« 娘の幕末ブーム | トップページ | なごり雪 »

2010.03.08

またまた装具の修理:装具

先週、修理に出した装具の仮合わせがありました。 難しい話なので備忘録と思って下さい

両短下肢装具 その1

これは以前 手術を行った後に病院で作った装具です。 保険適用で作りました。
両グレンザック (足首にバネが入っていて反動がついて歩きやすい)

ところがベルト固定に 金具が使われていたので それが右足の内側の骨に当たって痛くなってきたらしく… 金具を取って、ベルトを縫い付けてもらいました。 
↓ 金具を抜いた穴 見えますかしら

Dsc00483

ところが どうも 右足、本人も痛い 痛い と言っている…

どうも 右の装具の支柱 ↓ 内側が極端に膨らんでいるよね…  たぶん 術後はこういう足だったんだろう。右足が内側に傾いていたのだろう…と推測…

今 それが痛いというのなら きっと足がもう 傾かず、正しい位置での動きを獲得してきたのではないだろうか… ゆえに 装具の中で足の位置が変わってしまい、当たりが発生して痛がっている。

Dsc00484
健康保険の制度で作った装具というものは、修理が実費になります
。一方、身障手帳の制度で作った装具なら、修理にお金はかからない…

今回、金具を取り除いたのと、靴の中で足が流れないように、土踏まずをつけてみましたが… 効果なく、この装具は使えなくなりました。 が 修理代は発生することに… 無念。
この装具 25万円近くしたので少しでも長く使いたいのですが、あれだけ痛そうだと無理だ…

両短下肢装具 その2
なぜ2足あるかというと 家用と学校用です。
こちらは、術後半年後 に作っています。  参考日記 ⇒ リンク

Dsc00487
こちらも多少、靴の中で足が流れてしまう傾向にあったので 土踏まずを付けることにした。 こちらの当たりは 改善された。 半年の間に足の動きがよくなった…ということかもしれない。
この装具は身障手帳で作成したので、修理は無料…

しかし…

この装具もすでに 指がはみ出しそうな成長ぶり…
またそのうち 新しい装具を作成しなくてはいけないような雰囲気…

ということで… 当分はこの装具1つで 家でも学校でも使うことにしました。

次の装具を作成するのはそう遠くなさそう・・・ということで リストに載せてもらっておいた。

月に1度の装具診察なので 大変な混雑。受診時間が決まっているので学校は早退でお迎えに。1度 見てもらったら 翌週に仮合わせ・・・・納品まで常に早退、お迎え…

年があけてから 杖、装具と診察がずっと続いてちょっと大変だった。

ちょっと難しい話ですみません 備忘録です。



|

« 娘の幕末ブーム | トップページ | なごり雪 »

・むすこ.ちょっとしたこと」カテゴリの記事

コメント

成長と共に新調していかなあかんもんはちょっと大変やな。。。でも性チュするってことはええ事やし、ちょいと割り切ってな。(^^;)

投稿: みっちゃん | 2010.03.09 08:53

術後の状態よりも脚の位置が正しいところにあるって、嬉しいよね。
高いお金を払って作った装具が合わなくなってしまったのは辛いけど。
子供の成長に伴って装具を新調する・・・金銭的、時間的に大変やけど、みっちゃんの言うとおり、割り切ってね。

投稿: 小町 | 2010.03.09 09:15

@みっちゃん 小町姉さん

あ、代金は 助成されるから ありがたいのよ。
うちの支払いは 一部負担 って 感じなのよね。

なかなか 診察から完成までの過程がけっこう大変、その上 役所に行ったり手続きしたり
でも 嬉しいことよね。ほんと。ご心配なく ありがとう!

投稿: keikei | 2010.03.09 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540912/47761575

この記事へのトラックバック一覧です: またまた装具の修理:装具:

« 娘の幕末ブーム | トップページ | なごり雪 »