど、最近はiPhoneでことたりているので、最近はKokiのおもちゃに・・・

15

4つも並んでいる太鼓の達人はなんだーーーー???

なんと 自分でiTunesにアクセスして、太鼓の達人を検索、次々に購入したようです。 ログインはどうした?

たぶん夫が 「購入時 自動ログイン」に したままだったようです・・・その機会を逃さず すかさず購入したのがスゴイ・・・

これからはきちんと毎回ログアウトしなくては と 思う・・・涙
1200円って微妙に悲しい・・・野菜高騰の夏に憂う

私の8月のitunesはまた後日。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.08.28

日本新聞博物館 

2日も更新しなかったー 疲れてました。笑 土曜日のことです。

いつも行くgooz cafeの近所、中区に本大通りにある施設
Kokiが学校のグループの校外学習で行き → リンク Akiにとってもよさそうなので行きました。

日刊新聞発祥の地、横浜ということでこの博物館があるようです。2Fから9Fまでさまざまな展示があります。 ミニシアターでは言論の自由を巡る歴史のショートムービー、企画展示室。新聞の歴史探訪常設展、ライブラリー、新聞製作工房・・・などなど。

入館料 大人500円 高校生300円 小中学生は無料
身体障害者手帳提示で本人と介護者1名は無料

※リピーター割引 前回の入場券を持参すると100円引

月曜休館 Am10:00~Pm5:00まで

まず 企画展 
イラストレーターや漫画家さんのポスターですね。テーマは地球を守れ的なもの
風刺が効いてるものが多く、大人が見たらおもしろい感じ。

Dsc00030

次に 新聞の歴史のショートムービー 15分 
古く カエサルの時代まで遡り、ヨーッロッパ、日本での言論の弾圧の時代を経て今に至るおはなし 娘いわく

「日本も外国もやってること、一緒やな・・・」と呟いてました 

次にお待ちかね、「自分たちの新聞を作ろう!」 Kokiたちも社会見学で作ってきました。 とっても楽しみにしていたAki。   まず 2枚の写真をとってもらいます。

Dsc00043

そしてあらかじめ記事になっているひな形に、自分たちの名前をパソコンで打ち込みます。 全くのオリジナル部分は 110文字の フリーコーナー
夏休みの思い出でもいいし、なんでもいいとのこと・・・

感想を書いていたら、昔は記者さんだった? おじいさんの琴線に触れたようで・・・

「あなたは素晴らしい!! かつて 『言論の自由』に触れたお子さんは居ないよ!」  かくかくしかじか・・・

Dsc00057

「文の書きはじめは、段落と言って ひとこま空けるのは学校では習っていないかい?」

「こことここに『初めて』という表現が2度 入っているでしょう?これは どうかな? 初めてを使わずにどう表現できるかね?」

と 延々と指導が続きました。こういうの、家で言うと 「いーーの!」って風になるからありがたいです。 学校の作文でも「書き直し」ってことはないしね。。。 恐怖 ゆとり教育。

Dsc00109

こんな感じにできました。大騒動の割にいたって普通だと思うけど・・・

Dsc00110

その後は常設展 新聞の歴史 歴史上のできごととからめあいながらの展示

Dsc00065
お人形が説明してくれます
大正デモクラシー、選挙権などなど 大人にも難しいけどね〜
女性に選挙権がないことにえらく反応、立腹してました 笑

Dsc00067
お気に入りコーナー のらくろ  のらくろ大好きなのです 
旧仮名遣いはのらくろで習得した娘 笑

大きな事件の一面の展示 あったねぇ 

Dsc00073

こんなのも

Dsc00074
この時 西宮市民だった・・・
いろ〜んな施設があって、この景色 from 9F

Dsc00088
2FにあるCafe de la presse
横浜で一番好きな場所かも・・・

31
建物は昭和4年旧横浜商工奨励館。
横浜市認定歴史的建造物ということで全体が古き良き雰囲気。宝塚ホテルみたいな雰囲気。わたし 骨董好きなので、癒されます。

3時間位過ごしましたがAkiはもっと居たかったようです。Kokiが帰りたくなってしまってぐずぐず言っちゃったので後ろ髪ひかれつつ帰宅でした。 

ここも 貸し切り状態! 笑 いい施設なのになぁ〜 (涼しいし 笑)

続きを読む "日本新聞博物館 "

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.08.27

2010 夏休が終わりました

Img_2792
昨日書く予定だったのだけど 眠気に勝てず・・・
暑い暑い夏でしたねー

Koki 小学生最後の夏休みでした。別に来年とそう違いはないんだけど、これからの大きな違いは・・・小学校の間だけであろう 横浜市の公立小学校の放課後児童支援事業で休みごとに地域の小学校に通えてたこと。

朝9時から夕方5時までお弁当を持って、アシスタントの先生や小学生と日々、過ごしていました。私が助かるのはもちろん、本人も家に居てもテレビを見るばかりになってしまいがち・・・。 

来年からはそうなってしまうのかもしれないけれど・・・ 縁日でかき氷、たかってくる蚊をよけるために日々、車いすに蚊取り線香をぶらさげて 笑

すっかり「長い休みに来るKokiくん」と定番に・・・そして いつもみんなに

「ありがとう お疲れさまー!」と言うKokiにアシスタントさんもとても喜んでくれました。「今度は運動会でね!」とお別れ 

Img_1340_2

今年の思い出として初めて参加した「手足の不自由な子キャンプ」 がありました。→ リンク
キャンプリーダーから少しお話を聞いただけと、健康レポートしかないので細かい話はわからないのですが・・・なんか高学年らしく? 帰ってからやたらと

「○○リーダーの首に チューした!! ギャハハ!!」

「ひゃ〜〜〜〜 エッチーーーー!!!」

を連発しているのです・・・他 Kokiらしく

「ごはんにいっぱい醤油かけすぎた」
「トイレ 何回も流した・・・」 という報告もありましたが・・・

今年は手書きで頑張った宿題!

Img_2794

好きなお料理を3つ書きましょう という国語の宿題には

「おすし やきとり ずり」(砂肝のこと)

涙 ママのカレーライスとかいうのはないのね? 

Akiは1人で大阪へ1週間

Img_1194  

いとこと一緒に「借りぐらしのアリエッティ」神戸王子動物園、兵庫近代美術館での水木しげる展などに連れて行ってもらいました。毎日遊び三昧

Dsc00136

そして自由研究にご協力いただいた日本とオーストラリアの皆さん ありがとうございました。こんなかんじのものができました。

2010年8月1日の空 
いろいろな場所の空 雲 気温 景色 それぞれが着ている服などを比較

Img_2758_2


みなさん ほんとにありがとう! 私なら赤道とか緯度とかも入れるけどねー!手出しはできないし このままで仕方なし

読書感想文は 今年度課題図書 「リキシャガール」

バングラデシュの絵の上手な10歳の女の子が主人公。3年間学校に通ったら、あとは家の手伝いをしなくてはならないバングラデシュの女の子達 学校に行くことも 町に出ることもできない習慣になっています。

「男の子だったらお金を稼げるのに」といつもお母さんに言われて育った彼女。ある日、お父さんの手伝いをしようとリキシャ(自転車タクシー)に乗る練習をしようとしますが、コントロールできず、大切なリキシャに大きな傷をつけてしまいます。

