« 12月書画 | トップページ | つむぎ  »

2009.12.16

籾すりの授業:交流授業

本学籍は支援学校ですが 副学籍のある地域の学校へ交流授業に行く日でした。

春に理科の勉強でバケツ稲を植えました。 その お米が収穫できて、今日、籾殻を取る という体験授業に招かれました。

Koki が 参加する日は 参加しやすい授業内容を考えてくださるのです。

↓ みんなに歩いているところを見せるんだと PCWで校内を移動してみました。
校舎の裏の駐車場から 10分以上かけて昇降口へ…
寒い中歩いていたのに 汗 びっしょりでした。 ちょうど支援学校から担任の先生も着て下さり…

Dsc00084

教室は3階… 抱いて上がるのも限界
担任の先生が車椅子を… 

廊下で会う同級生たちが歩いているのに驚いたり喜んでくれたり

収穫できたバケツ稲のお米は たった2.7合だったそうです。

籾摺りタイム  すり鉢にお米を入れて ゴムボールですってみたり ペンのお尻で
コンコンと籾殻を割って お米を出したり ⇒ その状態が玄米
1粒づつ 気の遠くなる作業 

Dsc00092

コンコン! 
担任の先生のおかげで楽しくリラックスして活動できました。

クラスのみんな あまりに大変な作業過ぎて 

「これからはお米を大切にしよう~~~汗」 

さて 給食中に事件です! 

笑い事じゃない

穏やかに楽しく過ごしていたのですが…

楽しみにしていた 給食が配られて

豆の入ったシチュー 黒糖パン  にんじんのグラッセ

・・・と キライなものばかり

家でメニュー確認をして 行ったんですが…

そして みんなの大きな合唱

「いっただきまぁ~~~す!!!」 

 

その後 どやどやどや~~~~~~

この学校は、食べる前に、

・全部 食べられそうもなければ自分のおかずを減らす

・余っているおかず 牛乳 パン は 欲しい人が先にもらう

というシステムなんです。 減らす人 おかわりしたい人が 教室内を 

どどど~~~(´Д`;≡;´Д`)

「最初はグー!!」

「 ジャンケンホイ!!!!」

お隣で女の子が

「私 このにんじんきらいなんだ~~! 」

そこで… もう我慢の限界がきた!!

突然… 涙を溜めて机の上の お盆を 噛んだ

お盆は思ったより固かったので、パック牛乳をわしづかみにして噛んだ…
もう少しで破裂しそうな勢いよ… 涙

楽しみにしてたのに苦手なおかずの給食ばかり 

でも がんばって食べなくちゃ

大きな声、バタバタ 走り回られるのがちょっと怖い

そういえば ぼくもこのにんじんは キライ

もう たまらない!!

・・・そんな思いが交錯して 混乱してしまったのかも・・・
そして Koki は 割とまじめなので がんばろうとしてしまう …と 支援学校の先生と話しました。 学校でこんな姿は見たことがないとのこと・・・

時々あるんです。 
Koki は 一応 広汎性発達障害と言われているので…

結構 激しかったし、1度ではなく何度となく繰り返したので ちょっと周囲の子も引いてました。 

「Koちゃんはさ~ ほら 色々 言いたいんだけど言えないからさ、だから こういうふうにしちゃうんだけど… 気にしないで~」

とは 言いましたが…

でも 私が抱っこでもして 廊下に連れて行こうとしたら支援学校の担任の先生は

「行かなくてもいいですよ」

とのこと。 励まして下さったり、

「がんばらなくても 『食べない』って 言ったらいいんだよ」

と教えてくれました。好きなりんごは食べました。

とっても うまくいっていたのに 最後でちょっと残念でした
し、なんだか 浮き足立って、気がつけば Koki のぶんまで給食を食べてしまって

お腹が … 苦しいヽ(;´Д`ヽ)

しかし 帰るとなると

「ありがと~ またね~ さようなら~~♪」

ですよ

琴線が ちょっと 察しかねますが 一部 察してる
難しい年頃です。

自傷行為 などに繋がらなければいいのですが…

|

« 12月書画 | トップページ | つむぎ  »

・むすこ.ちょっとしたこと」カテゴリの記事

コメント

言いたいけど言えないもどかしさなのねー
幸ちゃんドンマイ!
うちの慎さんは昔自分で毛を毟ってたなぁ。
禿出来てたわ。
あれもストレスやったんやろな。
そんな姿見るとかーさん心が痛い。・゚・(ノД`)・゚・。

投稿: ふぢ | 2009.12.16 22:15

歩いている姿を皆に見せようと張り切っていたのに、給食の時間にそんな事が待っているなんて。
幸ちゃん、辛かったろうね。
苦手なものばかりなんて、カラーの世界が一瞬で白黒の世界になるわ。
言えないことの苦しみがそんな行為に。
小町も辛いよ。

投稿: 小町 | 2009.12.17 08:46

内に入ってしまうのも、外へ向かってしまうのも、どっちも難しいな~(--)

なにかこうちゃんの中でうまく対処していく方法が見つかればいいねんけど・・・

投稿: みっちゃん | 2009.12.17 09:24

@ふぢ姉さん
心強いコメントありがとう。
自閉症の子は 常にそういう状態なのね。やっぱり 自分で自分を噛んだり、髪の毛を引きちぎったりって聞いたことあるわ。
すっかり 自傷はおさまったの? 根本はコミュニケーションの能力ってことなんだろうか。

@小町姉さん
コメントしにくい話にコメントありがとう
けっこう 順風にみえる koki  時々 やっぱり
「そっかーーー・・・」 と 後戻りを感じる日がありますね。
でも それも成長の証だと前向きにとらえたいよ

@みっちゃん
言えてる! うちにこもるのも 不健康
正しく 外に 出してほしいものね。
今後の課題として取り組んでみるつもりよ。
がんばってみる!

投稿: keikei | 2009.12.17 13:07

時差があるので、一応カキコだけでも。

うちの学校でも、自閉傾向で自傷行為のあるお友達がいます。

同じようなパターンの時、ひんぱんに見るよ。
その時の自傷行為は、本人だって辛い。わかっていても、止められない。
自傷は、心を落ち着ける手段の一つみたいだから。
時に、場の空気を察して「ごめんなさい」などと言ったりするので、余計グッとくる。

支援学校の先生がフォローしてくれたような、言葉かけをしているようです。
6年生になって、それをお友達が代弁してくれたり
「リラックス」
と言って、肩をポンポンしてれたり・・・

やっぱり、周囲がどれだけコウちゃんの事を理解してくれるかで変わってくると思う。

ママも気がもめると思うけどね。深呼吸してね。

投稿: みーちゃん | 2009.12.18 13:39

やっぱり そうか・・・

そうなの

「Koちゃん 怒った。」

とか言うから わかってるのよねーーー

お友達の対応はすばらしいね!!
交流程度だと そこまで至らないような気がするわ。

投稿: keikei | 2009.12.21 10:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540912/47038340

この記事へのトラックバック一覧です: 籾すりの授業:交流授業:

« 12月書画 | トップページ | つむぎ  »