« 手足の不自由な子キャンプ 全体会 | トップページ | 校外学習・情報文化センター/6年生 »

2010.07.05

ボキャブラリー/ことば

小さい頃は知的障害。。。というか 自閉的傾向もあったので コミュニケーションはできないかもしれません と言われていました。あの時の悲しさは忘れない・・・

小学校に入学してからも 「はい」しか意思表示できなかったのです。「いいえ」さえ、概念がわからなかった。

ところが・・・学校生活を経て行くうちに、砂浜に水がしみて行くようにどんどんとことばを獲得していき・・・なんども大きな波がありました。学年を経て行くごとに、そして 4ヶ月の入院生活のあと・・・こんなに嬉しい 「はずれ」はありませんでした。喋れるじゃないか! そして このことから 「可能性を信じる」ということを学びました・・・

日曜日のことですが 車によっこらしょ よっこらしょと乗って、奥までずりずりと進んで行き なんとか自分で乗りました。
シートベルトをして 出発  少しすると

Dsc08641
「どうしたの!?」  の問いかけに

「ちんちんが曲がってる!!」

 そんなのママに言われても・・・と恐る恐る股間を見ると・・・

Dsc08639
曲がってるというか・・・
あまりにも 車に乗るのに頑張りすぎて ズボンとパンツがずれずれになって
おちんちんがパンツからちょっぴり出てしまっていたようで・・・

本人には 何が起きたのかわからなかったようでかなりショッキングな感じだったみたいで 手の出しようがなかったようです

笑い話ですが第2次成長がちょっと憂鬱にもなりました 苦笑

つまらない話だったので 先日 話題に出た ケン・ハラクマ先生の美しいお体とアーサナをご紹介します 

Dsc08643

|

« 手足の不自由な子キャンプ 全体会 | トップページ | 校外学習・情報文化センター/6年生 »

・むすこ.ちょっとしたこと」カテゴリの記事

コメント

会話が成立すると嬉しいよなー。
うちは何聞いても「イエース!( ´∀`)bグッ!」やねんけど(笑)
でも何か失敗したの見たら「あー残念!」とか言うしわかってはいるのかねぇ?と。
そのうち男の子じゃなく青年になったら色々また問題も増えるのさヽ(´Д`;)ノフッ

アジア人の体とは思えんねーこの先生。
素晴らしい。

投稿: ふぢ | 2010.07.06 14:41

私もちょうどそんなことを考えていました。
言葉は出ないけど、昔と比べて喜怒哀楽みたいなのがはっきりしてきたなぁ~って。
まぁ、10年の付き合いやしなって自分の中で打ち消しましたがcoldsweats01
でも嬉しくもあり。

うちがそんな状態になってたら、しばらくして噴水になってますcoldsweats01
第2次性徴・・・あぁ~おそろしいbearing
いろいろ深刻になってるときにクスリと笑わせていただきましたcatface

先生・・・ぜひ正面からもお願いしたいsmile

投稿: マダム・エビス | 2010.07.06 16:11

@ふぢ姉さん
うんうん 残念っていうシュチュエーションは理解してるってことよね・・・
しんちゃんももう青年・・・
いろいろ 聞いてみたい・・・


投稿: keikei | 2010.07.06 17:55

@マダムエビスさま
あ 同じようなこと考えてたんだねー・・・
うん 絶対に進歩してるよねっ
親がわかるから ってことじゃなくて、そんな打ち消さずに!  

噴水・・・コップで受けるしかないっ 笑
いつも明るいけど深刻だったのね・・・

先生の超人間技 あっちこっちからのぞいてみたいよね! 笑 

投稿: keikei | 2010.07.06 18:00

うちも気をつけてはかせるオムツをはかせんと、上からとか横からこんにちわ!って・・・爆

大きくなってもオムツだと、こういうのがね~気をつけてても何度も漏れて大変やったよ。(--;)

投稿: みっちゃん | 2010.07.07 07:15

@みっちゃん
いろいろなところからこんにちわ! 
笑った・・・!
確かに 肢体の子は おしりが小さい。歩かないから筋肉が発達しないのでおしりも足も細い!
そういうのを考慮したおむつがあればいいのになぁ〜
漏れ問題は結構 みんな抱えてるね。

投稿: keikei | 2010.07.07 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540912/48809529

この記事へのトラックバック一覧です: ボキャブラリー/ことば:

« 手足の不自由な子キャンプ 全体会 | トップページ | 校外学習・情報文化センター/6年生 »