なんとか自分で修理をしたいと、男の子に変装し町へ出て、腕のよい修理工のもとへ・・・

そこで出会ったのは リキシャに美しい絵を描く、女性修理工だったのです・・・。バングラデシュにも海外からファンドを得て、女性も働くことができるという時代がこようとしていました・・・というおはなし

Tn_1050022824

Akiが帰宅してすぐ 私と母の九州旅行 → リンク
磁器、素晴らしかったし、焼き物は西洋 東洋を問わずして勢力と歴史のからみに感心しました。 

Img_1384_2
家族旅行がなかったのは夫が忙しくてどんどん個人の予定が入っちゃったため。笑。今年はキャンプも海にも行かなかったー

本当は私、サーフィンデビューする予定だったんだけど・・・残念。

今年は友人がよく東京に来る年でもありました。関西から連日おともだち。
苦楽園でご近所だった友達、書画のお稽古友達、春蘭ちゃん・・・友達に会うとほっとします。

昔の職場関係からも連絡があり、懐かしい再会もあり・・・遠くオーストラリアで20年前同じ職場で働いていた後輩が今、近所で障害関係の仕事をしていると聞き、なんだかこの再会に不思議なご縁を感じたものでした。

充実したといえばしてたし 遊び足りない?と言えばそんな感じもするし?
贅沢かしらね? 

続きを読む "2010 夏休が終わりました"

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2010.08.26

夏休み最後の日!

詳細は明日 疲

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.08.25

iPhoneアプリ/iBook &本の自炊

夏休みもあと明日を残すだけ・・・もう限界〜〜。
自分の周りを癒しで満たしたい。 母と九州旅行の時に→リンク 買ってもらったライト・・・いい思い出になります・・・

Img_2770
書画と紫陽花

Img_2769

さてさて、読書も日常から心を旅立たせてくれるもの。

でも、この1ページ、2ページの特集が好きで・・・と、本棚に一杯入っているのを どれだっけ あれだっけ? と探しまわるのもなんだかストレスに・・・

ものは増やしたくないし・・・ ということで

iPhoneアプリ iBook  無料

自分で雑誌をスキャンして保存すると・・・ iPhone や iPadの中で保存できてデジタル書籍に

Img_2777
iPhoneに取り込むと 手軽に読めて嬉しい 拡大できるしね。
お気に入りのコラムはいつも一緒でうれしい 

でも 本を読むならiPadのほうが快適 なんてったって大きいからさ。

いっぱいストックしておいても探すの簡単だと思うのね。

・・・ さて これはどうやって作業したか? というと・・・

いきなり癒しの空気から作業場へ 笑 

好きな雑誌。

好きなんだけどたまに本棚から出してきてながめるだけ・・・なので、意を決して好きなページをカッターで切る。

ツワモノのiBookerは背表紙を全て取ってしまい、全てを両面スキャンにかけてしまうらしいんだけど。私は必要ないページもあるから一部。

Dsc00017_2

会社にあった事務用両面スキャナー 特に最新とかいうわけではありませぬ。
でもかなり早く読み込んでくれる

Dsc00018_2

一旦 PCへ取り込んで iPhoneにはGmail経由で取り込んだ。 文字数が多いとそんなに容量はくわないみたいなのね。

※PCを経由せずとも自動的に保存されるという話もありますが試していません。 

Dsc00020
その後、iPhoneやiPadの中のiBookの本棚に自分が読み込んだデーター=デジタル書籍ができ、並んで行く

1
読みたいものを指でタップしてみれば

2_2
次のページを読みたい時は、人差し指でシューっ シューっとね。

こういう作業を「本の自炊」と呼ぶのだそうです 笑 

日本ではまだデジタル書籍が普及していない現実がある。こんなことでは mac TVも普及できないでしょうね・・・

でも このヘンの本は 切れなかった・・・画像も多いしね。

どんなにデジタルが普及しても、紙は紙で残って行くと思うんだ
メールが主流になっても 手紙が残っているように
もっともっと紙や手書きのあったかさをみんなが認めたようにね。


Img_2781

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.08.24

平和祈念展示資料館

夏休み 最後のフリーな1日 娘Akiとお出かけ。(Kokiは地域の小学校へ)

新宿 都庁周辺にある 平和祈念展示資料館 → リンク
JR新宿より徒歩か、都営地下鉄大江戸線 都庁前駅 A6 出口から徒歩1分
新宿住友ビル48階 開館時間9:30~17:30

時々、都営地下鉄でこのイラストをご覧になったことはありませんか? 

Dsc09972

さきごろ、NHK朝の連続テレビ小説 「ゲゲゲの女房」で、水木さんの戦争体験が出てきたので、ちょうどいい機会だと思って連れて行きました。
が、駅から、ビルまで 案内が全くなく・・・不安。まちがったんじゃないだろうか・・・ と 思ったら 案内が。結局、この1つしか看板がなく・・・

ビジネスビルを48階へ イメージよりもかなり小さめです。
ここは戦争の話の中でも特に、市民目線でシベリア抑留や海外から引き上げの苦労を展示しています。 とてもカメラを向ける気持ちになれなかったのでパンフレット画像を。

Dsc00015
Dsc00016

最初にシベリア抑留のスライド上映を見ました。

Akiにとっては初めて聞く話だったようで(「はだしのゲン」の中に出てくるので、事実としては知っていますが)私も具体的なことを見聞きしたのは初めてで・・・ 

俳優の石丸謙二郎さんのお父さんがシベリア抑留されていたそうで(戦後 無事 復員)現地を訪問されていました。今もまだ、シベリアの原野の中に当時のまま、まるで朽ち果てるものか・・・と、無念に亡くなった兵士の怨念が残させているかのような兵舎が至る所にあるのです・・・

復員して来たお年寄りの生のインタビューなど・・・ 本当に恐ろしい体験に 涙

当時の防寒具を着てみよう というコーナーあり、当時の様々な展示物あり・・・

↓ 西村晃さん 戦時中は小隊長にまでなられたそう・・・

Dsc09977
水木さんの絵が展示されているわけではなかったのですが、資料室にこんなものが。ドラマでも出てました、「ラバウル戦記」復員されてすぐに自分の記憶に留めておきたくて描かれたというもの

Dsc09993
これもドラマの中で見た絵

Dsc09994
南方なのでワニに食われる兵隊も居たとか・・・

心に残った本、「私の8月15日」
終戦をどこでどう迎えて何を思ったか そして 絵で表現している本

Dsc09978
大阪のアメ村の大きな壁面の絵を描いた 黒田征太郎さん

Dsc09989_2
6.23 OKINAWA  8.6  HIROSIMA  8.9 NAGASAKI   8.15  JAPAN
と描かれています

こういう見る側の想像力で想いを受け止める反戦メッセージもイイ。

↓ 漫画家 森本清彦さん 

Dsc09987

他にもいろんなものがありました 赤塚不二夫さん さいとうたかをさん 手塚治虫さん 里中満智子さん 疎開中に東京大空襲で天涯孤独になってしまった海老名香葉子さん・・・ 紹介しきれないわ・・・ 

