« 入院34日目・調理実習 | トップページ | 入院36日目:ご縁 »

2009.03.18

入院35日目:NSさんとの話

ちょっと前の話だけど毎日 ネタ満載だったので、ついつい 書かなかった話…
幸希の頭を洗ってくれながらナースさんが

「お母さん、手術が終わってみてどうですか?」

「すごく不安だったんですけど…終わって、確かに術後すぐは、痛そうで見るのも辛かったんですけど…こうしてつつがなく終わって 1週間もたつとこんなに元気で… 」

と 本心だけど、当たりさわりがないつもりに言った。すると、ナースさんが

「…そうねでも その『何ごともなく…』っていうのが、本当にすごい事なのよ…」

幸希の学校は養護学校なので、やはり同じような手術をしてるお子さんが一杯居る。
お母さん方から直接聞いた話のインパクトが強くて、心がかき乱された時もあった。
同じ脳性まひでも 足ではなく、脊髄の近くの神経を手術して改善されたという話も聞いた。


…本当にこの手術でいいのかな…?


神経を切ってしまって、筋力どころの話ではなくなった…
麻酔が合わなくて1週間 昏睡になった・・・

…そんな事があったらどうしよう!?

「めったにないけど ないわけじゃないのよ!一応 気を配っておいたほうがいいよ!」
「脅かすわけじゃないけど、ないとは限らないみたいよ!」

怖くて怖くて… 本当にこの手術でよかったのか? 
疑心暗鬼というか 負の堂々巡りで、この病院でよかったのか? 本当に手術はすべきだったのか??? とか 悶々としてしまってたりもしてました。
いつも 整形の先生、麻酔の先生に

「何か質問はありますか?」

と尋ねられた時

「リスクはどれ位あるんですか?!」        「医療ミスってありませんか!?」

なんて 聞いてみたかった。でも 聞いたところで仕方がないし… ミスを犯した先生だってミスするつもりはなかったはずだろう
とにかく、終わって元気に通学している「今」がある…という事に感謝しよう。

お蔭様で日々、快方に軽快に。
こちらに来てくださる皆さんも、いつも影ながら応援して下さって本当にありがとう。

|

« 入院34日目・調理実習 | トップページ | 入院36日目:ご縁 »

・むすこ.足のオペ〜入院記 2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540912/45176663

この記事へのトラックバック一覧です: 入院35日目:NSさんとの話:

« 入院34日目・調理実習 | トップページ | 入院36日目:ご縁 »