« 入院100日目:もうすぐ退院 | トップページ | 入院104日目:開校記念日(休) »

2009.05.25

入院103日目:医療費支払

医療費の請求がやってきた~
2月分 3月分とやってきました。医療費と、福祉施設費があります。全部の金額を見てみましたらば、うわっ! と思っちゃったんだけど、支払は 1割のみとなります。

支払は 横浜銀行、もしくは スルガ銀行のみ可。
1割の分も、市に助成を申請することができます。
横浜市障害児施設利用者負担助成請求 という手続きで、各・区役所ではなく、関内にある 横浜市役所8階にある障害児福祉保健課へ行きます。

横浜市役所は中田市長の居るところですが、本当に古い建物です。骨董風とか 歴史的建造物…という程 古くはない程度。

この 障害児福祉保健課に行ってみたならば、本当に 普通の部屋に机を突き合わせて事務仕事をなさっているパーテーションもなく、談話コーナーもなく

「本当にここでいいのかな」

と いう感じで、恐る恐る声をかけてみた。 
部屋の角っこの丸机で申請の手続き、でも担当の方が本当にご親切 さっぱりわからない 結構難しい書類の書き方を1から、教えて下さいました。下書きまでして下さり…

節税してはるんやな~ というのがヒシヒシ そういうわけで、こうして膨大な入院費(その他 色々)の助成して頂けるんだなぁ~…と ありがたいことです

あともう1つ 頑張ってもらいたいことがあります。

横浜市在宅心身障害者手当が 一律廃止となりました 
対象者は55000人

重度の障害児のお子さんは、本当に少しの時間でも預けるところがないのです。 

koki ならば 活動ホームに預けることができます。お泊りもできて本人も 家庭とは違う施設でリフレッシュ、幸希もその施設が大好きです。

親も介護から解放されてリフレッシュ、自分の通院をしたり、美容院に行ったり、そんな時間を平日に持てました。
重度のお子さんの場合は、ホームに看護師さんが居なければ、医療的ケアの問題で預けることは不可能なのが現状です。

例えば、痰を引いてあげるとか、導尿してあげるとか、径管栄養とか(たぶん あまり知識なくてごめんなさい!)そういう事は 看護師さんと親しかできないんですよね。 眼薬さえダメっていう話も…

これって 老人の介護の場面でもよく言われていることなんですが・・・

これがオーストラリアだと ある一定の資格を取得すれば、施設職員が そのあたりのケアができてしまうのです。    もちろん、ボランティアの人だって、教職員だってケアができるんです。よって 「重度だから」という線引きがない。これぞ バリアフリーだと思う。

で、話は横浜にもどって、施設側が看護師さんを配置したとしても、救急との兼ね合いで万全ではないせいか、やはり受け入れはなされていないのがさらなる現状だとか…。

市は手当を廃止したそのお金で、重度のお子さんがステイできる施設を作っていきますから! とりあえず 横浜市にまず1つ…と いう話があったのですが 進んでいるのかなぁ…先日の委員会でそんな話を聞きました。

横浜市では また みどり税というのができたそうで…

それよりも お財布は違うんだろうけど やっぱり 新たに680億円のODAが納得できないような… 

股(;゚Д゚) カー!?

私の知る限り アジネシア (すいません造語しました)では

「金がある国が 金を出すのが当たり前よ!」


って いう態度に見える・・・一部の人だけかもしれないんですがそれが在る意味、「施しだろ!」みたいな宗教の感覚というか…

( `_ゝ´)ムッ      話があっちこっち 飛びましたが ばくぜんと思っていたこと。

|

« 入院100日目:もうすぐ退院 | トップページ | 入院104日目:開校記念日(休) »

・むすこ.足のオペ〜入院記 2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540912/45212910

この記事へのトラックバック一覧です: 入院103日目:医療費支払:

« 入院100日目:もうすぐ退院 | トップページ | 入院104日目:開校記念日(休) »