↓ やなせたかしさん

Dsc09980
↓ なんとなくは見聞きしていたけれど

Dsc09984_2

戦争関係の資料館は1年に1つは、娘と訪問するようにしています。今年は ロバート・キャパ展にも行ったので → リンク 2度目

あるのか ないのか わからないような施設なので見に来ている人も本当に少なく・・・。しかし48階の窓から見える景色は本当に美しく、展示物とのギャップがなんとも物悲しい。
独立行政法人なので、もしかするとそのうち事業仕分けされるかもしれませんね。

その後 コンランショップでwindow shopping して帰宅・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.08.23

iPadアプリ/動く絵本「クマとスカーフ」

動く絵本が登場♪ しかけ絵本です。画面の中のいろいろなところをタップすると、カワイイ音とともに反応します。無料アプリです。嬉しい♪

クマちゃんがジャンプしたり、虫が飛んだり、しかけがいっぱいかくれてます。

今日は動画で一緒に楽しんでね〜♪ で・・・続きを読むほうにはおまけ付き

続きを読む "iPadアプリ/動く絵本「クマとスカーフ」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.08.21

BONNODORI・根岸ベース

Kokiの入浴介護でお世話になっているヘルパーさんから教えていただいて

U.S. FLEET ACTIVITIES YOKOSUKA, YOKOHAMA DETACHMENT, NEGISHI NAVY HOUSING COMPLEX

合衆国海軍横須賀進駐艦隊横浜分遣隊根岸住宅施設

横浜 根岸森林公園を囲むようにある 通称、根岸ベースでおこわなわれる 親睦 盆踊りナイト 15:00~21:00 

Dsc00262

同じマンションのhitrotoさん&娘ちゃんとご一緒に 

入り口ではIDチェックがあります。日本の免許証を見せればOK

「こんな時代なので・・・身元がはっきりしているかどうか というチェックの意味で・・・です、すみません。」

と流暢な日本語で説明されました 笑。その後、荷物とボディーチェック 飛行機に搭乗する時と同じ感じです。

Dsc00252

根岸森林公園には戦前 競馬場があったそうでした。 その観覧席が今も残っています。きれいとも なんとも・・・これだけ残っているのもなんだか不気味なような・・・

耐震的には大丈夫なのかしら・・・

Dsc00254

その観覧席を遠くに見ながら。

Dsc00247

ベース内の施設内を全て出入りできるわけではなく、広い中庭?スペースの中央に特設ステージがあり、その周辺を囲むように出ている屋台

屋台はアメリカンフーズはもちろん、金魚すくいやかき氷、ヨーヨー釣りなどの日本的なものから サーティーワン・アイスクリームの屋台もあり。

アメリカらしく ベンチ、テーブルも設置されてます 少なめだけどね。

みんな浴衣着て カワイイね。

Dsc00260_2

Dsc00239

夕方の風に  ♪Hotel California が ピッタリ

地元の和太鼓やお囃子も披露されていました。

最近はCOSTCOで慣れ気味のわたしたちだけど 大きな食べ物は楽しみ。

ターキーレッグ  かなり脂っこかったけど見た目がとっても嬉しいKoki

Dsc00236

みんな買ってる巨大pizza 

Dsc00256

ビールはバドワーザーとコロナ  ↓ ナチョ−ス

Dsc00250

ちなみに1㌦ 100円換算です・・・ちょっと高いんじゃない?

ターキーや、アメリカソーセージもいいんだけれど 長蛇の列は日本人の屋台。

ソーセージを食べ比べてみましたが やっぱり 日本の屋台のほうが美味しい。  

Dsc00258

途中、ご家族で遊びにこられていたヘルパーさんにも出会い・・・

盆踊りタイム前でしたが帰宅しました。

こちら側はアメリカ

Dsc00265

消火栓の形が違っていたり・・・

Dsc00266

車のナンバープレートも

Dsc00264

第2次世界大戦後、根岸森林公園を囲むように接収された場所で、いまだ解かれていないところ… 先週、終戦記念日でしんみりしていたのに こんな所に行くなんて・・・と思ったりしましたが 苦笑  

でも このような芝生のスペースの、見ていて気持ちよくなれるような空間の美しさ。

屋台スペースも広々としていて、車いすでも全然 気兼なく楽しめました。 レディファーストならぬ、ハンディキャップ・ファーストも根付いているのは欧米だと感じる・・・。

悔しいけれど 欧米のこういうところが大好き。大好きというか心地いい。

何人か、車いすのお子さんを連れたご家族を見かけました。

ベースや基地は私の生まれ育った阪神間にはない(と思う)ので初めての体験! おもしろいものでした。

毎年 1日だけの機会なのでお見逃しなく!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.08.20

夏期クラスで縁日/6年生

夏休みの夏期クラスの2日目。1日目は7月でした。
朝、いつもよりゆっくりと8:00にスクールバス。今日はお祭り 縁日企画です。

この夏期クラスは、学部の小さな集団で行います。今日は小学部の高学年だけで行うので 3学年のみ。いつもは満員のスクールバスも学校までたった2人!

お祭り気分、顔にタトゥーまで入れて(笑) 登校の不良くん 
オーストラリアの蛙ちゃん from さるるちゃん in Sydney  Thanks a lot! 

14
学校ではもちろん 近況報告

「(手足の不自由な子)キャンプはどうだった〜??」 の質問に

「醤油を一杯かけ過ぎた!」 との 報告がありました・・・先生談 
(もっと他の感想は!?)

かわいい鯉のぼり! いえいえ これは磁石で釣るお魚釣り!懐かしいね〜

Dsc00233
釣り上げた魚に噛み付いてたそうです 笑 ・・・

続きを読む "夏期クラスで縁日/6年生"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.08.19

ゲゲゲの女房

今、NHKの朝の連続ドラマで「ゲゲゲの女房」→ リンク と言って、漫画家 水木しげる氏の奥さんの半生をドラマ化してます。 おもしろくてね
始めからずっと家族で見ているんだけど それぞれ 胸に染みる箇所は違うのかもしれません。画面に時々 アニメの鬼太郎や目玉おやじ、他 妖怪の絵が出てくるのも楽しいところ

貧乏でも自分の信じた道をひたむきに進む主人公 しげる に胸打たれている夫
ひたすら夫を信じて支える妻に「偉いなぁ〜〜
とてもこんな風にはなれない・・・苦笑)」と思ってる私
しげるさんのちょっと あかんたれの娘さんにエールを送っているAki
もともと 学校で流れた 「ゲ ゲ ゲゲゲのゲ〜♪」という暗いあの音楽が大嫌いなKoki

視聴率もいいみたいで、あちこちで展が開かれています。

この前、太宰府の天満宮に行った時もなぜか表参道に鬼太郎ショップができていて
Akiのおみやげに購入

Dsc00224

実はこの本は 1974年に発行されていた「妖怪なんでも入門」私も母に買ってもらった・・・という思い出もあるもの。ちなみに弟は「ウルトラなんでも入門」だったのデス

私が大学生の頃は確実に家にあったのだけど 阪神大震災以来 行方不明に・・・

「あの本が 今でもあったら Akiにちょうどよかったのに〜」と思っていたところ、偶然に購入できたのでした。中身も同時と全く同じ

こういうのが 当時の私にはけっこう怖かったのです

やだわ。。。 あの木も実は私を見ているのかしら・・・なんて・・・

Dsc00227

これとか 不気味

Dsc00226

そういえば 当時 不気味漫画 多かったよね? どろろん閻魔くん 妖怪人間ベム、私 けっこうああいうの好きだったのよね・・・ベムの絵を描いたりしてた・・・余談

Akiはこの前 私の実家に行った時に、兵庫県立美術館(HAT神戸周辺)で行われてる 水木しげる 妖怪展 に行って来たらしいの。

一反もめんのベンチとかがあったようで 楽しんだらしいです。

鳥取には水木しげる記念館とか妖怪ロードがあるけど 鳥取は関東からは遠いなぁ。いや、兵庫からも遠いような気がする・・・(以前、実家から鳥取砂丘に娘を連れて行こうと思ったのだけど断念)

