« 入院56日目:手当など | トップページ | 入院61日目:TV壊した… »

2009.04.09

入院57日目:装具診

シャーレとお別れし、本格的に訓練する為に「装具」が必要となってきます。
装具 は ↓ こんな靴で、立ったり歩いたりする時に補助してくれる働きをするものです。

現在使っている 「両短下肢装具」 大きいのが今、使っているもので、小さいのが生まれて初めて作ったもの 1歳位だったでしょうか… 12.5センチです。

Dsc07417

現在使っている装具は、手術前の足の状態に合わせて作ってあります。
かかとの浮き具合、足の裏の力の入り方、指の曲がり方 膝の曲がり具合…
オーダーメイド。

手術をしたら、足の状態がまた 全然 変わってきたので 作り直しです。
具体的には かかとは今、浮いてないし、指もそんなに曲がらない。

何よりも筋力が落ちたので 今度は 太ももまである長~~~い

「両長下肢装具」

というものになります。
その装具を作るための診察がありました。

入院の子は毎週木曜日の15時から いつお呼びがかかるかわかりません。病棟で待ち…

17時 ついに順番がまわってきた! 装具室に行くと なんとまあ、たくさんのお子さんが待っていること!

整形外科の先生、理学療法士、装具技師2名、ナースさん立会いのもと、
寝転んで 足型を取ります。昔は石膏みたいなのでとったそうですが、今は包帯に石膏の粉みたいなのがついていて、水に濡らしたその包帯を 足にグル グルと巻いていく…と
1分程で、濡れた包帯の粉が乾き、石膏で固めたようになるのです。
それの一部を切って パカっとはずせば 足型完成!

カッターでその石膏を切る時、足を切られると思ったkoki、オロオロ…

((( ;゚Д゚))) 切らない…

「白い靴 脱ぐ…」

夜はシャーレ代わりのプラスチックの装具を使用することとなりました。寝ている間もどうしても つま先が伸びてしまうので足首を直角に保つためのものをつけるのです。

場合によっては股関節を広げたままにしておく 骨盤用装具も装着。
これは、股間の様子を見つつ決めます

あと、専門的な話ですが この LLB(長下肢装具)は、いずれ SLB(短下肢装具)にできるよう 膝のあたりでジョイントした作りにして下さるそうです。

今回は、身体障害者手帳ではなく保険適用で作成との事…
価格や自己負担が心配です 笑

でも…先日のB病院のK先生が…

「この子、クラッチ(杖)を使って歩く…という事を目標に考えてもいいのでは?」

と 言われたそうなんです!

装具1つにも こんなにたくさんの人がかかわってくれて、文字通り、汗だくになって作ってくれている

装具技師さんの指、石膏?で荒れて ボロボロでした。若い女の方でネイルなど無縁の手でした。

ありがとう!

…ところで…来週、仮合わせ…

早ければ 再来週 出来上がり…

って事は、あと2回、いつ呼ばれるかわからないこの装具診に臨まなきゃいけないのね… 

フードコートみたいにポケベルで呼んでくれたらありがたいのだが…誰かシステム一式 寄付してくれないかしら! 爆

装具診が終わったら すっかり夕食の時間。
今日は夕食に付き合いました。そして散歩へ… 売店の近所に行ったら

本学籍の学校で、同じクラスでいつもペアで活動する Y君が!!!

なんと 2人で手を取り合って喜んでいました。

Y君は 「koki~~~♪嬉しい~~~」 と 

kokiは  「Y(呼び捨て…)おった」 (居た の関西弁)

「重身(重度心身障害)の病棟」に入院中だそうです。

また 退院したら学校で会おうね♪

病棟に帰って 足湯、トイレ、着替え、シャーレ包帯巻きをして別れた。
帰宅したら 21時 疲… 6時間 居た…








|

« 入院56日目:手当など | トップページ | 入院61日目:TV壊した… »

・むすこ.足のオペ〜入院記 2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540912/45187319

この記事へのトラックバック一覧です: 入院57日目:装具診:

« 入院56日目:手当など | トップページ | 入院61日目:TV壊した… »