« 2010 Valentine's day | トップページ | 夜間装具は嫌い »

2010.02.15

koki 電車 Aki ボランティア

今日は日記が3つ あります 笑
(下)に もうひとつ Our Future blog にも 1つ 

むすめ  
YM○A の オープンハウス 活動を知ってもらうためのオープン・デー

開国博が終わってもうお役ごめんの たねまるを横浜市のマスコットキャラクターにしよう!という署名活動を行っているそうで、これから色々なところでまた会えるかも。
娘は インターナショナル屋台でチヂミを焼く担当 他、ケバブ、サンラータン、カレー、などなど。

Img_9307
対人地雷をなくすための活動をしている写真家さんの展示、タイの 人身売買をなくす活動のための自主製品など見たりしました。

むすめたちは午後から駅前で街頭募金 15000円集まったとか!

むすこ
ランドマークタワーの中のホールで 鉄道ジオラマ展
自転車仲間のmiyaさんに教えて頂きました 

Dsc00176_2
H&M のバーゲンもびっくりな程の鉄男くんの人だかりと熱気で はっきり言って

空気が薄くて苦しい 
しかし うちの鉄男も負けず劣らずいつまでも見つめている
あまりにエンドレスなので1時間半ほどで帰りましたが さらに火がついて 実際の電車が見たいと言う

夫が子安の線路に見せに行くはめになりました
京浜急行と JRが行き交う有名な界隈 笑 

・・・話はもどりますが YM○Aでは 対人地雷撲滅の活動をしているカメラマン、粂川真木彦さんの写真展があり、実際にお話を聞きました。⇒感動したのでリンク

地雷というものは決してその一発で人を殺すほどの殺傷力を持っていないそうです。
例えば 足を吹き飛ばす、目をつぶしてしまう やけどを負う…ダメージを与えるだけの威力しか、あえて持たせていないそうです。

殺すよりも 負傷してなお生きているほうが ダメージが大きいから

恐ろしい話です

Img_9390_2
ですが 体の小さい子どもたちが地雷を踏むと 死んでしまうそうです。
だから 地雷を踏んで足が無くなってしまったような子どもというのは 実は 少ない
家族で畑を耕していて 先を歩いていたお父さんが地雷を踏み、子どもが巻き添えになり、義足になる そういうケースが多いそうです。 

社会保障がないに等しい国なのでそういう人たちは 一生物乞いをして生きていくしかない アンコールワットの近くにはそういう人たちが列をなしていたのですが今は 一掃されてしまったということです。

でも 農村が多く、親戚同士が近くに住んでいるケースが多いので、助け合って生きていくという人たちも多くいるそうで そして地雷撤去作業も年々進んでいるそうです。

息子を取り巻く日本の社会を時々憂うのですが、 こういう話を聞くと なんだか、わからなくなってきます。
日本でよかったということではなく、何からどうやってあげればいいのか… 
娘に託しておきましょうか 








|

« 2010 Valentine's day | トップページ | 夜間装具は嫌い »

・むすこ.ちょっとしたこと」カテゴリの記事

・むすめ.ちょっとしたこと」カテゴリの記事

コメント

そうなんよね。ダメージ与えるのが大きいよね。
戦意喪失させたりの効果狙い。
戦場でも殺してしまえば1人減るだけだけど重傷とかにすると支える人間がいるので3人減る、とかAさんに聞きましたわ。
流石、軍隊経験者(;゚Д゚)
でも罪もない子供達が犠牲になるのは許せんよな。

投稿: ふぢ | 2010.02.15 12:54

幸ちゃんの横顔、輝いている。
相方のカメラの腕が、かなり上がったね。

投稿: 小町 | 2010.02.15 18:20

@ふぢ姉さん
さすがご主人…元軍隊…
恐ろしい話だよね… 見せしめというか…
どうやったら戦争がなくなるのか
はだしのゲンを読んで欲しい

@小町姉さん
写真は…たぶん偶然 笑 

投稿: keikei | 2010.02.16 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540912/47570789

この記事へのトラックバック一覧です: koki 電車 Aki ボランティア:

« 2010 Valentine's day | トップページ | 夜間装具は嫌い »