Koki は こういうのがダメなんです ↓

はたおんりょう 飢餓で亡くなった人を弔わずに放置しておいたら化けてくる

怖過ぎますね  

Dsc00225

この前 さりげなくこのページを開けて 正座して遊んでいるKokiの後ろに置いていたら 気がついて

「あっち行けーーー」 

と 本を投げてました 笑 おもしろいのでついつい 何度もやってしまう ノーティな私

ところで この妖怪百科には掲載されていないけど ドラマには時々、出てきて、家の人にとりついている 妖怪 「いそがし」

Isogasi  

取り憑かれると たまらなく忙しくなるそうです 笑
取り憑かれていませんか?! いやよ!

怖いので 描いて近所の人に差し上げました 笑 
hirotoさんに 笑 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010.08.18

夏休みの宿題/6年生

夏休みも来週末には始業式。
Koki 日記を頑張っています!

私はちょっと最近更新も コメントのお返しも滞り気味 ごめんなさい! 夏バテしてます・・・

で、今日の日記

なんだろ〜〜〜

Dsc00222

その下にさらなる不可解な絵

Dsc00223
答えは 

そおめん

どうしても 「そ」が書けないのです〜〜〜

絵は そおめん が流れている様子

今日ははまっこ(地域の学校)で、先生方が 長い竹を使って 水道に立てかけて
流しそうめんの リハーサルをされていたのでした!
子ども達用ではなかったみたいですが、(打ち上げ用らしい)おそうめんが しゅ〜〜〜っと流れてくるのが楽しくて それを見て 大喜びだったKoki

ちなにみ 右下の丸いのは バケツだそうです。笑
お箸でとり損なったそうめんが 溜まっていたのですが・・・

車いすに座っていた koki がコーフンして 足をばしゃっと入れてしまった・・・(靴ごと)

トイレにも行ってる靴なので・・・
捨てられちゃったでしょうね あの おそうめん・・・ スミマセン・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.08.17

母から

29
iPhoneで撮影したのであまりきれいではないんだけれど 照明をプレゼントしてもらった。

きれいに藤が彫られている。 この光を見ていると安らぐ・・・

後ろの書も 母作。 私のが春の五語詩で、妹のが秋の五語詩 
2人そろうと 対句になるように作ってくれている。

今日はちょっと疲れてます  エアコンでやられてしまってる感じあり。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.08.16

Cafe Mangloveさま

お台場 ビーナスフォート アジアンレストラン カフェ マングローブ
社長さま インタビュー
・・・社長さまは 業界でも有名な方なので ちょっと緊張・・・。
しつつ始まったのだけど、お話が進むにつれ、数々の武勇伝をお聞きすることができ・・・ スケールの大きさに感動でした。 私、お仕事でこんなにいいお話を聞かせてもらっていいんでしょうか・・・  (-人-)合掌

Img_1362_2
こちらでは パッタイ ナシゴレンが究極のメニュー。 今まで食べてきたものとの違いにビックリすると思います♪

iPod を使ったレジシステム FLAVIUS もサクサク稼働
オシャレなお台場にピッタリです。

Img_2313_2
撮影 インタビュー まとめました → 有限会社 コウキへリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.15

終戦記念日

終戦記念日
戦争の直接に語られることはだんだんとなくなってきましたが 子どもに何をどう教えたらいいのか、それはよく考えます。

私もあまり知らないので、とりあえず今はAkiが子どもという無垢で多感な間に「感じて」くれたらいいな・・・と思うようになりました。
それで、昨年、広島に連れて行きました。

Img_4603
以来 「天皇陛下は絶対に好きになれない。戦争を進めたんだから」とかいう風になってきたので これはマズいと思う時もありました。 
これは 「はだしのゲン」のゲンが共産主義に傾倒した時の話に影響されています 笑 

Img_2728

本いろいろ・・・(のらくろは超・昔のものなので どちらかと言うと 人民を鼓舞してる感じがあり)催しいろいろ・・・

Img_0827
これは横浜市のあーすプラザという施設の中の常設展

次は何を見せてやればいいかなぁ・・・年齢や興味とうまくリンクさせて感じさせてあげられたら・・・と想う

新宿の平和祈念展示資料館 → リンク 水木しげる氏の絵で紹介されているのでご存知の方も多いと思います。 水木氏も壮絶な戦争体験をされているしね・・・(明日からの NHK朝の連続ドラマ「ゲゲゲの女房」で見れそうですね・・・) ひめゆりの塔

スピルバーグの 映画「太陽の帝国」 これは日中戦争の時のことだけど
いい映画だったけど全然 賞はとらなかった 

41x8w75rh6l_ss500__2
「戦争のメリークリスマス」はまだ難し過ぎるね
いつかは アウシュビッツ・・・?

↓ これはオーストラリアの Australian  War Memorial 戦争記念館
首都 キャンベラにある
オーストラリアが関わった全ての戦争の資料が展示
亡くなった兵士の全ての名前がプレートで表示されているという話も聞いた・・・(そんなこと可能なのだろうか)

訪問した時は、17時を過ぎていて閉館していたので外観だけ・・・ 

Img_0865_2


Img_0873

中を見ていないのでなんとも言えませんが、すごいなぁと思うのは、首都にこんな大きな戦争の博物館を作って 観光名所にもなっているというところ
オーストラリア人だけじゃなくて 海外からもたくさんの人が訪問しているところ

こんなものを東京に作ったとしたら どういうことになるんだろう
みんな どう言うんだろう  中国とか韓国はまた 何か言うんだろうか
世論はどうなんだろう・・・と思います。

戦争のことについてなんか意見は書けません

でも 自分に辛いことがあった時 よく 考えます
あの頃の普通の人たちの苦労や無念
あの頃の人たちに比べたら 私たちは恵まれてる だから 頑張らなくっちゃと

どうぞ どの国の戦争に関わられた方もやすらかに・・・

合掌 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2010.08.13

8月の書

金魚

先日 有田焼を見て燃えてきた?!
嘘 お皿ではありません
額です 笑 

144819073

今日は少し涼しく・・・
風の入るリビングで静かに没頭していました 
よい週末&お盆休みを

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.08.12

「手足の不自由な子のキャンプ」から帰宅しました

出発の日の日記はこちら → リンク 

8月5日から「手足の不自由な子のキャンプ」に行っていたKoki
5泊6日で 10日に無事 帰ってきました。(私が母との旅行から帰った日と同じ)

毎日6:30起床 朝の集い 朝食  Duty  野外活動は主に野外調理をしたり、ある時はビッグカヌー 静かに過ごす日は写真立てを作ったり
お昼ごはんのあとは シエスタ 午後は水遊びとか 入浴 夕食 ディボーション21:00前には就寝 そんな毎日。

