« おめでとうの裏に… | トップページ | ナイト ショッピング »

2009.12.04

サンデー・ドライブ

Dsc09971

米谷 ふみ子 著 ⇒ wiki リンク  で どうぞ 

何年も前に 神戸の教育会館に公演を聞きに行きました。 

そしてこの本を購入。サインも書いて頂きました。米谷さんは日本では画家として活躍され、アメリカに渡り、ご結婚、2人目の息子さんが重度の自閉症を持つ。

この本のすべてが障害に関するお話ではなくて、住んでいるアメリカの文化、ご主人のユダヤ文化、息子さんのお嫁さんのヨーロッパ文化、そして障害者社会の文化、ご自身の大阪文化から起こる日々のできごといろいろが てんぽよく書かれています。

神戸の人には 懐かしい地名がいっぱい出てきますし。

先日、日本人妻たちが なげいていた 「壁の花」 のことも書いてありました。

※ 壁の花… 自分以外の人たちが 英語(母国語だからね…)で話し続け 自分が空気のような存在になること

現在の米谷さんはもう70歳を過ぎていて、自閉症の息子さんも30歳を過ぎ、家でお世話ができないので州立病院で暮らしている。(日本でいう入所だね)

私が公演を聞きに行った時、イラク戦争が始まった頃で、 米谷さんは

アホのブッシ●のせいで、州立病院に回る予算がどんどん削られてる!」

「ペンタゴンに払うお金を交通省にまわせばアメリカは車がいらなくなるほど鉄道が充実する!」

と おっしゃっていました。 
ものすごく元気なおば様で 本当に おもしろかったの
それもそのはず、長年 反核・反戦運動をしてきた方

題名は、毎・日曜日、息子さんに面会に行くために 車を走らせる老夫婦…ということから

その日は 息子さんの好物のおすしを 果物とジュースを持って面会へ…

そして、もう1つ意味があり、息子さんが 2歳の時に唯一 覚えた言葉が 「car ride」 
本当にドライブが好き、今でもドライブが何よりも 好きな息子さん

面会に行くと 何キロも歩いてお散歩し、そしてドライブをする

残念ながら 意思の疎通はできないけれど

そのドライブも 悲しいかな 息子さんの起こした事件で、できなくなってしまったのだけど…

アメリカでは、こういう施設の職員は移民の人たちが多いそうです。
南米からの移民のほうが慈悲もあるし、給料が安くてもよく働くとありました。

アメリカの障害児・者を取り巻いてきた歴史も、また日本やオーストラリアとは違っていて
「教会の権力」 が強くあって 興味深いものでした。

※ 今でも 堕胎禁止 という州がありますよね

雰囲気は 田辺聖子さんのエッセイを もっと 過激に毒舌にしたような表現です

大阪弁にアレルギーのある方には お勧めできないかも 笑 

でも 気分爽快にもなりますよ 









|

« おめでとうの裏に… | トップページ | ナイト ショッピング »

・books,music,movie」カテゴリの記事

コメント

ほぉ~~~興味ありあり!!

投稿: みっちゃん | 2009.12.04 19:48

息子さん、確か、ノア君だったかな?
2冊、彼に関する本を読みました。
その時はわが息子がそうなるとは夢にも思ってない結婚もしてない時です。
今でこそ自閉症の研究も進んでるけど、当時は大変だったと思いますよ。
私の同級生で自閉症だと思われる子がいたんだけど、「まったく喋らない、変わった子」で普通に学校に来てたんだけどね~。
オーストラリアでも、昔は精神病院に入れっぱなしだったみたいよ。最近知り合った人の旦那さんのお兄さんがそうで、会ったことがないといってました。

投稿: さるる | 2009.12.04 22:51

きっと読んでいたら誰かの顔が
浮かんでくるかもね。。。
大阪弁なんでしょ?

誰とは言わないけど、、、み。

投稿: shun-ran | 2009.12.05 17:59

2年前に義弟が5mの高さから落ちて、リハビリに入所していた時、90%の入所患者は70歳以上と思われる人で残りが事故で入所を余儀なくされた人だったのね。中にはこの本の作者の息子さんのような人も居たのかも?義弟と同室だった人は比較的若めだったけど、若年性認知症の人だった・・・。家族で面倒を見切れない場合、やはり病院などに入所する以外選択肢はないのだろうね。

ケアラー達は確かにラティーノかブラックだったよ(地域柄アジア系が少ないので、そのリハーブには居なかったのだと思う)。

オーストラリアでも福祉系は移民が得やすい職業の1つだし、日本で言う3Kの1つで給料もそう良いとは言えないから、他の職業選択の自由があるのなら、わざわざ選ばないよね。
私の仕事も福祉系に関連してるけど、クライアント絡みで電話する相手、移民と思われる人多いよー。めちゃ強いインド訛とか電話聞き取れないし、名前もどう発音していいのか、スペルは何なのか想像も付かない時たくさんあるもん。

投稿: ピノ♪ | 2009.12.06 10:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540912/46934511

この記事へのトラックバック一覧です: サンデー・ドライブ:

« おめでとうの裏に… | トップページ | ナイト ショッピング »