帰宅の日は夫がお迎えに行ってくれたので キャンプリーダーから直接のお話は聞けていませんが、お茶目な悪戯をして仲良くなったそうです。

やはり、突然 部屋の電気を全部 パチパチと全部消して

「キャーーーー!!!」 という ice breaking。おなじみよね。

Koki 自身も たくさんのリーダーの名前を覚えて帰ってきました。

♪ キャンプだ ホイ キャンプだホイ キャンプだ ホイホイホイ♪ 

とも 歌っていました。笑 

「ご飯に醤油を一杯かけすぎた〜」という自己申告も。

みーんなお揃いのキャンプのTシャツを着て帰ってきました♪
逞しい リーダーたち まぶしすぎる若さ。。。

お世話になりました! 楽しかったようで 本当にありがとう。
おかげさまで 私も母と旅行に行けました♪ 

12

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.08.11

九州旅・3/福岡〜帰宅

7:00起床  ちょっとゆっくり寝て岩風呂。

8:00 バイキングの朝食  どれも美味しそうなんだけど軽めにしておく

Img_2642

チェックアウト後、ホテル内のブティックがセールなのでショッピング 
セールに加えて宿泊客はさらに1割引 
お洋服やインテリアをあれこれ・・・ もう 早昼(はやびる)の時間

博多寿司 やま中 

Img_2657_2

建築 内装は 世界的建築家 磯崎新氏というモダンな店舗
のれんが出てないけど・・・やってるの? 
ここは、もう10年も前、母が旅行に来た時、魚市場で尋ねて知ったお店 
尋ねた人がここの大将だったらしいの 笑 

1100558

板前さんは全員が下駄履 カウンターでも威圧感のないお寿司屋さん。
からん ころん と 音が響きます。 お寿司はもちろん美味しくて・・・

お会計を済ませて 扉を出ると 握り場直結の扉が開いて、下駄の音をさせて、お寿司を握ってくれた板前さんがお礼を言いに・・・ 

Img_2655

びっくり&感動でした。 



太宰府 天満宮

昨年のお正月、北野天満宮にも行きました。blog友の小町姉さんもご一緒に

Img_2671

今回の旅、最後の観光地。お寿司屋さんの最寄りの駅からちょうどそのまま電車に乗ると終点が太宰府 30分ほどで行けました。twitterを見ながら移動していると、前日から沖縄あたりで台風の雨風がスゴイらしく、ここ太宰府も山だし雨かな〜?なんて思いつつ来ましたが 晴れ!

自転車の旅人

Img_2675

表参道は 意外に小さかった。
天満宮らしく 書のお店もいくつか・・・

Img_1587

Img_1594

福岡は韓国に近いせいか 本当に韓国の観光客が多い。こんなところにもハングル後で案内がいっぱいでした。

Img_2685

東風吹かば にほひおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな
涙が出そうになります

京からここ福岡に流罪となった道真の死後、京都で政治上の重要人物の突然の死が相次ぎ、あげくのはてに清涼殿に落雷で多数の死者、これを道真の祟りだとし、 雷神をも操る人物と恐れ、天を司る神、道真は天神さま・・・と崇めるようになったのが天神さまの由来だとか・・・ 

勝手に陥れておいて 亡くなった後まで祟りだなんて ムシが良すぎるような気もするけど

書、歌、勉学に秀でてたことから学問と書の神様ともなった

Img_2699

催しがなかったので 静かな感じでした。

そろそろこの旅も終わりです。 その足で福岡空港へ・・・

私は予定より1本早く 17:00の飛行機で羽田へ・・・ 

ありがとう お母さん また 旅行しよう
ずっと 元気でいてね 
というか 私よりよっぽどパワフルな母

晴れて社交ダンスの2級を合格、一方 ハングル語を習っていて、今度 お教室のみんなと韓国旅行に行くらしい  忙しいのだ 

 

Img_1608

千葉のほうから羽田へ着陸
座席が右だったので富士山は見えませんでしたが伊豆大島がくっきりと
そして 千葉からお台場の観覧車、また 東京スカイツリー、東京タワーが見えました。
リムジンバスに乗って横浜駅へ
電車と徒歩で帰宅

事件も忘れ物もハプニングもなくですよ!笑 

Img_1611

私の実家へひとりで飛行機に乗って行ったAki

今日、無事 5泊の障害児キャンプから帰ってきたKoki

わたしも帰宅 

それぞれに夏休みが終わった感じがします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

九州旅・2/唐津〜有田

朝 5:15に目覚め、海を見てました

Img_2455

朝日を浴びに海岸へ

Img_2480

朝風呂の後、バイキング朝食も いい感じ。

7:50 ホテルを出発
8:24 唐津発 → 10:12 有田着

虹ノ松原、唐津城、名護屋城(秀吉が朝鮮出兵の時の根城) 行きたいとこはありましたが 今回は残念!

そして Twitterの matoyuさん・・・現在 NY在住のインターナショナルなライターさんで、ヨガ記事も多々執筆のステキな方なのデス・・・ が 地元の唐津のお寿司屋さん情報をツイートして下さいましたが これも今回は残念〜〜  
ほんと九州はみどころが満載・・・

有田と伊万里は近いと言えば近いんだけど、伊万里はJR筑肥線
有田はJR佐世保線 この2つの駅を結ぶのが このかわいい松浦鉄道

Img_2530_3

有田駅に着くとちょっとお天気が怪しい

Img_2537_2

交通機関が全くないので タクシーに乗る

源右衛門窯 
母 ご推薦  マダム御用達

有田には 人間国宝 三大・衛門 がおられます
そのうちの1人 というか 1つの窯 が この源右衛門
唯一 工房の見学ができます。 

Img_2556  

「ご自由に」 静寂・・・

Img_2547

Img_2548

研ぎすまされた空気
歩き回るのも 写真を撮るのも自由なのですが はばかられます

窯から少し離れた ショップへ  → リンク こういう図柄

ローマ法王2世 の来日の際の晩餐会に送られた食器 
(メニューを見て 法王ってお肉もお食べなのね と 意外でした 笑)

Img_2557

柿右衛門 

こちらもまた人間国宝 柿右衛門のショップです → リンク

衛門 とか 右とか 左 でこんがらがってきましたが・・・

母ご推薦 マダムたち御用達 笑  

高ぁ〜〜〜〜!! なんという値段!!!

Img_2579

1670年代頃、磁器の中に充分な余白を残し、左右比対称の図柄はいわゆる典型的な「柿右衛門様式」となり色絵磁器は、国内はもとより国外でも高く評価さ れ、オランダ東インド会社(VOC)の手によってヨーロッパ等の国々へ大量に運ばれていきました。

華麗な色絵磁器に魅了され、自分たちの宮殿や邸宅を飾るため財を傾けてまでも競って手に入れたといわれています。マイセンにも影響を与えたとか・・・

マリーアントワネットの母、マリア・テレジアの宮殿にも有田の間があったそう。

これは ↓ バッキンガム宮殿にあるものと同じもの

Img_2564

あのQueenのボーカル、今は亡き、フレディー・マーキュリーも 伊万里、有田を足しげく訪れたそうです。ちなみにフレディーの自宅のお庭は 日本庭園。(外国としては珍しく、火葬の後、その日本庭園に埋骨)

こんな田舎にあのフレディーご一行様が来たなんて・・・村人も驚いたでしょうね

Img_2581

母が買い物の間に お茶菓子をいただき  美しい庭を資料館を拝見

タクシーの運転手さんによると この3つの窯で働いている人は よその窯元では働くことができないそう・・・ 

転職しないようにかなりのお給料をもらっているという話もあり、それは 技術の漏洩を防ぐということで 現在も江戸時代も形は変われど、焼き物をとりまく環境や、技術を守りたい心は 今も昔も変わらないということですね・・・

深川製磁 China on the park

有田駅近くに本店がありますが、ここは ファクトリーと、唯一 アウトレット品を扱うお店があり、資料館があります

Img_2587

しかし 高価なものはやっぱり アウトレットでも高価・・・

私も以前はいろいろ持ってました バカラ、 ロイヤル・コペンハーゲン ジノリ
しかし全て 割ってしまいました。だから もう高いのは買わないと決めてます。

目の保養

 

Img_2585

資料館 本当に美しかった

当時の絵の具をするすり鉢などが展示 図案があれば最高に嬉しかったのだけどありませんでした 残念・・・

図案 ネットから拝借 ↓ 

Dsc00211

Img_1503_2

「華の人」という本が今、出ています。

深川製磁2代目の妻 敏子さんの物語、北海道から九州に嫁ぎ 明るく天真爛漫でモダンな彼女は 大きく夫を支えたそうですがたった10年で他界・・・ 彼女をしのぶラベンダー畑もこの敷地内にあります。

1900年のパリ万博に出された器 感激! 

 

Img_2595

 

併設のレストランで軽く食事 その間 大雨。堪能したので予定より少し早く 博多へ。

14:35 有田駅 → 博多〜地下鉄 → 唐人町  17:12着

ホテルにチェックイン 博多は全然、雨は降っていない様子。

Hilton シーホークホテル

目の前に福岡ドームが! 笑 

空き部屋が多いそうで広い角部屋にして下さいました。

Img_2602

荷物を置いて中州方面に観光です。 

たくさんあるように見えますが、屋台はほんと5〜6件しかありませんでした。 

Img_2622

雰囲気は 大阪のえびす橋みたいな感じですね グリコの看板のかわりに 「辛子めんたいこ」などの看板がある。でも雰囲気、あります。

夕食 藤よし 西中洲 待望の福岡でのお食事

前日はお魚三昧だったので モツか焼き鳥と考えていました。ベジタリアンは返上だ!  6:30pm に行けば満員だったので1時間ほど散歩。

福岡風の焼鳥6本 + 水炊き で 2000円

 

Img_1539

焼き鳥は

べんてん (生殖器!!) つくね  皮  ずり  かしわ ペタ 

どれもたまねぎが入っているのがこちらと違います。 モツもお肉も柔らかく臭みが全くなく どのモツも美味。

福岡風水炊き

Img_1542

白いスープは鶏ガラを家庭では出ないような強火でたてるから。

湯のみにスープを入れて柚子こしょうで。 鶏肉や野菜はポン酢でいただく。

2人で1人分の注文でちょうどいい感じ。ここは お姉さん方の気配りもとても細かく、本当にいいお店でした。

中州を歩きながら帰路

「あっ カワイイお店ある!」 と お店に入って行く母

カワイイ=派手  

あの〜 カワイイっていうか キャバクラのお姉ちゃんの服屋さんだと思うんだけど・・・ 全く気にせず入って行く 母 笑

 

Img_1554

「露出、高い服ばっかりやわ」 ということで 買うものはなし

Img_1552

ホテルの中の岩風呂に行って おやすみなさい

よく歩いたーーー

おまけ

観光地では iPhoneアプリ セカイカメラ とってもお役立ちでした。

Img_1529

| | コメント (2) | トラックバック (0)

九州旅・1/伊万里〜唐津

Kokiが肢体不自由児キャンプに行く間、母と旅行することに・・・。
空港行のバスからは東京タワーとスカイツリーが見えていました。驚。

横浜、バイバイ、一路 福岡空港まで 7:30発
母も同じ時刻に福岡に向かっています。

Img_2321
途中、三重のあたりで揺れましたがそれほどでもなく・・・
九州上空から。海と空の色がホントに美しい! そして、大阪の伊丹空港と同じ位の市街に近い空港だった。町の中をぐんぐん高度を下げていく! Excited!

Img_2322
母は8:45着 私は9:20着
その足で地下鉄で移動、博多へ。このあたりはSUICAが使えるのでとても便利でした。大阪のICOCAは使えません。空港から博多までは10分もかからず便利ね・・・。

博多駅隣のビルの交通センターへ。各地へ高速バスが出ています。大分 長崎 広島・・・ 
昭和バス 昭和自動車株式会社 
10:23発 → 佐賀 JR伊万里駅12:11着 

Img_2324
佐賀へ行くなら佐賀空港がいいんじゃないの? って思うんだけど 福岡からのほうが移動はし易いらしいのね。

長崎からのほうが近いと思うんだけど、まだ行ったことのない福岡に行きたかったので・・・

佐賀県伊万里市 大川内山

喋ったり本を読んだりしている間に焼き物の里、伊万里市 (人口56,000人)に到着。駅前からタクシーに乗り約10分で秘境 大川内山。

坂の下のほうに見える2本の柱は関所跡です。

Img_1390

伊万里焼と鍋島焼・・・

江戸時代に民間の窯で焼かれていた「伊万里焼(古伊万里)」とは別に,佐賀鍋島藩が販売を目的とせず、藩直営の御用窯である鍋島藩窯で焼いていたやきものがありました。それは将軍への献上をするのが主な目的でそのほか、幕府の要人や大名などへの贈答品となりました。これらのやきものの名は「鍋島」または「鍋島焼」と呼んでいます。

鍋島焼は,佐賀鍋島藩が莫大なお金をかけ最高の技術で焼いた、気品の高いやきもの。なぜ佐賀鍋島藩がこのような最高級の磁器をつくったのか・・・。

鍋島氏は外様大名であり、そのことから、幕府から謀反の疑いなどで目をつけられると藩を取りつぶされる恐れがありました。そのため藩は幕府への服従の意思を示す必要があったのです。

そこで藩は高級な中国製の磁器を輸入して幕府へ献上していました。しかし困ったことに江戸時代のはじめに中国では明が滅びかわって清となりました。

清は明暦2年(1656)から外国との貿易を禁止、日本への磁器の輸出がストップしてしまったのです。そのため佐賀鍋島藩は幕府への献上用の中国磁器を輸入できなくなりました。困った佐賀鍋島藩は自前で中国磁器に劣らない高級な磁器を作ることにしました。

佐賀鍋島藩は承応年間(1652~54)有田の岩谷川内に御用窯を設け,寛文年間(1661~72)に有田から伊万里の大川内山に御用窯を移し,さらに延宝年間(1673~81)に鍋島藩窯として確立させ,磁器の生産を行います。
そこには番所を設け,一般の人はもちろん, 陶工といえども自由に出入りすることはできませんでした。そのようにした理由は鍋島焼をつくる技法がほかに漏れることを防ぐためでした。藩窯の陶工たちは武士と同じ身分として扱われ手厚く保護されました。

また脇山といわれる藩窯以外の窯場で優秀な陶工がいれば,入れ替えも行われていました。そのようにして常に最高の鍋島焼をつくるための最高の技術をもった陶工が集められました。

Img_2329

これは、佐賀に限った話ではなく、遠く豊臣秀吉が朝鮮出兵の時にさかのぼるとも言われています。伊万里焼=庶民の焼き物  鍋島焼=色を4色しか使わない献上品 なのですって・・・。現存する 唯一の鍋島藩 御用窯直系の 「御庭焼」↓ 庭とはお城の庭内の意味。 

Img_2342

結局、陶工達は1871年の廃藩置県によって職を失ってしまうこととなり・・・。またまた歴史の渦を胸に感じるひとときでありました。

風鈴祭の最中です。

Img_2364

個性的な焼き物も。

Img_2348

Img_1391

後ろの山が こんな感じ 墨絵の世界に見えるのは私だけ?

今度 絵に描いてみたい・・・ 

この山を見て 故郷の中国の山を思い出していた陶工も居たのではないかしら・・・

Img_2388

ちょっと休憩 Cafe 響    瀬兵窯に併設されたカフェ。

母は洋風にコーヒー、 私は煎茶。大きな木の箱が運ばれた時はビックリ。箱の中にこのお茶一式が入って自分でお茶を入れます。左奥の小さな壷には金平糖が入ってる。 

Img_1399

窯を覗きつつ、資料館にも行き、宿方面へ・・・

JR肥後線 伊万里発 16:22 → 唐津着 17:12 

駅北口にホテルのバスがお出迎え そこそこ大きな駅でした。

Img_2515

今日の宿泊は、唐津シーサイドホテル。食べて寝るだけではもったいないようないいホテル。母が地元の友人に尋ねて教えてもらったそうです。

全室オーシャンビューで、敷地内にビーチ プール。プールサイドでのバーベキュー。 子どもたちを連れて来てあげたいなぁ〜・・・!なんて思ったのでした。でも今はまったり旅行

右側に見える島は 高島 宝くじ当選で有名な神社があるらしく参拝者が絶えないそうです。 部屋からの眺め・・・

Img_2435

映画 グラン・ブルーの主人公、ジャック・マイヨール氏は少年時代に上海租界に居住、毎年、佐賀にバカンスに来ていたそうです。往年もよく訪れていたとか・・・ 彼の肺機能は超人的だったそうですが ある一定のところからは ヨガによって超えることができたのだとか。

サインがありました。

Img_2459_2

お楽しみの夕食 

イカが有名どころ。 コリっとした食感!

Img_1416

お刺身 イカのお造り (あとあとには天ぷらに) 佐賀牛のステーキ 豆ごはん、蕎麦・・・ 

Img_1424

驚きの 松茸ーーーー 土瓶蒸し 

どれも本当に美味でした 

海を望む露天風呂に入って おやすみなさい・・・

残念ながら虹ノ松原には行きませんでした・・・

おまけ
メールでやりとりしていて発覚・・・ blog友の小町姉さんがなんとこのホテルに昨年、宿泊されたそう!

また、陶工の末裔の半生を描いた 司馬遼太郎の著書。この本は私が

「母と伊万里に行くんだ」 

と 以前に日記に書いたら blog友の春蘭さんが 「是非 keikei母に」 と 教えてくれた1冊。母も歴史に詳しいのですが ずっと移動時間に読んでいました。

Img_2529

要約、説明してくれたりしました。 春蘭さま ありがとう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.08.07

少しおやすみ

明日から私は母と旅行。
ご存知、息子は障がい児キャンプ
娘は知り合いとディズニーランドと、全員バラバラ

ということで更新は少しおやすみです。

福岡から伊万里、唐津、有田
これを見ただけで超ハードですね(笑)
はげしいことが予想されるのでバックパックひとつ背負って行く母子 ( ̄◇ ̄;)

ではではまた10日ごろに。
Twitterのかたはそちらでon timeに。

( ´ ▽ ` )ノ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.08.05

「手足の不自由な子のキャンプ」出発!

今年はKokiも小学6年生。子ども達が家に居て やだな・・と思いがちな夏休みは 「チャレンジする時間がたくさんある」と思うことにして 色々なことに挑戦してきたつもり・・・

1年生の時はオーストラリア養護学校へ  → リンク 
懐かしいなぁ〜 常連さん みっちゃんのおかげだよ

2年生の時もオーストラリア この時はママが作業所巡り まだ記事は書けていません

3年生の時は 毎日 地域の小学校で過ごしてみた 時々泣いてたっけ・・・

4年生の時は ママが委員をやってた関係で夏まつりのお手伝いがありました 
→ スイカ割があったり・・・ リンク   
シャボン玉の杉山兄弟が来たり・・・リンク 

5年生の時はわたしの実家 改築につき長ーく実家に居た・・・自転車を始めたので 自転車で甲子園球場に行ったり、京都に行ったりした・・・リンク

で、今年、6年生の夏休みは 「手足の不自由な子のキャンプ」5泊6日 山中湖

車いすの子どもたち 48名 リーダー ドクター ヘルパー(全てボランティア)含め120名の団体です
主催は 日本肢体不自由児協会
関西でもこういう催しがあるのかどうかはわかりませんが、首都圏 埼玉あたりの人は参加しています。
2度の全体会を経て→リンク いよいよ今日です。

朝 7:30 集合場所の東京 板橋区の施設へ・・・ 私たちも早く着きましたが もうたくさんの人が来ています。

Img_2246
ワクワク・・・だけど ちょっと 退屈 

Dsc00181_2
お弁当 水筒 大きな荷物に便座 いつかmy 便座ともお別れしたいものです・・・どこでもできなきゃ 不便だし 笑 

オーストラリアの蠅除けの帽子をかぶって だって キャンプですから 
※ 帽子のつば ぐるりに 糸で釣ったコルクがついていて揺れます。たかってくる蠅をそれで 払うという 今や民芸品 笑 

観光バス3台に別れて みんな乗り込みました。
とっても泣いちゃってるお友達も居ます。 同じ学校の高等部の先輩も居ます。
車いすは 別のトラックへ 続々と搬入

Img_2264

8:00過ぎ いよいよ出発 一路 河口湖へ
東京YMCAの施設に宿泊

見つめてる〜〜〜〜

Img_2270
でも 自分ではちゃんと スケジュール全部 把握しているから 理解してる。
とっても長いけど 病気をしないで楽しんで来てね。

行ってらっしゃーい! 

Img_2278
2人で小枝で作っていました。 こうき あき って見える?
仲良しこよし

Img_2262

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.08.04

明日から肢体不自由児のキャンプへ

やっと準備できました 

Tシャツ 7枚 長ズボン3本 半ズボン4本 パンツ10枚 靴下6枚
・・・って多さです 

トレーナー 雨具 ビーチサンダル 水着 お風呂バッグ 懐中電灯・・・延々延々・・・
大切なのは トイレの便座持参 笑 
それと ちゃんと持って来てね 「キャンプを楽しむこころ」 だそうです

で 同じ班にもうひとりKokiくんが居るので・・・
名前をフルネームで書かなきゃいけない!
明日 6時に家を出て集合場所へ行かねばなりません
おっと お弁当作りもあるわ。

おやすみなさい 充電しなきゃ。体を。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.08.03

夏のつどい/6年生

今日はKokiの学校で、PTA主催の夏のつどい
昨年は学校の大規模工事で開催されなかったので2年ぶり。

劇団 かかし座さんが来て下さいました。→リンク
体育館がなんだかエスニックな雰囲気になっています

Img_2124
何が始まるか ワクワク!

Img_2139

3つのお話 ニューギニアやインドネシアのむかし話

Img_2147_4

Img_2154

手て作る影絵の練習 やっぱり狐は基本 

Img_2188

Img_2203
手の影絵と 絵の影絵 人のシルエットで ダイナミックに表現
これは サメと少年の駆け引きを描いたお話

Img_2200
子どもたち 引き込まれていました
もちろん 大人も・・・

その後はお弁当も出て、スイカも・・・!

ちょっとだけ久しぶりに会う学校の友達と 

「元気してる?」「お盆はどこか行くの?」
「お姉ちゃんはどうしてるの?」
「クラブよ」「受験よ!」「嵐のコンサートよ!」

・・・なんて 話題も尽きず。。。

いい時間でした。

2年前にお手伝いに入ったことがあるのですが、準備はけっこう大変なんですよ。PTAの本部の皆さんの力、先生方のご協力。 ほんとに ありがとうございました & お疲れさまでした! 

明日もありますが 我が家は今日だけの参加。

夕方 Aki 大阪より帰宅しました

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.08.02

1泊旅 足利 その2

1泊目の様子はこちら → リンク

おはようございます
朝 6時頃、道の駅の朝市に野菜を搬入する農家の方々が続々と登場

Img_2114
歯磨き、着替え、 一旦車で移動 
駐車場に車を置いて 自転車で朝7時に出発!すでに32度なんですけど

足利駅周辺に行ってみたいカフェがありました。

Dsc00069_2
 

Cafe de Furukawa  足利学校のすぐ近くにあります
 ・撮影禁止
 ・携帯電話禁止
 ・食べモノはなくコーヒーのみ
 ・おしゃべり禁止 

コーヒーと静かな時間を過ごしたい人だけが集まるお店。本はたくさん置いてあります。店内は静か・・・ クラシック音楽が流れ・・・本を読むか、自分の心の中で考えをめぐらせるだけの時間。他人様のHPですが リンクさせて頂きました → リンク

たくさんの蔵書の中に Coco Farm の本がありました。Farm設立の時の苦労話、自閉症のお子さんの話、将来の話、障害者同士の恋愛の話、弱って行く親の話、園生同士の結婚・・・

読んでいて 涙が止まらなくなってしまいました。夫と2人で別の本を読みながら、2人して泣いているんですが、おしゃべり禁止なのでただ泣いているだけの怪しい夫婦の図・・・だったと思う・・・内容はまた いつか 日記に書きます。

朝から人生を考える1杯となり・・・なんだか 朝から泣いて 腑抜けみたいになってしまいつつ・・・

真言宗 金剛山 銀阿寺 ぼんな寺 → リンク

Dsc00079_2

足利学校周辺

Photo

でもね ここって本当になんにもないんです・・・ 自転車仲間のaizさんが教えて下さった湖まで行ってみようか どうしようか とりあえず・・・行ってみよう。

渡良瀬川沿のサイクリングロード

Dsc00092

来てしまった 峠に 涙

というか ここまでも結構しんどかった。とにかく暑かったので・・・

日差しは、先日の灼熱ライドよりましだったものの、盆地の暑さというものがあれなのか・・・

Dsc00093_2

途中で 村のおばさんに 

「この上の坂は急ですか?」と 思わず尋ねてしまいました。 

「そうでもないよ カーブは多いけどね」

んじゃぁ 頑張るよ 涙・・・ ローディーの人もそこそこ居ます。

なんとか 到着・・・

Dsc00097

ある時点から気温が下がってラクになった・・・! というか、山だから涼しかったんだと思うのね、サイコンの温度計が37度から33度に。 それで 最後まで登れたんだと思う。

山を下りて来て、記念撮影 

Dsc00100

駐車場を目指して 走る 走る

とにかく暑くて温度計は42度になってた 温度はそうでもなかったのかもしれないけれど アスファルトの照り返しかな?

アクシデントもなく、駐車場にもどって着替え、車載、帰路につきました。

走行距離 49.1㌔ 走行時間 2時間44分 平均時速 17.8㌔

Zzzzzzzz........ 江戸橋あたりかなりの渋滞だったようですが・・・その足で活動ホームにKoki のお迎え

昨日は レクで「こどもの国」 へ。 

今日は みなとみらいに車でお散歩に行ったそうです。楽しめたようでよかったね♪

夜は 神奈川新聞の横浜花火大会 家の周辺もなかなかの花火スポットのようで、警察が出動したり大騒動になっていました。

下のほうがあんまり見えないんだけど、ベランダで見物。クライマックスは・・・は煙の中で見えず 残念 

10  

まぁ 雰囲気は楽しめてよかった。 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.08.01

1泊旅 足利 その1

車載にて Coco Farm  足利 松田ダムなど・・・

Akiは私の実家へ
Koki は 障害児の地域活動ホームの企画遠足〜1泊のショートステイへ
ということで この週末 子ども達が2人ともお留守となりました。

ということで 車に自転車と寝袋、クーラーボックスを積んでお出かけ

↓ アサヒビール本社と東京スカイツリー 

Sky
Coco Farm に 行きたくて
Coco Farm には1年に1回 収穫祭に訪れますが → リンク その時は人も一杯、そしてこの葡萄畑の葡萄はもう刈られちゃってるので・・・

CocoFarmを知ったのは 横浜に転居してきた頃・・・ Kokiが特別支援小学校に入学する年だった。植樹のお誘いをいただいたので、入学記念に植樹して、あれから6年・・・。
今年の秋、その木から初めて葡萄が収穫され、その葡萄でワインが作られ、送ってきて下さるという年まわり

Img_2067
なんとなく、その樹を見ておきたい・・・そういう気持ちになった。とは言え、これがKokiの樹 という印はないんだけれど・・・どこかにある、Kokiのぶどうの木。

ここは知的障害者が働くワイナリー。憧れている。憧れは、Kokiもこんなところで働けたらいいのに・・・とか(でも園生さんは農夫だから、車いすじゃ働けない)園長先生が私財を投げ打って作った施設・・・ということ

Kokiは高等部 卒業後 働けるのかな?
私たち なんらかの形で職場提供できるかな? 
実は焦ってる 巣立つまで 半分まで来てしまったから 

ぶどう畑に面するテラスカフェ

Img_2070_2
メニューはそんなに多くない
平日ならベーグルがあるんですって。 園生さんが焼いているんです

Img_2068_2

Img_2083
ショップでワインを試飲したり、作業所で作ったんだろうな〜っていう小物や、食品を見たりゆっくりと過ごしました・・・

他には何もないところ
あるのは 作業所と寮だけ
ここに来ると 背筋が伸びます 障害児の親としてがんばらなくっちゃと 何を頑張るか・・・ 
自分の心に問う 問う 問う・・・

Img_2100
かわいい葡萄が実り始めています
虫やカラスをよけるため 1枚 1枚 園生さんがビニールをかけるのです
2万枚だったかな
暑いけど季節は秋に向かっているのですね 

また11月の収穫祭に来ます。

続きを読む "1泊旅 足利 その1"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »